« スペイン クライミングツアー _17 (2/9~11 グラナダ観光~帰国) | トップページ | 5週間ぶりの二子山は寒かった »

甥っ子・姪っ子と奥武蔵・伊豆ヶ岳へ

2013.2.16()

 甥っ子、姪っ子を連れて奥武蔵の伊豆ヶ岳へ行ってきた。

一昨年は、高尾山、奥武蔵の物見山・日和田山、信州・霧ヶ峰と二人を山に連れて行ったものだが、その後すっかりごぶさたしてしまったので、直前になって低山ハイキングに誘ってみた。

 計画したコースは、西武池袋線・正丸駅~伊豆ヶ岳~子ノ権現~吾野駅というもの。伊豆ヶ岳の標高は850m、正丸駅が290mらしいので、標高差は560mだ。

しかし、前日に少し降雪があったようだし、伊豆ヶ岳山頂までは北面を登るので日陰で寒そうだ。さらにこの週末は冷え込みが厳しく、悪いことに風も結構強かった。

 甥っ子は小学5年生、姪っ子は3年生。二人は特に何か登山装備を持っているわけではないので、少なくとも帽子や手袋を含む防寒着を用意させた。

普通の運動靴で歩くので、念のため靴下の替えも用意。あとは、お弁当に飲み物、おやつ。

私は、予備の防寒着やお湯を沸かせるようにガスも持って行く。

■雪が残る伊豆ヶ岳へ

 正丸駅に着いたのは朝830分。よく晴れているけれど、風もあって寒い。歩き始めは二人とも元気だ。

しばらく集落のある車道を歩いていくと、左手に入って行く登山道があるので、そこに入る。正丸峠方面ではなく、直接伊豆ヶ岳に向かう道だ。

植林の中の寒々しい登山道を登って行くと、脇の斜面に少し雪が出てくる。やがて行く手の登山道も雪に覆われているところに出た。私はアプローチシューズを履いていたが、運動靴の二人はさらに歩きそうだ。足が滑ってしまうので、手で木の根をつかみながら少しずつ登って行く。陽射しがなく風もあって寒い。

P2160010

体の大きい甥っ子を先に歩かせる。姪っ子は、初めのうちは雪の上を歩くのを楽しんでいたが、寒さでだんだんと口数が減ってきた。中高年の登山パーティーも何組か登って来ていて、彼らに抜かれていく。二人が持ってきていた手袋が普通の化繊の手袋で、雪の斜面を登るために、雪に手を付いているうちに濡れてきてしまったようだ。

途中で、靴底に付けるスパイク状のバンドを姪っ子の靴につけてやる。ほんの少し歩きやすくなったようだ。急な斜面を抜け、小尾根上を進むもまだ日陰だし風もある。荷物を私のザックに移し替えて、姪っ子の濡れた手袋を私のと交換する。替えの手袋も持ってくれば良かった。私の薄手のダウンジャケットを姪っ子のジャンパーの下に着させておく。

やがて山頂直下の男坂と女坂の分岐に出た。男坂は絶対登ってはいけないわけでは柵が立てられていた。岩の斜面の男坂にも雪が付いており、さすがにここを登らせるわけにはいかないので、女坂を行く。姪っ子が寒さからぐずり出してきたので、薄い雪の残る女坂では私が姪っ子をおんぶして登った。クライミングに行く際にいつも背負っているザックくらいの重さかなあ。20㎏台ということか、軽いなあ。甥っ子はずっと身体が大きいので、頑張って自分で歩かせる。

出発から2時間以上かかってようやく伊豆ヶ岳山頂。11時過ぎ。風が強いので、ほかの登山者たちも休んでいる岩陰にレジャーシートを敷く。ここは陽射しがあるので、これまでの寒さを思うとずっと暖かい。

■名栗に下山

二人とも靴下を濡らしてしまっているので、履き替えさせる。寒がっている姪っ子には私が持ってきたダウンパンツも履かせる。これは暖かいはずだ。ガスでお湯を沸かしてカフェオレを飲ませる。へばってベソをかきだしていた姪っ子も食べているうちに元気を取り戻したようだ。

風の強い山頂で記念写真を撮ってから、子ノ権現を目指す。時間が圧してきているのであまりのんびりもしていられない。甥っ子の手袋も濡れてしまっているので、乾いた私の手袋と交換する。いくつかの小ピークのある尾根を歩いていく。伊豆ヶ岳までの北面に比べたらずっと歩きやすいが、ところどころ雪が残っているので、少し急な下り斜面では姪っ子の手をつないで誘導する。普通の運動靴だとこういう道ではグリップが効きづらくちょっと怖いはずだ。

P2160026

午後2時頃、ようやく車道が通過する天目指峠に着いた。登山地図を見ると、ここから子ノ権現までは50分、さらに吾野駅に下るのに1時間以上かかる。二人の疲れ具合を考えると、ちょっと厳しそうだ。

車道を南の名栗側に下りれば、北の鉄道側に下るよりも短い距離でバス停に出られるはずだ。子ノ権現は諦めて、ここから下山することにした。雪と寒風の伊豆ヶ岳は二人には過酷だったがよく頑張ったし、ここらへんが止めどころだ。

車道を下って行くと、集落に出る。陽射しがあって暖かい。やがてダンプカーの通る道路に出た。ちょうど森河原というバス停があった。10分ちょっとで飯能駅行きが来るようだ。バス停のある空き地にレジャーシートを敷いてバスを待つ。

 暖かいバス車内で二人はすっかり元気を取り戻し、寝ている私のスマホでずっとYouTubeのアニメを見ていたようだ。

私は5日前にスペインのクライミングツアーから帰って以来、時差ぼけから寝不足が続き、この日になっても未だに寝不足状態が続いていた。翌日曜日は二子にクライミングに行くことになっているから、この日くらい休養しても良かったのだが、せっかく晴れる予報なのだからと甥っ子達を誘ったわけだ。

飯能に着いて、定食チェーン店に入って、ラーメンや餃子を注文。ビールとジュースで、大変だった登山を労って乾杯。二人とも本当によく頑張った。今回に懲りずまた山に行こう。もっと暖かくなったらね。

P2160027 

« スペイン クライミングツアー _17 (2/9~11 グラナダ観光~帰国) | トップページ | 5週間ぶりの二子山は寒かった »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/49495936

この記事へのトラックバック一覧です: 甥っ子・姪っ子と奥武蔵・伊豆ヶ岳へ:

« スペイン クライミングツアー _17 (2/9~11 グラナダ観光~帰国) | トップページ | 5週間ぶりの二子山は寒かった »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ