« 春分の日の二子山 | トップページ | クライミングジム通い(3月) »

「振り返るな」5.13a RP 二子山

2013.3.23()24()

 昨年末からトライしていた「振り返るな」5.13aが登れた。1年前に登った「任侠道」5.12d以来の自己最高グレードの更新で、初めての5.13台だ。

 この間、スペインツアーや八ヶ岳の雪山登山をはさんだりしたが、3月に入ってから核心部分のムーブを修正したことで繋がりだして、この日レッドポイントすることができた。

 昨秋、林道閉鎖により時間切れとなってしまった甲府幕岩の「ア・ラ・ポテト」5.13aで惜しい思いをしたので、今年の目標は「2013年に5.13aを登る」としていた。それが早や3月に実現できて良かった。

 一昨年2月の「おいしいよー」5.12c、昨年3月の「任侠道」、そして今回と、ここ3回のグレード更新はいずれも二子山だ。これは、更新するとなると同じ岩場に何回、何十回と通わないとそうそうできることではないので、その点で二子山は5.1213台のルートが並んでいるので皆で一緒に通いやすい。

3/23()

 この日、午前中は晴れて暖かった。昼ごろから薄曇りになったけれど、コンディションとしては暑過ぎずちょうど良かった。午後の遅い時間には再び晴れ間が出てきて、過ごしやすい一日となった。

弓状でH野さん、MぽりんさんとアップをしているとH本さんもやって来た。H本さんにビレイをお願いして「振り返るな」にトライすることにした。

先週末、春分の日とトライしてRPできそうな仕上がりになってきたし、明日の天気はいまいちとの予報だから、今日が狙いどころだ。

○「振り返るな」5.13a(通算35便目) ×

 この日1便目。時刻は10時過ぎ。(リングボルトの1ピン目を含む)6ピン目までのアプローチ部分では、4ピン目付近および56ピン目間のコルネの2箇所だけでレストする。そのほかのところでは、ガバホールドがあってもゆっくりしていると返って手指がヨレてくるからだ。

 右トラバース部分で、先日欠けたフットホールドに右足を乗せ、左手2本指アンダーポケット、右手2回デッド。足位置を替えて、左足を欠損ホールドに乗せてから左手薄ピンチ取り。それから右足をかかりのよいヒールフックに上げるも、足がいまいち上がりきらず、その間に保持した右手指が開いてきてフォールしてしまった。

 フットホールドが欠損したことで10㎝くらい位置が下がり、私は左足をその位置に置いた状態で右足をヒールフックにするものだから、これまでよりも右足を余計に上げなければならなかったのだ。

 それと、右手指が保持しきれずに開いてしまったのだが、次便以降はしっかり保持できたことを考えると、負荷の軽いアップだけでは、まだ手指ができあがっていなかったようだ。この便で前腕が一度張ったことで、ようやく手指のアップができた感じだ。この1テン後、トップアウト。

 ビレイしてくれたH本さんは、先日「ババージュ」5.12dを登って、今度は「サバージュ」5.13aにトライしているので、そのまま二段岩壁に残って私がビレイする。

○「振り返るな」5.13a(通算36便目) ×

 IK田さんやO野さん達のトライを経て一順し、昼ごろに2便目を出す。右トラバースから、右足ヒールフックをきめ、左手で頭上コルネを付け根を取る。付け根右方にある穴ホールドをピンチするように右手で取る。さらに左手をコルネ中間に出すもこれを取り損ねフォール。

 先日春分の日のトライでもこの位置からフォールしたけれど、ロープが伸びきって止まると、ババージュの白いコルネが目の前にあった。8ピン目のクリップを飛ばしているので、ここまで大フォールするのだ。でも2度目となると慣れて怖くない。むしろコルネを取り損ねたことでフォールしながら、くっそお~!と叫んでいた。

 壁から離れてしまい、ビレイヤー側のロープに手が届かない。ポンピングして登り返すと腕が終わってしまうので、そのまま下に下ろしてもらう。

 このあと、IK田さんが見事RPIK田さんはコルネ付け根をクロス気味に右手で取るムーブで、この際に身体が振られてフォールしていたのだが、このトライではそれに耐え登り切った。おめでとうございます。

○「振り返るな」5.13a(通算37便目) RP

 3便目。前便ではフォール後そのまま下りたのでそれほど疲れていない。完全に覚えたムーブで登っていき、右トラバースも無難にこなす。コルネ付け根を取って身体を引き寄せるところもできて、コルネてっぺんをラップしたところで思わず声が出る。落ち着いて9ピン目にクリップ。そして終了点へ。レッドポイントできた。やった~。

 この便ではあまり必死になって登ったという感じがなく、余裕を残して完登できた印象だ。登れる時というのは得てしてこういうものだ。だから、ムーブのことはもう細々とは書かない。

自分自身初めての5.13aとなった。その「振り返るな」は二段岩壁の上部にあって、下からの見栄えという点では申し分なくかっこいいルートだ。そのルートが初5.13aとなったのは良かった。

 この日ビレイしてくれたH本さん、ありがとうございます。これまで何度も二段岩壁に上がってビレイしてくれたI澤さんやT橋さんもありがとうございました。

 さて、一つの仕事をやり遂げた気分に浸っていたのだが、H本さんがワークアウトであっさり登ったモダンラブ512aを私もやってみることにしてみたのだが、ここでテンションしまくり。弓状にある5.12aはほぼ登り尽くしてしまったのだが、こういうのをサクッとリピートできるくらいでないといけないと痛感。

 最後にホテル二子5.11cを登っておしまい。これなら登れる。

明日はI澤さんが来ることになっているので、今夜は小鹿野に残ることにした。須崎旅館でお風呂に入り、スーパーやおよしで買い出し、ようかみ食堂で五目ラーメン700円を食べてから、某所で車中泊する。車内でサントリーのプレミアムモルツを飲む。いちおう完登祝いしないと。

700

3/24()

 起きてみると外は雨が降ったようだ。一時的に止んでいるみたいだが、朝I澤さんと待ち合わせ二子に向かっていくと、ガスに包まれるようになって、弱い雨も降っている。

 この日は冬に戻ったような気温で、午前中は3℃、午後上がっても4℃くらいだったはずだ。陽射しがないので体感気温はすごく寒く感じる。濃霧のため「振り返るな」などルートの上部は登っている姿がぼやけて見えるくらいだ。

 I澤さんは、先日背中を痛めてしまったそうで、今日も本調子ではない様子。先に来ていたJINさんと3人でアップをするも、I澤さんは辛そうだ。結局この日、無理すると背中を悪化させかねないということで、このアップだけで止めておいた。早く治りますように。

 JINさんが「振り返るな」にトライするため私はビレイで二段に上がる合い間に、まだRPできていない「穴のムジナ」5.12cをやることにした。

 昨日、振り返るなが登れたけれど、では次にどれを登るかなんてまったく考えてなかったし、引き続き5.13aに手を出す気分にはまだないので、前に何度かトライしたままになっている穴ムジをやることにしたわけ。

○「穴のムジナ」5.12c(通算57便目) ×

 以前のトライでは、第一核心と言われる遠いフレークを左手ガストンで取りにいくのは何とかできていた。今回もキョンする足位置をあれこれ試してようやく思い出して、どうにかできるようになった。

 しかし、第二核心と言われる、どこに足を置いたら良いものか分からないパートで、小さなホールドを左手ガストンで保持しきれないし、足位置が分からなくて上部のガバに手が出ないしで、今回もここがまるでできず。

 第三核心というのもあるらしいけれど、トップアウトするどころではなかった。何だか「振り返るな」よりも大変なのではないか?うーむ、穴ムジのトライを続けるべきかどうか考えてしまうなあ。

 この日、MYKさんも振り返るなを見事RP。順番待ちになっていたこのルートが空いてきた。

 私は最後にホテル二子を2回登って終了とした。とにかく寒いので、暗くなるまで登り込むという気分ではなかった。I澤さんと別れたあと、秩父にある定食屋「悦楽苑」でみそラーメン600円を食す。相変わらずモヤシが山のように盛られている。満腹だ。

600

 こうして、2日間の二子山クライミングを終了。「振り返るな」5.13aが登れて本当に良かった。

« 春分の日の二子山 | トップページ | クライミングジム通い(3月) »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。すごいですね!
私は23日に河又に行ってみたのですが、花粉症でダウンしてしまいました。
今週末は二子にいきたかったのですが、駄目そうです。
4月は小川山に行くことになりました。ゲートが開いたら甲府幕岩に行きませんか?

やりましたね!ホールドが欠けたり、いろいろあった後、初13おめでとうございます!!

T沢さん
さちさん
ありがとうございます!

振り返るなは下から見ていても見栄えがしてとても良いルートですね。

甲府幕岩といえば、昨秋やりかけのままになったアラポテト。
これは何としても登っておきたいです。

おめでとうございます。淡々とRPしてしまったので、気づかない人もいたんじゃないですか?
それにしてもとんとん拍子でルート攻略していますね。素晴らしい!次もまた楽しみですね。

JILL@さん
ジルさん、ジルさん…、とにかくありがとうございますっ!
コルネのてっぺんを取るところで声を出しましたが、これまでで一番スムーズに登れました。
登れる時って、そういうものなのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/50967318

この記事へのトラックバック一覧です: 「振り返るな」5.13a RP 二子山:

« 春分の日の二子山 | トップページ | クライミングジム通い(3月) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ