« 韓国 禅雲山(ソヌンサン)クライミングツアー | トップページ | クライミングジム通い(5月) »

十石峠 & 中里の岩場

2013.5.25(土)-26(日)
 I澤さんとT橋さん、私の3人で、土曜日は十石峠、日曜日は中里の岩場で登った。

■5/25(土) 十石峠
 私は十石峠には過去3回訪れていて、各回でかえる岩にある「ファイブ・オー」5.12a、「ホロン」5.12a、「かえる」5.12bをRPしてきた。
 今回は、残る5.12ルートの「捨猫」5.12b(ひらめ岩)をトライした。
 アップで「アンバランス」5.10bを登ってから、I澤さんとT橋さんはホロン、私は捨猫にヌンチャク掛けを兼ねて登った。

○「捨猫」5.12b (1~3便目) ×
 ヌンチャク掛けを含め3便出したけれど、結局RPはできなかった。
脆いブッシュの出だしを抜け、ちょっとバランシーなスラブを登ると、垂壁(うすかぶり?)の核心部に入る前にレストできる。
 アンダーガバホールドから一つ上のガバを右手で取り、そこから左、右、左、右とカチホールドをつなげていくのが核心。
 かぶったルートをガバホールドを伝って登ってばかりいると、垂壁でもカチホールドだと保持力が無くて持っていられなくなる。最初の左カチを何とか耐えて、つぎのカンテの右、そのつぎの左は身体をしっかり上げられていれば、スタティックにピンチ気味に持てる。さらに右上の小突起状カチを取れれば、あとはバンドのガバへ手を出す。
 2便目、3便目も吠えながら奮闘したものの、カチに耐えられずフォール。十石峠4回目にして5.12完登の成果を逃した。

 悔しいので、ワークアウトに「レインボーダンス」5.10dをフラッシュして、この日のクライミングを終える。
 上野村にある温泉施設に寄ってから小鹿野町に戻り、スーパーで買い出しを済ませ、食堂で夕食にありつけたのは21時過ぎ。下吉田キャンプ場に着くと、ライダー集団が外で賑やかにバーベキューをしていて、なかなか寝付けず。

■5/26(日) 中里の岩場
 日曜日は中里の岩場へ。理事長岩にある「妻は新古品」5.9と「With」5.10aでアップを済ませてから、天狗岩南壁に移動すると、エ○ジーの面々が登っていた。
 私は昨夏、一度だけ天狗山南壁で登ったことがある。その時は「デジタルステップ」5.12aにトライするも、革新に入るハング下の5ピン目までノーテンで行けたものの、そこから左上する術が全く分からず敗退した経緯がある。そのため、このルートについてはまずはトップアウトすることが目標だ。なお、デジタルを敗退後、「うっちゃり」5.11aをオンサイトして、少し溜飲を下げた。

○「A.L.S.(All of the Lime Stone)」5.11c OS
 そのデジタルステップにトライする前に、A.L.S.5.11cをトライすることにした。T橋さんとI澤さんもトライするというので、ヌンチャク掛けを兼ねて私がオンサイトトライすることにした。正面から見ると立った壁の中に1ピン目があるので、ついプリクリしたけれど、回り込んだ右側は階段状になっていて、プリクリしなくても大丈夫だろう。
 凹角状を登り、左上の岩棚に上がると、二子にあるようなコルネが2列並んでいる。このパートはコルネ内のガバを伝いつつ、フラッギングなどしつつジムの課題をぐいぐい登るような感覚で登っていけて楽しい。コルネの上はハンドからフィストくらいのクラックが目の前に現れる。そこを越えると終了点直下の一応の核心と言えるパート。
 左上の岩棚に上がるのだが、手前のピンがすでに足下にありフォールを考えると、下の岩に激突しそうでとても怖い。怖いのだが、何とかムーブを考えて、岩棚にお尻からずり上がるようにして、終了点左の頭上クラックアンダーに手を伸ばした。最後は冷や汗ものだったけれど無事オンサイト。やった。
 きちんとムーブを組み立てられれば、普通に足を上げながら登って行けるはずで、そういうムーブでI澤さんもT橋さんもそれぞれ2便目のトライでRPしていた。

○「デジタルステップ」5.12a (通算2~3便目) ×
 A.L.S.が片付いたので、エ○ジーのS藤さんやJINさんがトライしているデジタルに私も混ぜてもらうことにした。
 昨夏ノーテンで登れた5ピン目までは最初のトライではテンションしてしまったが、これは大丈夫。
 懸案のハング部分については、5ピン目から薄いホールドを右手でアンダーピンチしたりして、左足で乗り込むと、ハング内にある細いコルネに左手が届く。届くのだが、これを保持しながら6ピン目をクリップするのが至難の業。
 細いコルネからいったん左に移ってから、再びコルネ上端のガバに戻るラインもあるようだが、私のリーチで手を伸ばせば、コルネガバの少し下に直接手が届くことが分かった。コルネから頭上の大穴をいくつかたどって右上のリップガバを取るのも力を要するパートで、そのリップさえ取れれば乗っ越すのは何でもなく、すぐに終了点だ。
 2回トライしたものの、細コルネを取った後がつながらず、保持力をつけないとRPはキビしそう。でも、ここに来る機会があったらまたやってみたい。

○「Horizon」5.11b/c OS
 理事長岩に戻り、ワークアウトで登ることにした。私は理事長岩でまだ登っていない最後の5.11台となるHorizonを片付けることにした。
 チョンボ棒が届く範囲の5ピン目までヌンチャクを掛けておいて、庇状をガバを伝ってぐいぐいと右上するところはジムで登っている感じだ。オンサイト。
 ずっと右上するため、ロワーダウンしながらのヌンチャク回収は大変なので、フォローでもう一度登りながら回収した。ああ、疲れた。

 十石峠でも中里でも5.12の宿題ルートができたので、またいつかトライしたいもの。

« 韓国 禅雲山(ソヌンサン)クライミングツアー | トップページ | クライミングジム通い(5月) »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/51842528

この記事へのトラックバック一覧です: 十石峠 & 中里の岩場:

« 韓国 禅雲山(ソヌンサン)クライミングツアー | トップページ | クライミングジム通い(5月) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ