« 谷川岳・一ノ倉沢烏帽子沢奥壁 「凹状岩壁」 | トップページ | クライミングジム通い(6月) »

「マウンテン・プロショップ岳」5.12b RP 小川山 & 湯川でクラック

2013.6.22(土)~23(日)
 梅雨の最中、I澤さんと小川山へ。
 土曜日は、サイコロ岩で登っていると昼頃から雨が降り出してきたために撤退。午後のひと時を湯川のクラックで遊んでから、再び廻り目平でキャンプ。
 日曜日は、兄岩で登ったのだが、15時過ぎに強い雨が降り出してきて、早めに切り上げた。

■6/22(土)
 早朝、I澤さんを自宅まで迎えに行き、内山峠経由で廻り目平へ。途中、ナナーズ小海店に隣接する「高原のパン屋さん」で昼間食べるパンを買う。

 廻り目平を訪れるのは昨夏以来10か月ぶりだろうか。
 昨年、小川山には数回来たけれど、これと言ったルートに狙いを定めてトライしていない。
 二子山や甲府幕岩のように特定のルートを選んで小川山に通うことをしておらず、今回も廻り目平に到着しても、行くエリアが決まっていないという有り様。

○小川山・サイコロ岩
 I澤さんもこれと言ったルートを決めているわけではないので、相談した結果、I澤さん提案のサイコロ岩に行くことにした。
 私は行ったことがないのだが、廻り目平からもちょこんと乗っかっているように見える岩で、兄岩の奥へと辿れば着けるらしい。

テントとタープを張ってから岩場に向かう。
 西股沢を渡渉しないとならないのだが、昨夜まで降っていたらしい雨のせいか水量が多い様子。靴を脱いで裸足になるのだが、ズボンをたくし上げただけでは濡らしてしまいそうなので、ズボンも脱いで下着姿で渡渉する。雪解け水ほどではないけれど冷たい。
 まずは誰もいない兄岩の「もみじ」5.10aを登ってから、サイコロ岩へ。雲の隙間からところどころ青空が覗けるとはいえ、今日の天気予報は午後から雨。いつ降り出すか分からない。
 サイコロ岩は小さい。岩の外周にいくつか5.11台のルートがあるのだが、ボルト数は数本だけだ。

 その中の「ノー・アクセス」5.11aを登ってみることにした。
 いつ雨が降り出すか分からないので、確実に登れそうなグレードを選んだワケ。1段上がったところの中盤が一応の核心部。何とか粘ってそこを突破し、上部の岩の基部を左にトラバースし、左隣りの「シークレット」5.11cと共用する凹角をよじ登ると終了点がある。オンサイト。ふう。
 過去にノー・アクセスを登っているI澤さんはシークレットにトライするが、出だしがエラく悪くて断念。
 そうするうちにポツポツと雨が降り出してきた。だんだんと雨足が強くなってきたので、荷物をまとめて撤退することにした。「サイコロ・ルーフ」5.11bも登ってみたかったけれど、雨では仕方ない。
 雨具を着込みザックカバーを被せて下山。再び下着姿になって渡渉し、車に戻る。

○湯川
 車に戻ったのは、まだ午後1時を過ぎた頃だったろうか。ビールを飲みながら雨宿りして過ごすには時間が長い。そこで、湯川に行こうと提案した。カムも持ってきているし。
 普段は専らフェイスのボルトルートしか登らないので、クラックは本当に易しいルートをごく稀に登るくらいしかやったことがない。
 そのくせ、カムは1セット以上持っていて、ナッツも持っていたりする。
 加えて最近、中古のカムを大量に譲ってもらったこともあり、サイズによっては3つも同じカムを所有することになった。5番くらいの大きなカムもあるし、ボールナッツやヘキセントリックまで増えてしまった。これでは宝の持ち腐れと言われそう。

 そういうわけで、張ったテントを残したまま湯川に向かって出発。湯川に向かう道路の路面は、濡れているところもあれば乾いているところもある。
 国道から灯明の湯への脇道に入り、林道を進んで湯川の岩場へ。駐車スペースには数台の車が停まっている。とりあえず雨は降っていない。
 クラックの岩場である湯川にはほんの数回訪れたことがある。過去2回のうち、前々回2009年10月に訪れた際は「バンパイア」5.10cをRPし、前回2010年5月には「コークスクリュー」5.9をフラッシュしたりした。

○コークスクリュー5.9NP、サイコキネシス5.10cNP
 さて、短いアプローチを登ると、コークスクリューと「サイコキネシス」5.10cが目の前に現れる。何人かクライマーがいる。
 まずはコークスクリューを登ってみることにする。ひさびさに手にテーピングテープを巻いて、カムをじゃらじゃらとぶら下げて登り出す。岩は乾いていると言えば乾いているけれど、やはり湿った感じ。
 コークスクリューは、ハンドサイズと言うにはクラックの幅が広い。それが右左右と少し斜めに走っている。1~2番よりも3番がいくつもほしい。
 手持ちのカムが足りなくなってきたので、たまらずテンション。ロープを下ろして4番やヘキセントリックを上げてもらう。
 クラックの中にヘキセントリックを押し込んで、必死になってようやくトップアウト。前回RPしたはずなのに、こうも苦労するとは。続いて、I澤さんもトップロープで登る。I澤さんも普段はクラックをやることはないので、大変そうだ。

 そのトップロープを使って、私は隣りのサイコキネシスを登ってみる。このルートは全体の3分の2ほどはオフセットのフィンガークラックだ。出だしはフィンガージャムのコツをつかむため、あれこれ指をねじ込んでみる。
 トップロープという安心感があるおかげだけれど、何とかフィンガージャムを上に上にと決めながらじりじりと登っていく。足はフットジャムする必要はなく、外に出してフェイスのフットホールドを拾えるので、履き慣れたソリューションのおかげで困ることはない。
 慣れないサムカムも極まった感触があると、身体を引き上げられる。上部は、フィストよりも幅が少しありそうなクラックで、これはこれで大変だけど、フェイスのホールドを使ってしまうとずっと易しくなる。
 こうしてサイコキネシスをTRで2回登ったけれど、フィンガージャムをしながらエイリアンをセットしていくのは相当に大変そうだ。またいつか湯川に来る機会があれば、その時はサイコキネシスをリードしてみないと。

 所属山岳会のMY田さんも日帰りで湯川に来ていた。K下さんと一緒だったらしい。
 コークスクリューもTRでもう一度登っておく。雨が降り出してきて夕刻も近づいてきたので、引き上げることにした。川上村に戻り、ヘルシーの湯で汗を流す。
 ふじもとで夕食としたのだが、これまでここに来た時は焼肉定食(1,300円)を注文していたけれど、この日は節約してビビンバ(650円)を注文。先月、韓国に行ったこともあり、ちょっと食べたくなったのだ。焼肉定食と迷っていたI澤さんも同じものを注文。
 値段の割には、ご飯や盛られた具の量はそこそこあるし、スープも付いているので、それほど空腹ではなかった私としては十分満足できた。

Photo
 ナナーズで翌日の食料やビールを買い込んで、21時頃に廻り目平に帰着。とりあえず今は雨があがっている。タープの下にはI澤さんのテーブルと椅子があるけれど、肌寒いのでテントに入ってビールを飲む。

■6/23(日)
 起き出してテントの外を見ると、雲と晴れ間が半々くらいの空模様。昨日よりは天気が良さそう。前日同様、行き先をあれこれ相談して、結局、兄岩に行くことにした。駐車場で会った小山のSS木さんによると、午後から再び雨が降り出すとのことで、テントを撤収してから岩場に向かう。
 前日と同じく下着姿で渡渉して兄岩へ。

○兄岩
 I澤さんが「もみじ」5.10aでアップしたあと、私は「金太郎」5.9を登る。凹角のクラックなのだが、ジャムしながらではなく、フェイスのホールドで登れてしまう。いちおうオンサイト。
 この間に、ガイドが引き連れた一団がやって来て、兄岩上部は混雑。

○マガジン5.10aNP
 私は、若かりし頃にO野さんが開拓したという「マガジン」5.10aをやってみることにした。雨後でルート中盤がビショビショに濡れているのが見て取れる。そもそもトライすること自体無謀なのだが、どうしてもカムを使ってみたかった私は、小さめのサイズのカムに加えナッツも用意して登り始める。
 出だし早々にテンション。カムに体重を預けるのはやはりちょっと怖い。クラックの中はビショビショだ。少し登ると、フェイスまで濡れているので、用意した雑巾で拭くけれど、あまり意味がない。
 およそまともなクラック登りはできず、緑エイリアンやらナッツやらをセットしてそれを掴んで登るというA0しまくり。緑エイリアンがぴったりの幅のクラックなので、代わりにナッツをセットし直して、緑エイリアンを回収して再び使うということを繰り返した。終盤はガバガバのフェイスになるので、ようやく一安心してトップアウト。
 当然、この便だけでトライはおしまい。トライと言えるような登り方ではなかったけれど。I澤さん、ビレイありがとうございました。

 混雑しているので、場所を変えることにした。I澤さんは「森の緑にかこまれて」5.11bを初めてトライするというので、森の緑や「ムーンサルト51号」5.11aをすでに登っている私は、「マウンテン・プロショップ岳」5.12bをトライすることにした。

○「マウンテン・プロショップ岳」5.12b 2RP
 ボルト数3ピンだけの短いこのルート。日本100岩場には(限定)とあるのだが、どこがどう限定なのか具体的には書いていない。フェイスに散らばるホールドにはチョーク跡があるので、使ってよいホールドの目星はつく。おそらく右側のクラックは持たないのかもしれない。
 スタートから数手つないで、2P付近のガバを取るまでが核心のようだ。その上も限定があるのかどうか分からないが易しい。
 右クラック近くのホールドから上部ガバへの一手が遠い。1便目では何となくムーブを繋げつつトップアウト。
 2便目では、チョークの付いた右ホールドの少し上にあるホールドを右手で取って、バランスを取るため、右足はクラック付近のフットホールドに乗せる。そうして伸び上がると、指先のかかりが良いガバに届いてしまった。そのままRP。うーむ、あまりにもあっさり登れてしまったので釈然としない。限定箇所が分からないというのもあるけれど、このルートをまたトライするのも面倒なので、完登できたことにする。

 小川山では3年前に、「働け!ロッククライマー」5.12bを通算4日かけてRPして、自身初の5.12bとしてグレード更新が叶ったその日に、近くにある「シナプス」5.12bがやはり2便ほどであっさり登れてしまったことがある。
 このシナプスもラインが判然としないのだが、これと同様と考えれば、まあ良しとしよう。

○「最高フレーク」5.9NP FL
 プロショップが登れたので、3人組がトライしていた最高フレークを登ることにした。登っていた人が、使用したカムは何番というのが聞こえていたので、その情報をすっかりパクらせてもらった。
 出だしで3番をセットし、その先で2番。0.75番も中間で使って、後半は1番、2番という感じ。いちおうクラックといえばクラックなのだが、登り方はほとんどフェイス登りだ。

 I澤さんは森の緑に苦戦している。2ピン目付近の左トラバースの際のホールドが細かいし、左方のフレークが遠いためだ。既登のこのルートを私も登ってみることにした。トラバース部分ってそんなに悪かったかなぁと思いつつ取り付くと、確かに悪い。私は頭上の薄い水平カチを取って、何とか左フレークに手が伸ばせたけれど、普通なら届かない距離だ。テンションまじりでトップアウト。ふう。

 最後に、森の緑の右隣りにある5.10d(100岩場にルート名記載無し)をオンサイトして、私は終了。
 I澤さんが森の緑に4便目のトライをしていると、だんだんと怪しくなってきていた空から雨が降り出してきた。15時過ぎ。SS木さんの言っていたとおりだ。撤退。
 雨具を着込んで荷物をまとめる。夏らしい夕立のような大雨だ。渡渉して、駐車場に戻る。皆、続々と返る支度をしている。ナナーズでレタスやトマトを買い込み、内山峠経由でI澤さん家へ。I澤さんと別れたあと、再び高速道に乗り帰宅。
 機会を作って、もう少しクラックをやってみるかな。おしまい。

« 谷川岳・一ノ倉沢烏帽子沢奥壁 「凹状岩壁」 | トップページ | クライミングジム通い(6月) »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/52182547

この記事へのトラックバック一覧です: 「マウンテン・プロショップ岳」5.12b RP 小川山 & 湯川でクラック:

« 谷川岳・一ノ倉沢烏帽子沢奥壁 「凹状岩壁」 | トップページ | クライミングジム通い(6月) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ