« 「マウンテン・プロショップ岳」5.12b RP 小川山 & 湯川でクラック | トップページ | 渡渉訓練(丹波川・一之瀬川)、日原川倉沢谷塩地谷 沢登り »

クライミングジム通い(6月)

■ベースキャンプ

2013.6.4()

 皆が来るまで、一人でずっとボルダリングをしていたので、N野さん達が来た頃にはすっかり手がヨレてしまった。その後、Y内さんやYT川さん、N藤さんがやって来て、21時を過ぎてK寅さんもやって来た。

 皆であれこれとルートを登りながら、Y内さんとは山行の計画の相談なんかもできて良かった。

○ゴルジュハンマー

2013.6.7()

 ロックテリクスのゴルジュハンマーというのを買った。ハーケンを打つくらいの普通のハンマーは持っていたけれど、沢登りなどで泥壁に突き刺したりできるよう、もっとしっかりしたものがほしかったのだ。長さは38㎝。

 シモンのフォックスロックは42㎝でちょっと長過ぎる。ミゾーのミニバイルは値段が高い。ということで、この製品に落ち着いた。早く沢で使ってみたいものだ。

Photo

■ベースキャンプ

2013.6.11()

 ここのところ、ジムはベースキャンプに行くことが多い。登れるグレードは上がらないけれど、こうしてルートを登っておけば良いトレーニングになる。

先週からK寅さんも来るようになって、ベースキャンプで登る面々が増えてきたのは良いことだ。

でも、たまには一人でボルダリングジムにも行きたいかな。

B-PUMP荻窪

2013.6.13()

 梅雨らしい天気が続き、昨日も今日も雨。

オギパンに行くのは3ヵ月ぶりだ。久しぶりに行くと、ホールド替えしてあって、新しい課題を楽しめる。白色3級課題をいくつも登った。

最後にキャンパスボードを使って懸垂をやって終了。

■ベースキャンプ

2013.6.15()

 せっかくの週末なのに雨っぽい予報だったので、昼からK寅さんとベースキャンプへ。雨だと思っていたのに、外を見ると晴れているようだ。あらら。夕方までひとしきり登った。

なんだかなあ、と思いを巡らす日々がこのところ続いているけれど、登るときだけはシンプルでいられる。

■ベースキャンプ

2013.6.16()

 前の日よりももっと雨っぽい予報なので、今日もK寅さんとジムで登ることにした。今日はすごく混んでいる。

 混んでいたけれど、二子の面々が大勢来ていたし、YKRさんにも1年ぶりくらいに会った。

5.12aのルートが登れたりして、2日連続にしては登れたほうかも。

■ベースキャンプ

2013.6.19()

 いつもの面々のほか、最近ジムに来始めたK寅さんに加え、I田さんもやって来た。

I田さんは、先日甲府の兜岩で一緒に登ったけれど、ジムのほうがずっと登れていた。岩場に慣れればこれから伸びていきそう。

 日曜日に続き、5.12aのルートがもう一つ登れた。

 最後にクラックもやってみた。1度目はまるで慣れなかったけれど、2度目は少しコツをつかめた感じ。クラックのムーブは奥が深そう。

B-PUMP荻窪

2013.6.25()

 2階のR壁がホールド替えしたばかりらしく、何人かがトライしていたおかげか、ほかの壁は空いていた。

 アキパンに比べたら元々空いているけれど。

 R壁もその隣りのかぶった壁でも、白色3級を中心に登った。あっさり登れたものもあれば、何度もトライしてようやく登れたものもある。

 水色2級にもトライしたけれど、これはキビしい。

 この日、どっかぶり壁を登っていて、背中からマットの上にどすんと落ちた際に、首筋を痛めてしまった。受け身を取ったつもりだけれど、重量のある頭部が後方にがくんと仰け反った際に首を痛めたようだ。

○カイロプラクティック

2013.6.26()

 前日のジムで首筋を痛めたようだ。翌日になっても首の後ろに鈍痛がある。

 やはりジムで首を痛めたことがあり、昨年のクリスマスに職場近くにあるカイロプラクティックに初めて行ったことがある。ズレた首の頸椎を矯正してもらったほか、肩甲骨や骨盤も治してもらった。

 年が明けた今年1月にも再び首を痛めてしまい、スペインツアー出発当日にやはりカイロに行って首を治してもらった。首を痛めたままスペインに行っていたら、クライミングどころではなかったろう。

 ということで、今回で3回目のカイロプラクティック。

先生はちょっととぼけた感じのおじさんなのだが、腕は確かだ。

クリスマスの時も書いたが、最初しばらくは全身をマッサージされる。その後、骨盤を斜め目に捻るようにゴキキと矯正する。さらに可動する台にうつ伏せになって、さらに腰部を矯正。

座った姿勢で、手を頭の後ろで組み、先生に羽交い絞めにされる形で頸椎を前後方向に矯正。最後に頭部を左右に捻って矯正する。腰も首も瞬間的にぐっと捻られた際に、コキコキと音がするのが聞こえるのだ。

今回もそんな感じで、首を治してもらった。施術を終えると、あら不思議それまで首を動かすのもイヤだったのに、普通に横を向いたりできる。先生、ありがとうございます。

首の骨を矯正する技術は、同じカイロでも差があるらしい。先生は、仰向けになった私の頭部をしばらく間上方に引っぱるように持ち続けてから、頭部を左右に捻って首の骨をコキコキと矯正する。

事前に頭部を上に引いておくことで、後頭骨と首の間を広げておいて、それから頸椎を矯正するらしい。

カイロによっては、この事前の引っぱりをやらないところもあるそうで、そうすると矯正の際の痛みが強いうえに、矯正したはずが元に戻ってしまいやすいらしい。

そんなワケで、首を痛めるのがクセになりつつあるのが心配なのだが、もしまた痛めてしまったら、この先生のお世話になろう。

B-PUMP荻窪

2013.6.27()

 前日、カイロプラクティックで首を治してもらったので、中一日で再びオギパンへ。

 一昨日は白色3級ばかりをトライしたので、今日は水色2級にトライ。

 数日前にホールド替えしたばかりの2R壁の左カンテにある水色2級矢印マークが一撃できてしまった。

カイロ効果で強くなったのか?いや、これはちょっとグレーディングが甘いなぁ。

あとは、奥のどっかぶりBigWest壁をメインにトライ。ここの2級も何度かトライして登れた。やった。

さらに、同じ壁の別の2級にもしつこくトライ。ゴールのリップに飛びついて手の先が触れるくらいまで何度か迫ったのだが、これは惜しくも完登ならず。でも、ヨレていない時にトライすれば登れそうだ。

最後に、キャンパスボードを少しやり、隣りの横棒で懸垂を何度もやって腕をヨレヨレにさせてから帰った。

« 「マウンテン・プロショップ岳」5.12b RP 小川山 & 湯川でクラック | トップページ | 渡渉訓練(丹波川・一之瀬川)、日原川倉沢谷塩地谷 沢登り »

クライミングジム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/52206744

この記事へのトラックバック一覧です: クライミングジム通い(6月):

« 「マウンテン・プロショップ岳」5.12b RP 小川山 & 湯川でクラック | トップページ | 渡渉訓練(丹波川・一之瀬川)、日原川倉沢谷塩地谷 沢登り »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ