« 榛名山ライオン岩 | トップページ | 「マウンテン・プロショップ岳」5.12b RP 小川山 & 湯川でクラック »

谷川岳・一ノ倉沢烏帽子沢奥壁 「凹状岩壁」

2013.6.9()

 前日、榛名山ライオン岩でクライミングを楽しんだY内さんと私は、今日は谷川岳の岩壁を登る計画だ。目標のルートは凹状岩壁。

 私は初めて谷川の岩壁を登った6年前の今頃の季節に、南稜、中央稜、それから中央カンテを登ったことがある。あとは、3年前に南稜フランケを2ピッチ目まで登ったところで下降したことがあるだけで、谷川岳の岩壁は数えるほどしか登ったことがない。

 今回のパートナーであるY内さんも昨年、南陵と中央稜を登ったという。

 ということで、変形チムニーも候補だったけれど、まだ登ったことのない凹状岩壁に目標を定めたわけだ。

 今頃は4時くらいから白々と夜が明けてくるので、その頃にはすでにテールリッジを登っているようにするため、まだ夜のうちに起き出して出発することにした。

 ベースプラザで起床したのは午前2時。すぐに支度を整えて、用意していた折り畳み自転車にまたがり、一ノ倉沢出合に向かう。

 谷川岳指導センター前のゲートはマイカー規制のため閉まっていて、日中、乗り合いタクシーが運行されているらしい。こんな夜中ではゲートが閉まっているので、出合までの数㎞を普通は歩かなければならない。

 そこで考えたのが、自転車を使うという作戦だ。私は少し前にアマゾンで折りたたみ自転車を買っていたのだが、今回の山行の数日前にY内さんにこの話を提案したところ、Y内さんも急きょアマゾンで注文。2台の折りたたみ自転車を車に積んできたわけだ。

 真っ暗なのでライトは必須。指導センター前後は道の勾配が急で、変速機付きでも漕ぐのは大変だ。それもやがて緩くなるので、マチガ沢を過ぎ一ノ倉沢出合の駐車場まで歩くよりはずっと到着することができた。

 駐車場にはテントが2張りほどあった。まだ寝ているのだろう。自転車を支柱にワイヤー錠で留めて、3時頃に一ノ倉沢へと歩き出す。

 出合近くまで雪渓が残っており、その上を少し歩いて行く。右岸側に夏道があるので、夏道に移り歩いて行くと、再び雪渓に出る。真っ暗の中、ぼんやりと見える一ノ倉の岩壁に向けて雪渓を歩いて行く。行きの上はでこぼこなので、アイゼンはまったく必要ない。テールリッジの取付に到着。岩の上を歩いて行くと、だんだんと空が白み始めて来た。Y内さんは歩くペースがあがらないようだ。はるか後方に灯りが見える。他のパーティーも出発してこちらに向かって来ているのだ。

 4時半頃に中央稜の取付に到着。ここでアプローチシューズからクライミングシューズに履き替え、ギアもすべて身に付ける。アプローチシューズ袋に包んでここに置いておき、凹状岩壁の取付に移動する。

P6090013

(↑テールリッジを見下ろす) 

 南稜テラスへ向かう烏帽子沢スラブ上部のトラバース道状に凹状岩壁と中央カンテ、変形チムニーなどの各ルートの取付があるのだが、目指す凹状岩壁の取付がどこなのか良く分からない。ルート図と実物を照らし合わせても何だかよく分からない。

 これかな?と思って、Y内さんのリードで取り付いてみたルートは、南稜へと登って来た後続パーティーの人が、これは違うと教えてくれた。正面ルンゼというルートらしい。さらに別のパーティーがやって来て、準備をしているところが中央カンテおよび凹状岩壁の取付らしい。

 Y内さんは、残置カラビナがあったので、それを頼りにロワーダウン。始めからいきなり大間違いをしてしまった。

 中央カンテを登ると言う先行パーティーが行くのを少し待って、我々も登り始める。中央カンテと凹状岩壁は2ピッチ目まで供用なのだ。

 4P目の凹状岩壁部分がこのルートの核心らしいので、そこを私が行くことにして、奇数ピッチをY内さん、偶数ピッチを私がリードすることにした。

各ピッチの長さやグレードは「チャレンジ!アルパインクライミング南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編」(廣川健太郎著/東京新聞出版局)に寄る。

○谷川岳・一ノ倉沢烏帽子沢奥壁「凹状岩壁」

 1P(40 ):リードのY内さんが先行パーティーを追うように登り始める。タイムロスもあり、登り始めたのは6時少し前。

 取付からバンド状を右にトラバースして回り込んでから上に登って行く。ピッチを切るところにはペツルのボルトが打ってあった。ピカピカのペツルは安心感が違う。

P60900211p

(↑1P目をリードするY内さん)

2P(50 ):私がリード。先行パーティーを追うように登って行くと、幅広ルンゼ状の中の右上のほうに登ってしまった。そこにあった支点は錆びたハーケンだ。ここでピッチを切るには支点がアテにならない。

 先行はそこから一旦クライムダウンして、中央カンテルートと分かれる左方の支点でピッチを切り直している。遠目にもペツルのボルトが打ってあるのが分かる。

私も少し下りてからその支点まで登り、ここでピッチを切る。この中央カンテと分かれるポイントまで左に来ないで、直登するラインもあるみたいだけれど、3P目のことを考えれば、いったんここまで来たほうが無難だ。

3P(40 +)Y内さんリード。頭上に4P目の凹状部分が見える。そこに向かって斜面を登って行く。

P60900233p

(↑3P目をリードするY内さん)

4P(25 -):私リード。ここまでもそうだけれど、岩はボロボロで脆く、浮石だらけだ。不用意に石をつかむと剥がれてしまうので、手で叩いてみて慎重にホールドを選ぶ必要がある。ホールドとして持ちたくなるような突き出た石を浮いていることが多いので、大きく安定していそうな岩の中にホールドを探していくように注意する。

 このピッチはこれまでよりも斜度がある。凹角部分の左側あたりにラインを取る。脆いところはあるけれど、慎重にホールドを選んでいけば登れる。

P60900254

(↑4P目フォローのY内さん)

5P(35 )Y内さんリード。右上に見える小カンテを越え、さらに右上に見るスカイライン上のハングの低くなった部分から陽の当たるリッジに抜けていく。

 これまでずっと日陰だったけれど、ここから陽が当って急に暑く感じる。ルート図にはピナクルが描かれてあるが、どれだか分からない。

P60900285p

(↑5P目をリードするY内さん)

6P(40 +):私リード。普通に登って行けるはずだったが、ムーブ的にはこのピッチが最も大変だった。Y内さんが凹状岩壁ルートは崩壊したところがあると言っていたけれど、あとで振り返ってみるとこのピッチがそうだったらしい。

 ビレイ点から見上げた頭上に、白い大フレーク状の岩が見える。ルート図にも垂直のフレークとコメントされているので、ここを登って行くのだろう。少し登ってから、この左向き大フレークに取り付く。しかし、残置ピンがまったくない。たくさん登られている谷川岳のルートなのだから、いきなりピンが無くなって、ムーブもデシマルグレードが付きそうなところを登るのはちょっと違うかなと思ったけれど、フレークさえ越えられれば行けそうに見えた。

 あとで聞いたのだが、私が誤って落としてしまった石がY内さんの手に当たって、少し痛めてしまったようだ。出血したり骨が折れたりするほどの大事に至らず済んで良かったけれど、しばらく左手の親指が痺れていたみたいだ。

 さて、件のフレークに取り付くも、フリーで登るのは怖い。固そうには見えるが、持ったホールドがボロリと取れたら真っ逆さまに落ちるからだ。

 そこで、フレークにカムをきめて、A0で登ることにした。カムにテンションをかけつつ、その上に新たなカムをきえる。そんな人工登攀で数メートルのフレークを登り、左に抜けていく。

 このフレーク部分がやたらと白くて真新しく見えたのは、やはりここが崩壊したところのようだ。なのでⅣ+というグレードは見直しが必要だと思う。カムがいくつかあれば人工でも登れるので、これから登る人は参考に。

 後続パーティーはフレークのところではなく、右に回り込んだところから登って来た。ここだとⅢ級くらいだそうだ。

 結果的にはⅢ級ラインに逃げずに、人工ではあるが、おそらくオリジナルであるラインを登れたのは良かった。

 7P(30 ):私リード。Y内さんが指が痺れて少し力が入らないとのことで、この先も私がリードすることにした。なんでもないピッチ。ブッシュ帯の中の灌木でピッチを切る。後続パーティーに追い付かれて、ほとんど並行する感じで登る。

P60900297p

(↑7P目フォローのY内さん)

 8P(50 +):最終ピッチ。私リード。ブッシュを出て、頭上に見える巨大フレークというかチムニー状のところを登る。ここは岩が比較的しっかりしているので、ぐいぐいと登れた。チムニーと言っても、身体をすっぽり入れて登るわけではない。チムニーを越えた後は、なんでもないところを登り、尾根上に出る。ここで凹状岩壁ルートの登攀終了。1110分頃。5時間以上かかったことになる。登攀タイムとしては遅い。もっとさくさく登らないと。

P6090030

(↑白毛門を望む)

○中央稜を下降

 フォローのY内さんが登って来て、ロープを解く。後続パーティーに写真を撮ってもらい、すぐに下降開始だ。

 ルート終了点から下りていくトレースがある。中央稜方面に続いているはずだ。岩塔を過ぎ、途中に支点がある箇所を通過すると、懸垂下降するポイントに出た。ここで懸垂下降の準備をしていた人に聞くと、ここは北陵への下降点だという。戻って、先ほどの支点箇所から下降することにした。

 懸垂下降のセットは、以前タイのプラナンであったイタリア人に教わった方法にした。要はマッシャーでバックアップするのだが、確保器との位置関係など、言葉は分からなくとも、ジェスチャーで的確に教えてくれて、とても勉強になったことを今でもはっきりと覚えている。

 懸垂下降では全て私が先行した。ルンゼ状の岩場を下りていくと、ブッシュに入って行く。あとで考えると、すでにこの下降ポイントからして間違っていたようだ。中央稜から小尾根を一つ挟んだ隣りを下りてしまったらしい。

 途中の立木でピッチを切って、下に向かって右手にあるはずの中央稜を目指して、斜めに下りていくことにした。2回目の懸垂で、中央稜らしき岩場に取り付くことができた。着くと、ちょうど先ほどの後続パーティーが中央稜沿いに下りてきたところで、全然違うところから下りてきた我々を見て、ちょっと呆れていたかも。

 なにはともあれ、中央稜に戻れた。後続パーティーのアドバイスによると、この下のチムニー状を通過するまでは、ロープが引っかかり易いので、ロープ2本を結んで長く降りるのではなく、ロープ1本で小まめにピッチを切ったほうが良いとのこと。

 すぐ下に見えるチムニー部分まで、さらにチムニー通過と、言われたとおり短く切って懸垂を繰り返す。あとは、1本だったり、2本つなげたりしながら、合計8回の懸垂下降で中央稜取付に帰着することができた。

P6090039

(↑中央稜を懸垂下降するY内さん)

 この懸垂下降で思わず時間がかかってしまった。アプローチシューズをデポした取付に戻ったのは16時を過ぎていたと思う。中央稜を先に下りた人達はさっさとテールリッジを下りて行ったようだ。混雑していた南陵からはまだ降りてくる人たちの姿が見える。

 アプローチシューズに履き替え、テールリッジをどんどん下って行く。雪渓では軽アイゼンを付けたけれど、無くても問題ないだろう。

P6090045

 出合に帰着できたのは17時半頃だったろうか。デポした折りたたみ自転車に乗り、林道を戻る。この林道走行がとても快適だった。緩い下り斜面なので、ほとんど漕ぐ必要もなくどんどん下っていける。神経を使う登攀を終えた身体で、この林道を歩いて戻るのはちょっと大変なので、この自転車作戦は正解だった。P6090050

P6090051

 ベースプラザの立体駐車場に自転車でそのまま入り、車の脇で停まる。自転車で颯爽と帰ってくるのはなかなか良いものだ。こうして無事に谷川岳の登攀を終えることができた。

 帰り道、水上の国道沿いにある亜詩麻(あしま)というレストランに寄った。Y内さんの話では、焼きカレーがおススメとのこと。私はソーセージ焼きカレーの大盛り(1,200)を食べる。具のソーセージはもちろん、半熟卵もトロリと美味しかった。

P6090053

 寝不足で疲れてもいたので、高速では途中Y内さんに運転を替わってもらった。Y内さん家前で解散。時間はかかってしまったけれど、登りたかった凹状岩壁を無事登攀できて良かった。普段はもっぱらフリークライミングばかりだけれど、そのクライミングでつけた力を活かして、たまにこういう本チャンのルートを登るのも悪くない。本当は、岩がこんなにボロくないところを登りたいけれど。Y内さん、ありがとうございました。おしまい。

« 榛名山ライオン岩 | トップページ | 「マウンテン・プロショップ岳」5.12b RP 小川山 & 湯川でクラック »

アルパインクライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/52003958

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳・一ノ倉沢烏帽子沢奥壁 「凹状岩壁」:

« 榛名山ライオン岩 | トップページ | 「マウンテン・プロショップ岳」5.12b RP 小川山 & 湯川でクラック »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ