« 中央アルプス 太田切川 中御所川・西横川遡行~東横川下降、中御所谷遡行(敗退) | トップページ | 南紀 大塔川・黒蔵谷遡行~高山谷下降 »

クライミングジム通い(7月)

B-PUMP荻窪

2013.7.1()

 早いもので2013年も半分が過ぎた。この半年は、スペインや韓国にクライミングに行けたし、二子山で「振り返るな」5.13aが登れたし、それなりに活動できた。

さて、この土日に泳ぐ場面の多い沢登りをしたものだから、週明けはずっしりと身体が重い。

 その重い身体を無理に押してオギパンへ。

 先週木曜日は水色2級課題が2つも登れたのだが、2階のどっかぶりBigWest壁にある2級課題でゴールのリップに触れるまでイケていたのが残っていたので、今日もオギパンへ。

 この課題は2回ほどトライして、やはりリップに手が届かないため深追いするのはやめておく。

 その代わりに、隣りのNewAge壁の右寄りにある水色2級矢印課題が何回かのトライで登れた。張りぼてにある横長ホールドを右手ガストンで取りに行くのが特徴的なムーブの課題だ。

 あとは白色3級をあれこれ触って、最後にキャンパシングと懸垂をやって身体を酷使して終了。

 ここのところジムでボルダリングしているせいか、2級が登れるようになってきた。1級にも手を出してみるかな。

○ザックを購入

2013.7.2()

 いろいろなサイズのザックを持っているけれど、モンベルのバランスライト40というのを買った。

やはりバランスライト30というのを持っていて、日帰りの沢登りや本チャンの岩登りなどで使っている。

泊まりの沢などで使うのに、もう少し容量があって、しかも軽量のザックがほしかったのだ。

 池袋西口のマルイ5階にモンベルショップがオープンしたので、ここで買った。

■ベースキャンプ

2013.7.3()

 2週間ぶりのベーキャン。テープ課題の5.12aが登れそうだったけれど、2便出しても登れなかったので諦めた。

5.11dが一撃できたのは良かったけれど、先の週末の沢での泳ぎと週明け月曜日のジムの疲れが蓄積していたのかも。キレがいまいちだった。

身体を休ませないと、返ってパフォーマンスを低下させてしまいそう。

■エナジー高田馬場

2013.7.18()

 ジムに行くのは2週間ぶり。馬場エナは4ヵ月ぶりだ。先々週に行った黒桂河内の山行では思いのほか疲れてしまい、先週はジムをサボってしまった。

 先の週末の赤石沢も月曜日までの3日間山にいて疲れてしまい、ようやく本日木曜日になって行く気になった。

 しかし、身体のキレは落ちに落ちたという感じ。紺色3級がなんとかできる程度で、それも2時間ほどやっただけで保持もできなくなってきた。そういうわけでジムは早めに切り上げた。

ここのところ暑さで寝苦しくて熟睡できていないようで、そのため山行の疲れがなかなか抜けないのかもしれない。

○献血

2013.7.22()

 都庁に行く用件があったので、ついでに献血ルームへ。

前回献血したのは昨年の11月だからずいぶんと間が開いてしまった。

前回同様、成分献血をした。

前日の湯檜曽川抱返り沢の沢登りで滑落して強打した腰は痛いし、身体は疲れていたけれど、たまにはやっぱり献血をしないとね。

■ベースキャンプ

2013.7.23()

 二十日ぶりのベーキャン。腰はまだ痛むけれどずいぶんと回復してきた。新しいルートができていたので、あれこれとトライしてみる。登れたのもあれば登れないのも。

 K寅さんが5.11aのルートをRP。初イレブンとあって嬉しそう。岩場でもイレブンが登れるように頑張ってね。

 YT川さんも来て、沢登りの話がたくさんできたのが良かった。

○沢登り装備を購入

2013.7.29()

 今年はよく沢登りに言っていることもあり、これまでにもあれこれ装備を追加購入している。沢用のバイルだとか、焚火缶、アクアステルスのシューズ、ウェットスーツのベストなどなど。

 先日はネットでライフジャケットやタープを購入。

 今日は池袋の秀山荘で、頭にかぶる防虫ネットやフック(ブラックダイヤモンドのグラップリングフック)のほか、傷んできたモンベルの沢用の長袖シャツに代わって、ファイントラックの長袖シャツを買った。こちらのほうが生地が少し厚手だ。

■ベースキャンプ

2013.7.30()

 先の週末の沢登りで、足首周りを虫に刺されて腫れてしまったけれど、少し腫れが引いたこともありベーキャンへ。YT川さん、Sさんも来た。

概ねYT川さんと組んでルート壁を登ったけれど、前回のように沢登りの話をしつつも、ほとんど休憩することなく交互に登り続けたので疲れた疲れた。

ここのところ、ずっと沢登りをしていて、岩場でのクライミングから遠ざかってしまっている。プラスチック製のホールドを保持していても、これまでよりもすぐに手がジンジンと痛くなってくるような。沢にはまだ行くから、せめてこうしてジムでクライミングをしておかないとね。

« 中央アルプス 太田切川 中御所川・西横川遡行~東横川下降、中御所谷遡行(敗退) | トップページ | 南紀 大塔川・黒蔵谷遡行~高山谷下降 »

クライミングジム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/52685875

この記事へのトラックバック一覧です: クライミングジム通い(7月):

« 中央アルプス 太田切川 中御所川・西横川遡行~東横川下降、中御所谷遡行(敗退) | トップページ | 南紀 大塔川・黒蔵谷遡行~高山谷下降 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ