« クライミングジム通い(6月) | トップページ | 南アルプス 早川 黒桂河内川二ノ右俣 沢登り »

渡渉訓練(丹波川・一之瀬川)、日原川倉沢谷塩地谷 沢登り

2013.6.29(土)~30(日)
 土曜日、所属山岳会の丹波山村での渡渉訓練に参加してきた。
翌日曜日は、倉沢谷塩地谷で沢登りしてきた。

 土曜日の渡渉訓練には、総勢30数名が参加。
6班に分かれ、午前中は三条新橋下の丹波川でスクラム渡渉やロープを使った渡渉を体験した。
午後は、そのうち3班が、丹波川への出合から大常木谷出合までの一之瀬川本流を遡行した。

 日曜日は、前日の班分けを若干入れ替えて、奥秩父・奥多摩の沢に各班が向かう。私のいる班は、日原川水系の倉沢谷塩地谷を遡行した。

 両日とも泳ぐ場面が多くて、これまで泳ぐ場面多い沢には行ったことがほとんどなかった私にはとても良い経験となった。しかし、冷たかった~。

■6/29(土)午前 渡渉訓練(丹波川)
 午前9時の集合時間に合わせて、丹波川に架かる三条新橋の駐車スペースに車が集まってくる。私は自車で一人現地へ。空模様は薄曇りといった感じ。
 今シーズンの沢登りのために、アクアステルスの沢靴やロックテリクスのゴルジュハンマーというハンマーを買ったほか、今回泳ぐ場面があることから、モンベルのネオプレンサワークライムベストというウェットスーツも買い足した。
 ということで、奥多摩奥秩父のようなコケ生してヌメる沢では、フェルトソールが滑りにくくて良いとは聞くけれど、試し履きとして、キャラバンの大峰アクアを初めて履いてみた。
念のためフェルトの沢靴も持ってきたのだが、うっかり沢靴を忘れたというM藤さんに貸してあげることができた。

 さて、9時に全員で今日一日の訓練内容の打合せを行う。30数人と多いので、計6班に分かれて行動する。
 各班とも、午前中は三条新橋下の丹波川で、スクラム渡渉やロープを使った渡渉の体験を行う。
 午後は、3班ずつに分かれ、私のいる班を含む3班は一之瀬川を遡行するという内容だ。
 日帰りの者もいるが、この日の夜は丹波山村にある木下ファミリーキャンプ場のバンガローに皆で泊まり、夏に向けた沢登りの打合せを行うことにもなっている。

 午前中の渡渉訓練場所の丹波川は、思っていたより水量が少なかったようだ。
 私のいる班は、H光さんとリーダーに、M浦さん、YT川さん、K田さん、M藤さん、私の6人。
 本格的な渡渉を体験するというものではなかったけれど、まずは一人で川を渡ってみて、水流の抵抗をどのように感じるかを体験する。水量が少ないとはいえ、バランスを崩しやすい。
 続いて、2人あるいは3人でスクラムを組んで渡ってみる。一人で渡るよりもずっと安定する。横に一列に並んだり、向かい合って組んだりといくつかバリエーションがある。

20130629_100310

(↑スクラム渡渉。手前が私)※今回、H光さんがたくさん写真を撮ってくれたので拝借。

 最後にロープを使って渡る。簡易三角法および末端交換三角法というロープを使った渡渉の練習をやった。
 簡易三角法では、上流側にロープを固定し(あるいは肩がらみなど)、下流側でロープを持つものが待機。そのロープにカラビナを通して(結ばない)、渡渉者が上流側のロープを引く感じで対岸に渡る。
 対岸に渡ったら、肩がらみ程度で確保して、斜めに渡されたロープを伝って残りの者も渡る。初めの者や中間のものが渡る際、下流側でロープを持つ者は、渡渉者が流された際に下流側にロープを引き、こちら岸に渡渉者を引っ張り寄せる役割がある。
 最後の者が渡る際は、固定したロープを解き、対岸の者が上流側に移動して、斜めに引くように最後の渡渉者を確保する。

20130629_101808

(↑渡渉する私)

 末端交換三角法では、最初の者が渡ったら、上流側の固定した末端と下流側の末端を結ぶ。結んで輪っかになったロープを手繰って、結び目を対岸に移す。輪っかになった2本のロープにカラビナを通して、中間のものが渡る。最後の者が渡る際は、結び目を解き、最初の者が渡るのと同じ要領でロープを上流側と下流側で確保しながら、最後の者を引き寄せるように確保する。

■6/29(土)午後 一之瀬川遡行
 このような訓練を11時半まで行って、駐車場に全員が集合する。午後からは、私のいる班を含む3班は一之瀬川に場所を変えて、一之瀬川の本流を遡行する計画だ。
 私は、この近辺の沢としては、竜喰谷のほか、小常木谷と火打石谷を遡行したことがある。小常木に行った際は、入渓場所の滑瀞谷の水量が多く、ここで流されたら下流のダムに自分たちの死体が浮かぶのではと話しながら水流に身を沈めて通過したものだ。
 さて、午後の私のいる班はM浦さんが抜けて、H光さんとリーダーに、M浦さん、YT川さん、K田さん、M藤さん、私の5人。

 一之瀬川出合の駐車スペースから柵のある車道に入ると、すぐに川床に下りる。遡行図を持っていたわけではないので、細かな滝の位置などは覚えていないが、連続するゴルジュの突破に身体が冷え切ってしまった。
 最初の泳ぐ場面では、リーダーのH光さんが背面平泳ぎ(ラッコ泳ぎ)で深みを通過するのを真似て皆が続く。私もやってみたが、身を沈めた水が冷たい。ヘルメットが背中の荷物に押されて視界を妨げるので、泳ぐ際はヘルメットを外したほうがよいだろう。

 そんな泳ぐ場面を数回繰り返すうちに、寒さで身体が震えてきた。ガタガタと震えが止まらない。これが悪化すると低体温症に至るのかもしれない。身体が震えるのに加え、両足の太腿が筋肉痛のような症状になってきた。通常の歩きすぎて起こる筋肉痛ではなく、極端に冷やされたせいで筋肉が痙攣を起こしているようだ。

20130629_123506

(↑私)

20130629_125256

(↑赤い服が私)

 泳ぐ場面ではH光さんが先頭を行く、流れの強いゴルジュではH光さんも大変なようだ。今回のためにH光さんはタロンというギアを手に持ち、鉤先状のそれを側壁の岩にひっかけながらゴルジュ突破を試みる。
 それを待っている間、身体を水に浸けているとますます身体が冷えてくるので、そばの岩棚に上がって待つことにした。私はフリークライミングをやっているからというワケではないけれど、体脂肪が標準体型よりは少ないので寒さは苦手だ。
 他の人を見ていると、何でもないような様子で水の中にずっといる。大ベテランのYT川さんは、涼しい顔をして最後尾をついてきて、時々K田さんをフォローしている。サーファーでもあるM藤さんは水の中ならお手のものといった様子。

 待っている間に、ほんの少し回復した私も意を決して泳ぐことにした。H光さんが引っ張ってくれるロープがあるので助かる。引っ張られた際に身体が沈んで、沢の水をガボっと飲んでしまったけれど。

 そのあとに現れた滝は直登できないので巻くことにした。出だしの斜面を登るところではいちおうロープを出す。私にとっては、こういうところはお手のものだ。メンバー次第ではノーロープだろうけれど。後続の2パーティーもゴルジュの通過では苦戦しているようだ。先頭を行く我々に追い付いてくることはない。

 しばらく水を避けて歩けるところは無用に水に入ることはせずに、体温の回復に努めた。
 もう泳ぎは無くて済むかなあと思っていたら、まだ2ヵ所ほど水に浸かるところがあった。その頃には震えも治まっていたので、多少水に入るのは抵抗が無くなっていた。
 そんなこんなで全身ずぶ濡れになって遡行していくと、大常木谷出合が現れた。遡行はここまでで、右岸の枝尾根にある踏み跡を登って、一之瀬集落に至る車道に出る。午前中のお気楽な渡渉訓練と打って変わって、けっこう大変な遡行だった。これまで行った沢登りで、ここまで連続して泳いだことはなかったので、冷たい水に身を浸けるのが大変だった。でも、これくらいの水温で身体がどのように変化するのが知ることができたのは貴重な体験だ。

 しばらく車道を歩いて、一之瀬川出合に停めた車に戻る。他の2班が戻ってこないので、先ほどのところに車で引き返す。雨が降ってきた。少し待っていると、2班が枝尾根を登って来た。ゴルジュでは我々のすぐ後ろを来ていた2班は、結局1時間半近く遅れた形となった。
 2班のドライバーを乗せて駐車スペースに戻る。そのあとは、今夜の宿泊場所である木下ファミリーキャンプ場へ。荷物を大部屋のバンガローに運び込んでから、温泉に行くことにした。
 お風呂に入らない人もいるようだけれど、今日一日で身体が冷え切った私としては是が非でもお風呂で身体を温めねば。ということで、お風呂に行く人達を車に乗せて道の駅にある「のめこい湯」へ。ああ、温かい。

 キャンプ場に戻り、簡単に夕食を済ませると、大部屋のバンガローに全員が集まり夜からミーティング。詳しくは書かないけれど、今後の沢登りの計画について皆で話し合った。
 私が参加する予定の計画の話もしたけれど、結果はその沢登りから帰ってきたらここに書こうと思う。
 これまで一緒に行く機会のなかった人とも話せたのは良かった。翌日も沢登りをするというのに、ちょっとビールを飲み過ぎたのは反省。

■6/30(日)  日原川倉沢谷塩地谷
 渡渉訓練の翌日は、メンバーを多少入れ替えて、各班で付近の沢登りに向かう。大常木や火打石、三条沢のほか、私のいる班は、日原川(にっぱらがわ)水系の倉沢谷を遡行し、さらに塩地谷(しおじだに)に入る計画だ。メンバーはM中さんをリーダーに、H光さん、K田さん、S幡さん、私の6人だ。
 各班がキャンプ場から出発していく中、最後の我々も朝7時には出発。途中、S幡さんが他車にヘルメットやギアを忘れてきたとのことから、三条沢に入るパーティーに追い付くため、後山林道のダートを私のエクストレイルで走るという場面もあったけれど、8時半頃に倉沢谷に入る林道入口の駐車スペースに到着。倉沢林道は崩壊箇所があるとかで通行止めになっていた。

 林道を少し歩いてから、斜度が少し緩そうなところから沢床に下りる。K田さん、私、S幡さんが適宜先頭を交替して歩く。私が先頭の時に現れたある滝は手前に釜があり、この釜を渡ってから滝に取り付くようだ。さっそく私が先頭を切って釜に入る。胸まで水に浸かりながら釜の左岸側の側壁のホールドをクロスで持ち替えながらトラバースしていく。足は水中だ。滝の水流のツルっとした壁の中にハーケンが打たれてスリングがぶらさがっている。水中からエイヤと手を伸ばしてそのスリングの下端を掴む。そうして身体を水中から引き揚げ、壁に取り付く。壁の中はホールドが乏しいのだが、滝自体は低いので、少し身体を上げるとリップに手が届くので乗っ越す。皆もロープで確保することなく、登ってきた。万一落ちても、水の中だからケガすることはない。

 水温は昨日よりもほんの少し温かく感じる。もちろん冷たいのだが、昨日のように歯を食いしばって水に入るという感じではないし、身体が震えてくることもない。昨日ほど泳ぎが連続する沢ではないこともあるけれど。
 進んで行くと、堰堤の下に小さなトンネルがあるところをくぐる。近くに鍾乳洞があるらしいのだが、どれなのか分からない。そうすると、塩地谷と長尾谷に分かれる手前の魚止橋が上に架かるところに出るので、ここでいったん林道に上がる。橋の近くには石灰岩の岩場があり、ボルトが打たれている。何気にここには石灰岩のクライミングエリアがあるのだ。クライミング装備があれば登りたかった~。

20130630_090708

20130630_093906

(↑滝に取り付く私)

20130630_094420

(↑再び滝に取り付く私)

20130630_103113

 塩地谷出合に架かる魚止滝を巻くため、林道を少し歩いてから再び沢床に下りる。その先の地蔵滝は右岸側の斜面を登り、いったん登山道跡に出る。登山道跡から少し斜面を下ってから、懸垂下降1ピッチで再び沢床へ。
 その先の6mCS滝も右岸から巻く。踏み跡がほとんどないようなので、悪そうなトラバース箇所でロープを出す。再び懸垂下降して沢床へ。
 13時半頃、右岸から合流する芽尻沢出合に到着。ここで遡行終了とする。登山道跡がこのあたりまではあるようなので、途中で遡行を終えるとするとエスケープはここくらいしかなさそうだからだ。
 塩地谷の完全遡行とはならなかったけれど、見どころのある箇所は遡行できたのでここで終えるのも良いだろう。

20130630_121039

20130630_121818

 右岸側を少し登ると登山道跡に出る。それを辿るとあっという間に先ほどの魚止橋だ。さらに林道を歩いて車を停めたところへ戻る。早めに切り上げたため余力のあった私は、林道を荷物を背負ってゆっくり走って下って行った。皆が追い付いてくるまでに私は着替えを済ませることができたけれど、調子に乗って頑張った走ったせいで翌日は筋肉痛気味。
 2日間、何度も泳ぎを体験できたのは良い経験となった。水温が高い盛夏の沢登りならもっと気持ちよく水に入れるのだろう。

 帰りの新青梅街道は、いつもどおり渋滞気味だったけれど、S幡さんとH光さんを駅まで送って解散。早めに帰宅できたので、沢で使った服を洗濯するも、その後どっと疲れが出て、服をハンガーに干す手間も億劫になるほど。水に浸かっていたせいで、想像以上に身体に疲労が蓄積していたようだ。
 さて、この夏は例年よりは沢登りに行く機会が多そうだ。がんばらないと。

« クライミングジム通い(6月) | トップページ | 南アルプス 早川 黒桂河内川二ノ右俣 沢登り »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/52267453

この記事へのトラックバック一覧です: 渡渉訓練(丹波川・一之瀬川)、日原川倉沢谷塩地谷 沢登り:

« クライミングジム通い(6月) | トップページ | 南アルプス 早川 黒桂河内川二ノ右俣 沢登り »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ