« 北アルプス 錫杖岳前衛壁「注文の多い料理店」2回目 | トップページ | 瑞牆山、雨に降られ撤退…。 »

奥飛騨 高原川 沢上谷(そうれだに)遡行

2013.8.18(日)
 錫杖で「注文の多い料理店」を登った翌日の日曜日は、新穂高から車を西に走らせたところにある高原川沢上谷で沢登りしてきた。沢上と書いて「そうれ」と読むらしい。易しいナメ沢で、枝沢に架かる滝を含め見事な大滝を眺められるということで、沢登り初心者には特におススメなのだそうだ。
■高原川 沢上谷(そうれだに)遡行
 メンバーは、H明さん、M上さん、S口さんと私の4人。前夜、新穂の某所で青空宴会をやった我々は、この日も天気に恵まれ沢上谷の入渓点に車を走らせる。遡行終了点近くまで県道89号線が伸びているので、私の車をそこにデポしてからもう一台の車で入渓点に戻る。
 結論から言うと、沢上谷は遡行自体は本当に易しいし、行程もとても短いので、普段がんがん沢登りしている人にはそういう点で満足できないところなので、新穂とかたまたま近くまで行って時間が余ってしまったとか、初心者をごく易しい沢に連れて行きたいという場合に行けばよいだろう。
 入渓して歩いて行くと、すぐに右岸から枝沢が出合う。奥に五郎七郎滝がある枝沢だ。出合に架かるナメ滝を登ると、ひたひたのナメ床を歩き、大きな滝が現れる。これは五郎七郎滝ではない。

P8180079

 この滝を右側から越えると、再びナメナメを歩き、左右から二条となってサラサラと水が滑るように流れる五郎七郎滝が現れる。豪快に水が落ちるというものではなく、無数の水の粒が連なって上から滑り落ちてくるような感じで、とてもきれいだ。二条の滝の間の中段に立って記念撮影。

P8180084

(↑五郎七郎滝)
 沢上谷本流に戻り歩いて行くと、再び右岸から枝沢が出合う。今後は、奥に岩洞滝25mがある枝沢だ。この滝は切り立った岩壁からまっすぐ落ちる見事な滝で、滝下が岩斜面になっているので、そこを少し登ってみると、全身に滝の飛沫を浴びられる。びしょびしょだ。

P8180089

(↑岩洞滝25m)
 再び沢上谷本流に戻り、ナメを歩いて行くと、ハイライトの蓑谷大滝30mが眼前に現れる。先ほどの五郎七郎滝の斜度をきつくしたような感じで、水がスダレのように豪快に流れ下ってくる光景はなかなかのものだ。この流れ落ちる水の下に入ってびしょびしょになって遊ぶ。雪渓から溶け出した水のようには冷たくない。

P8180099

(↑蓑谷大滝30m)

P8180107

(↑蓑谷大滝と私)
 箕谷大滝は左岸から杣道経由で高巻くらしい。少し戻ってから適当な斜面を登って行くと、ずっと上の方に水平の作業道が行き当たった。そこに岩壁があったので、H明さんの指示で予め用意しておいたハーケンやボルトうちの練習を試みる。岩のリスを見つけてハンマーでハーケンを打ち込んだり、リングボルトを打ち込むための穴をジャンピングで穿ったりと、まあ勝手なことをやってしばらく過ごす。岩が柔らかめなので穴をあけるのは比較的容易だ。
 杣道を途中のルンゼから下ると本流に復帰できる。あとはひたひたのナメ床を歩いて行くと、林道にかかる小さな橋に至る。ここで遡行は終了だ。まだ正午までにも時間がある。あっさり終わってしまったが、沢自体はきれいだった。

P8180127

 デポした私の車で入渓点に戻り、各車一緒に平湯に移動する。昼間っから温泉に入り、食事を取ってから解散。まだ午後早い時間だったので、車で一人帰る私としてはすぐに高速道に乗って帰るのはちょっともったいないと思ったので、した道を走って帰ることにした。
■コンクリートボルト
 安房トンネルから松本方面へ。途中から塩尻、岡谷と走り、諏訪湖の畔を走る。諏訪湖近くでホームセンター・コメリがあったので寄ってみる。なぜコメリに寄ったかというと、H明さんにコンクリートボルトのことを聞いたからだ。クライミングで支点工作する際に、ジャンピングで穴をあけてリングボルトを打ち込むことがあるが(私は練習でしかやったことがないけれど)、リングボルトは一つ400円くらいと安くない。ジャンピングと径の合うコンクリートボルトならずっと安価だから、同様に使えるだろうとのこと。もちろんコンクリートボルトは使途がクライミング目的ではないので、そこのところは承知しておかないといけない。リングがあるわけでもないので、自分で細径スリングをタイオフなどして結ぶ必要もある。ということで、今後使う機会があるかどうかはともかく、一つ38円と安かったのでいくつか買ってみた。
■諏訪大社上社
 再び車を走らせると、諏訪大社があった。7年に一度の御柱祭が有名だ。いつもは高速道路を通り過ぎてしまう諏訪湖だが、諏訪大社を参拝する良い機会なので寄ってみた。長い歴史を感じさせるお社がいくつもある。社殿が改修中で観られなかったけれど、参拝を済ませ、記念にお守りを買う。うっそうとした大木に囲まれた境内は厳かな雰囲気だった。

P8180134

P8180138

P8180140

P8180142_2

■ぼんち食堂
 再び車を走らせ、これまで何度か行った甲府昭和IC近くの「ぼんち食堂」に寄る。大盛りで知られたお店だ。それほど空腹だったわけではないので、ラーメンだけを注文。以前は400円だったと思うが、470円に値上がっていた。出てきたラーメンもそれほど大盛りという感じがしない。もちろん普通のラーメンよりは量が多いのだが、食べ終わっても、以前の記憶ほど満腹感が無い。味付けはかなり濃い目。前からこの程度の量だったかなあ?と首をかしげつつ店を出る。この程度だったら、わざわざ遠くから来て寄るほどではなくなってしまうなあ。新たな大盛りのお店を探そうかな。

P8180144

P8180145470

 勝沼から中央道に入り東京へ帰る。

« 北アルプス 錫杖岳前衛壁「注文の多い料理店」2回目 | トップページ | 瑞牆山、雨に降られ撤退…。 »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/53042579

この記事へのトラックバック一覧です: 奥飛騨 高原川 沢上谷(そうれだに)遡行:

« 北アルプス 錫杖岳前衛壁「注文の多い料理店」2回目 | トップページ | 瑞牆山、雨に降られ撤退…。 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ