« 南紀 大塔川・黒蔵谷遡行~高山谷下降 | トップページ | 観光地巡り 木曽・奈良井宿~開田高原~飛騨高山~平湯 »

奥利根・越後沢右俣大滝~利根川本谷

2013.8.10(金)~13(火)
 利根川本谷に行ってきた。
 日程前半では支流の越後沢にある右俣の大滝も登った。
 雨が少なかったためか雪渓が多く残り、何十ものスノーブリッジ(SB)の下をくぐるという緊張感の連続だったが、天気にも恵まれ素晴らしい遡行となった。
 メンバーは、所属山岳会のH光さんをリーダーに、M中さん、K田さん、私の4人。

 当初の計画では、初日に八木沢ダムからボートで入渓し、本谷を遡行して越後沢出合まで。
 2日目は越後沢右俣を遡行し、大滝手前まで。
 3日目は大滝を登り、中間尾根を下降して越後沢出合に戻り、本谷を遡行。
 4日目は引き続き本谷を遡行。5日目に本谷を詰め、丹後山から越後側の十字峡に下山するという4泊5日の行程だ。

 実際の行程は、初日、午前中に越後沢出合に到着できたため、越後沢に入る。右俣は雪渓に埋め尽くされていたため中間尾根に上がり尾根途中で泊。
 2日目、越後沢右俣大滝を登り、中間尾根を下降して昼前に越後沢出合に戻り、本谷をオイックイのしばらく前まで進む。
 3日目、オイックイを過ぎ西小沢付近まで。
 4日目、本谷を詰め、丹後山から十字峡に下山し、五十沢温泉に泊まるという3泊4日の行程となった。

 無数の雪渓処理を迫られながらも、当初の計画を1日短縮できたという遡行の成果は、リーダーH光さんのおかげだ。
 なお、当山岳会では今回、数パーティー計20名近くが同時に奥利根に入る計画で、我々利根川本谷のほかに、小穂口沢や水長沢に入るパーティーもいる。これらの計画の人員調整などをやったのもH光さんで、本当にお疲れさま。

 以下、行動記録を書くが、記憶があいまいなところもある。また、H光さん始め他のメンバーの書いた記録も参考に、書き記す。

■8/9(金)夜 水上へ
 他のメンバー3人と某駅で待ち合わせ、私の車で関越道経由で一路水上へ。水上の道の駅に着くと、他にも登山者らしき人達がいくつもテントを張っていた。我々もテントを張る。その後、小穂口沢を遡行するH部パーティーもやってきた。

■8/10(土) 八木沢ダム~本谷~越後沢出合~越後沢右俣~中間尾根
7:10八木沢ダム乗船=7:30バックウォーター下船-8:05小穂口沢出合-9:30シッケイガマワシ-11:00越後沢出合-11:40越後沢右俣出合-13:50中間尾根-16:00大滝下降点C1

 起き出して荷物をまとめていると、5時半に予約しておいたタクシーがやってきた。我々パーティー4人とH部パーティーの1人M田さんの5人で八木沢ダムへ。
 八木沢ダムに到着すると、水長沢に入渓するM浦パーティー3人がちょうどボートに乗り込むところだった。奥利根湖を渡し船で奥まで送ってもらい、そこから入渓するのだ。
沢登りのためにボートに乗って湖を渡るなんて、下界と隔絶される感じがするし、この後の遡行の困難さを予想させてなかなかドラマチックだ。
 予約しておいた渡し船は、やぐらという会社のボート。M浦さん達を送ったボートが戻ってくるまで、乗船場所の人に、熊やマムシに注意するよう言われる。湖を泳ぐ熊もいるし、日当たりの良い岩場にはマムシがとぐろを巻いていることがあるらしい。
 雨が少なかった今年は雪渓が相当残っているらしい。また、ダムの貯水率は7月に35%くらいまで低下していたのが、ここのところ65%まで回復してきたそうだ。

P8100004
ボートが戻ってきたので乗り込む。風を切ってボートが湖面を走って行く。広かった湖もだんだんと両側が狭まってきて、いよいよバックウォーターという感じになってくる。ボートが行けるところまで行って接岸したのが割沢出合の少し上流あたり。
 ここからいよいよ遡行開始だ。M田さんは、次の便でくるH部さん達を待つため、ここに一人残る。
 我々4人は樹林帯の中を越えて、まずは小穂口沢出合に出る。ここは広い。

P8100008

(↑小穂口沢出合)

P8100011
 河原を歩いたり、右岸の踏み跡を歩いて行くと、雨量観測所の塔が立っているところに至る。この少し先からシッケイガマワシというゴルジュ帯に入り、SBが現れる。ここは右岸側から巻く。この先、こんなSBがいくつも出てくるのだろうか。

P8100018

P8100019
 シッケイガマワシではスクラム渡渉する場面もあった。この日は越後沢出合までの予定だったのだが、越後沢出合に着いたのがまだ午前中だったので、越後沢右俣を行けるところまで行くことにした。1泊分の装備を持って、それ以外はここにデポしていく。
 越後沢出合から越後沢右俣出合までは雪渓もなく40分ほどで着く。が、右俣に入ったとたんSBが現れる。ヘッドランプを点けてSBをくぐる。そんなSBを3つほどくぐっただろうか。右俣はずっと雪渓に埋まっている感じだ。

P8100026

(↑越後沢右俣のSB)

P8100027
 地形図上、左岸側に1,022m地点の記載がある付近から右岸に取り付き、右俣と中俣の間にある中間尾根に向かって斜面を登って行くことに。中間尾根に上がる前に、H光さんの指示で、今夜は尾根状でビバークする可能性があるので、今のうちに水を汲んでおくように、とのこと。
 しばらく登ると藪の濃い痩せた尾根に出る。下を眺めると右俣は上流までほとんどずっと雪渓に埋まっている感じだ。その彼方に右俣大滝らしき滝が眺められる。あそこまでたどり着けるのだろうか。

P8100032

(↑中間尾根から右俣を望む)

P8100034

(↑中間尾根を行くH光さん)
 右俣に下りて雪渓だらけの谷を遡行するのは現実的ではない。尾根上をここから引き返すか、尾根を進んで右俣大滝を目指すか、相談する。行程としては計画よりも早いのだから、中間尾根を進んでみようということになった。この中間尾根は中俣や右俣からの下降路として使われているらしい。が、わずかに踏み跡は見られるものの、ほとんど自然に還っており、濃いヤブ漕ぎに苦労する。
 暑い日差しのもと、尾根状を大滝に向かってヤブ漕ぎしながら進んで行く。やがて右手に右俣大滝「八百間の大滝」、左手に中俣大滝「幻の大滝」を同時に望める絶好ビューポイントに出た。狭いながらも尾根上の平坦地で、今夜はここで泊まることにする。このあたりから、右俣大滝下部に向けて下降できそうな沢筋もある。

P8100038

(↑中俣大滝)

P8100040

(↑右俣大滝)
 ヤブにロープを渡してタープを張る。タープが低いので、ノコギリで木を伐り出して立てて、タープの天井の高さを確保する。今夜の食事担当はK田さん。
 暮れゆく空のもと、2つの大滝を眺めて過ごすのはなんとも贅沢だ。頑張ってこんな山奥まで来たからこそ得られる景色だ。今、我々4人以外にはこの越後沢流域に入っている人間はいないはずだ。
 沢で泊まる際は、夜中にいつも寒い思いをしていたけれど、この夜は違った。用心してたくさん用意したダウンウェアのおかげもあろうが、寒さに震えることもなく、思ったより快適に寝られた。

P8100042

■8/11(日) 越後沢右俣大滝~中間尾根~越後沢出合~剣ヶ倉土合~滝ヶ倉沢出合先
5:00幕場-5:30八百間の大滝取付-7:50三角雪田-8:50幕場-11:30越後沢出合-12:30ヒトマタギ-14:45滝ヶ倉沢出合先の大砂地C2

 ビバーク地を発ち、前日のうちに目星を付けておいた沢筋を下降して行くと、右俣大滝が見えてきた。大滝から下流はこれまた大きな雪渓に埋まっている。H光さんの話では、3段ある大滝のうち下段部分は雪渓の下に埋まっているようだ。中間尾根から下りて行った我々の目の前にある滝は中段らしい。
 ロープを出して、M中さんのリードで登る。下りてきた沢筋を少し戻り、ブッシュ帯から取り付き、ブッシュ帯と大滝左側に広がる岩場の間を登って行き、途中から大滝に向けて右にトラバースしていく。ロープ50mめいっぱい伸ばした辺りで、落ち口手前のブッシュにたどり着いたので、そこでピッチを切る。2人目、3人目はロープにアッセンダーを付けて登り、最後の4人目はビレイされて登る。

P8110053

(↑右俣大滝中段の右壁を登るM中さん)
 あと少しブッシュを抜けると中段はおしまいだ。すると上段150mが迫力を持って目の前に現れる。昨日、中間尾根から遠目に眺めた時は、ずいぶんと立っているように見えたけれど、こうして近くで見てみると傾斜が寝ている。落ち口下の1ピッチを除き、各自登って行く。水流の右側の乾いた岩場をどんどん登って行く。落ち口付近だけはこの先どうなっているか分からないので念のためロープを出して私がリードする。右手のブッシュにランナーを取りながら岩を登って行ける。

P8110055

(↑右俣大滝上段150m)

20130811_065819

(↑上段を各自登る。上は私)

P8110061 
 こうして大滝の登攀を終える。その先の小滝を2つほど抜けると、再び雪渓が現れる。雪渓の上を歩いて行き、適当なところから中間尾根に向けてあがっていくのだが、その前に、せっかくなのでもう少し雪渓上を歩いて上部の雪田を見に行くことにした。ずっと続く雪渓の先、荒々しい山肌の光景を眺めながらしばし休憩。

P8110069
 中間尾根に戻ってヤブを漕いで進み、荷物をデポしたビバーク地に戻る。前日歩いた中間尾根を戻り、中俣と右俣の出合に降り立つ。本谷の越後沢出合に戻ったのは11時半。前日同様まだまだ時間があるので、本谷を行けるところまで進むことにした。
 本谷を進んで行くとすぐに剣ヶ倉土合というゴルジュ帯に入る。その剣ヶ倉土合の序盤で、ヒトマタギが現れる。ゴルジュが樋状に狭くなっているところで、文字通り両足を広げて両岸に立つことができる。各自記念撮影する。
 剣ヶ倉土合の水量はおそらく少なめなのだろう。泳ぐようなことはなく、腰上くらいの水量の中をへつって歩く場面があったくらいだ。

20130811_125612
 剣ヶ倉土合を抜けたあとは雪渓も無く、どんどん歩いて行き、滝ヶ倉沢出合からさらに少し歩いて、翌日の核心となるオイックイの少し手前、左岸に広く平坦な大砂地が現れたので、この日の行動はここまで。大砂地のすぐ先には、再び大きな雪渓が不吉な姿で見えており、翌日の遡行の厳しさを予感させる。

P81100902

(↑大砂地と雪渓)
 大砂地は本当に広くて、タープを張って、焚き火を熾す。枯れ木はたくさんあるので、がんがん火にくべる。私は釣り道具を持ってきていたので、いちおう糸を垂れてみたけれどまったく当りは無し。
 今夜の食事担当は私。無洗米からご飯を炊いて、混ぜるだけの寿司の素を加える。M中さんが肉厚のベーコンを持ってきてくれていて、焚き火で焼いたのを皆に振る舞ってくれる。
 前夜と異なり、この夜は寒かった。雪渓がすぐ近くにあるせいもあるのだろう。

■8/12(月) オイックイ~大利根滝~西小沢出合(佐市平)手前
6:00幕場-9:50定吉沢出合-11:00西俣沢出合-12:40丹後沢出合-13:20大利根滝-15:20西小沢出合手前C3

 4時起床だが、H光さんが3時くらいには起き出して焚火を熾してくれたようだ。この日はいよいよ核心となるオイックイの通過が控えている。各自ヘルメットにヘッドランプを付ける。ビバーク地から見える最初のSBはくぐる。

P8120095
 つぎの雪渓は大きいようで、その上に出て歩いて行く。上流側の雪渓末端が高さがあるようなので、懸垂下降の支点としてスノーボラードを作る。

P8120103

(↑スノーボラードをつくる)
 今回、雪渓通過ではSBをいくらでもくぐる体験をすることになるが、このスノーボラード作りも私には初めての体験だ。バイルで円状に雪を掘り、ロープで雪を切らないように枝を何本か挟むように刺しておく。
 ロープがすっぽ抜けないように残った人が雪の溝を足で踏んでおきながら、懸垂下降する。沢床まで下りずに、そばのルンゼに取り付き、つぎの雪渓は右岸から巻く。再び沢床に下りる際はまた懸垂下降。
 その後も雪渓をロープを出して高巻いたり、くぐったりする。

P8120108

P8120110

 H光さんの記録によると、この日6番目のSBということになるのだが、このSBが長大だった。入り口部分の雪渓の天井が中途半端に落ちたように二重天井になっている。まずはH光さんが中の様子を見に行くのだが、すぐに戻ってきて、真っ暗で出口の光が見えず相当に長いらしいとのこと。各自ヘッドランプを点けて、数分の間隔を空けて一人ずつ入って行くことになった。

P8120117

(↑入口が二重天上の長いSB)
 H光さんが入って行って2分くらい経った頃、私もSBに入る。入り口の低い二重天井をかがみ気味に抜けるとその先は真っ暗だ。ヘッドランプの灯りに照らされた足元の水面を見ながら水の中を歩いて行く。水の流れる音と自分の足が水の中を進む音以外、一切シャットダウンされた感じだ。大きな洞窟の中を一人進んでいる感覚だ。しばらく進むと天井の雪が薄いところがあって、隙間からわずかに外光が差し込んでくる。これが何とも幻想的な光景だ。

P8120119
 雪渓が崩落して下敷きになれば命がないのだが、この不思議な眺めの中にいると、現実的な緊張感と幻想的なワクワクした感覚とが入り混じってくる。
 どれだけ進んだろうか。SBからようやく抜け出すとH光さんが待っていた。その後、K田さんとM中さんも間隔を空けて出てくる。皆、無事に通過することができた。さすがに興奮を抑えられない。
 SBに入り前に時計を見ていたのでだいたい覚えているのだが、このSBを通過するのに5分以上、6分近くかかった。距離にして200~300mといったところだろうか。
 これはもはや普通の沢登りというより、雪渓くぐりという一つのカテゴリーのような気がする。崩れなければ無事だが、崩れたらひとたまりもない…、確率が分からないロシアンルーレットのようだ。

P8120125

 その後も雪渓をくぐって、今山行の核心部分となったオイックイを通過。定吉沢を過ぎると、某遡行図にある「狭くて暗いゴルジュ(奇勝)」を通過。天気が良いので暗くはない。

P8120130 

P8120134

 SBの先に滝が見える。魚止メ滝のようだ。手前の雪渓と一緒に右岸から高巻く。沢床に戻る際は崩れかけたSBの穴の中に入って行くように懸垂下降していく。狭いので、背中のザックが雪にあたる。

P8120141
 雪渓処理もそうだが、これら高巻きでもH光さんのルートファインディングは抜群だ。まるで来たことがあるかのように、側壁の斜面に取り付き、ヤブの中を漕いで行き、ブッシュに捨て縄をタイオフして懸垂下降するときっちりと沢床に復帰できる。その判断がもたもたしていないものだから、足並みのそろった他のメンバーもぐいぐいと付いていく。
 午後に通過した雪渓もシビれるものだった。先頭を行くH光さんは、SBの中に架かる右手の滝に寄ったと思ったら、左奥に進んで行った。後を追うと、雪渓途中の大きな穴に出た。再び雪渓に入ると、滝の流れる脇の岩場に残置スリングがあり、それを頼りに岩を乗っ越す。SBの中で残置スリングを使って小滝を越えるとは、これまた緊張感たっぷりだ。どこがどこだか私は覚えていないのだが、ここでヒョングリの滝を越えたようだ。

P8120146

P8120149
さらにいくつか雪渓をくぐると大利根滝20mが現れた。ここはH光さんがリードして右壁の階段状を登る。

P8120160
 ハト平らしき平坦地は平べったい残雪に覆われてたので通過。再びゴルジュが始まり、雪渓を越えたり、崩れかけた雪渓では踏み抜いて雪のブロックともに冷たい水の中にハマったりしながら進んで行く。

P8120167

P8120169

側壁と雪渓の狭い隙間を通り抜けるときは、ザックを背負ったままでは抜けられないので、先にザックを投げてから空身で横向きで通り抜けたりした。
 西小沢近くの平たん地(おそらく佐市平)も平べったい雪に覆われていたので、少し戻った平坦な草地を今夜のビバーク地とした。
 狭いながらも河原状になっているので、そこで焚き火を熾す。今夜の食事担当はM中さん。3日目だというのに、豪華なカレーライス。M中さん、前日は特に荷物が重そうだったけれど、厚切りベーコンが出てきたり、お酒が出てきたりと、相当食料を持ってきてくれていたのだ。焚き木をたくさん集めたものの、生木に近いものばかりで火を熾すのに苦労する。カレーライスはとりあえずガスで作る。

P81201743
 何とか点いた焚き火で濡れた服を乾かしながら夜を過ごす。このまま順調にいけば明日には源頭を詰めて下山できそうだ。

■8/13(火) 利根川本谷源頭部~大水上山~利根川水源碑~丹後山~十字峡=五十沢温泉
6:00幕場-10:10深山滝-11:15赤沢滝-12:40稜線-12:50大水上山-13:10利根川水源の碑-13:40丹後山小屋-16:00林道-16:45十字峡小屋

 タープの下で寝ていたのだが、寒さに耐えきれず私一人起き出す。深夜1時過ぎだ。起床予定時刻までまだ3時間近くある。焚き火のところに行ってみると、灰の中に赤い熾火がわずかに覗いている。そこで爪楊枝ほどの細い枝を集めてポキポキと細かく折って熾火の上にそっと乗せる。それから何度も息を吹きかけていると、小さな炎が立ちあがった。それを消してしまわないように、さらに枝を加えていき、時間をかけて徐々に太い枝を投入していく。
 前週、南紀・黒蔵谷に行った際に、YT川さんが息を吹きかけて灰の中から火を熾していたので、それを真似てみたのだが、うまくいった。わざわざ着火剤を使わないし、団扇も必要ない。
 真夜中こうして一人で焚き火に当っているのも良いものだ。さすがにまだ眠いのでタープの下からマットを持ってきて敷き、焚き火に当りながらウトウトと過ごす。いつのまにか眠り込んでしまったようで、気が付くとM中さんが目の前に座って焚き火に当っていた。起床時刻だ。

 遡行4日目。この日もちょっと歩くとすぐにSBが現れるので、慣れたようにくぐったり、巻いたりする。その後、小滝が連続するところを行く。あまりにも小滝が多いので遡行図と見比べてもどれがどれだかさっぱり分からない。

P81301788134

P8130183

P8130187

P8130189

 するとまた大きな雪渓が現れた。その上を歩いて行くと、滝が見える。当初これが人参滝15mかと思ったけれど、そうではなく深山滝20mらしい。人参滝は雪渓の下のため知らないうちに通り過ぎていたのだ。

P8130200

(↑深山滝の一部が見える)
 その深山滝も上部のみが姿を見せているだけで、雪渓のため滝下に取り付くこともできない。H光さんリードで、左岸手前の斜面から取り付く。トラバースしてブッシュと岩溝状のところから左手の岩に出つつ抜ける。
 つぎの赤沢滝20mは行きに隠れていることもなかった。この滝では私がリード。何度もないところを登って行くと、上段は水流をまともに浴びながら登る。両側の壁にフットホールドを見つけながらいけば、シャワーになるものの登って行ける。晴れた空のもと、ビショビショになって楽しい登りだ。

P8130206

(↑赤沢滝を登るH光さん)
 赤い岩の水上滝も左から越えると、またずっと雪渓が続いている。こんな上流部まで結局延々と雪渓続きだったわけだ。これが源頭の三角雪田まで続いていたのだから。

P8130214
 途中、H光さんが定時の無線交信をして、今回初めて他のパーティーと応答できた。小穂口沢のH部パーティーも胸中に十字峡に下山できそうだ。

P8130223

(↑登山道はすぐ上だ)
 雪渓の切れ目から草付きをひと登りすると、そこは稜線上の登山道。これで利根川本谷の遡行完了だ。やった。皆で握手を交わす。
 ザックを置いて、大水上山の山頂を往復してくる。登って来た利根川本谷はもちろん、中ノ俣川も雪渓だらけだ。戻って、今度は利根川水源碑へ。碑を前にここでも記念撮影。日本最大の流域面積を誇る利根川の水源に至ったわけだ。

P81302281831

P81302331834
 ここからは笹がきれいに刈り払われた登山道を丹後山方面に歩いて行く。これまでのヤブ漕ぎから比べたら、まるで高速道路だ。途中、丹後山避難小屋に立ち寄ると、中で男性が一人くつろいでいた。

P8130241
 丹後山からは十字峡に向かってどんどん下って行く。越後三山の一つ、中ノ岳が望める。コウガイ沢にも雪が残る。
下るにつれて暑くなってくる。8合目付近で携帯電話が繋がったため、K田さんが六日町に近い五十沢温泉の宿に電話して今夜の予約をしてくれる。合わせて、十字峡まで車で迎えに来てくれるようお願いしておく。
 林道に降り立つと、作業のワゴン車が前を通り過ぎた。我々4人以外の人間に会うのは入渓初日以来だ。川に沿った林道を歩いて行くと十字峡に着く。

P8130248

 ゲートを越えてトンネル手前の橋を渡ると、十字峡登山センターという建物に着いた。ここに前日下山した別パーティーのメモがあったので、我々パーティーもメモを残す。H部パーティーはまだ下りてきていないようだ。

P8130249

(↑十字峡登山センター)

P8130252

(↑十字峡)
 18時にお願いしていた車が17:20くらいには来てくれた。マイクロバスだった。マイクロバスに揺られていると、山中を抜け、水田と民家が広がる風景に変わってきた。無事、里に下りて来たんだなあと感慨深い。到着した五十沢温泉旧館にチェックイン。管理人は初老の夫婦で、別のところに住んでいるらしく、日中だけここにやって来るらしい。なので夜間は宿泊客だけだ。食事提供はないので、素泊まり。

P8130254

(↑五十沢温泉旧館)
 お風呂で4日間の汚れを落としてから、夕食に近くの食堂へ。おあしす食堂という定食屋で、ビールで下山を祝いつつご飯を食べる。我々が食事を終えた頃、H部パーティーも下山してきて、お風呂に入らずまずはここの食堂にやって来た。計7人でお互いの下山を祝う。

P8130257
 明日は東京に帰るだけなので、この夜はどう過ごしても良いのだが、疲労とアルコールからとろとろと眠くなった私は皆より早くふとんに横になる。

■8/14(水) =六日町駅=水上駅=東京へ

 適当に起き出して、K田さんが残っていた共同食のお米を炊飯器で炊いて朝ごはんを出してくれる。8時半頃のバスに乗り込み、六日町駅へ。9時半頃の電車で水上駅へ。水上駅から路線バスで、車を停めた道の駅へ。あとは関越道をひた走り東京へ。反対の下り線はお盆の帰省ラッシュのせいで渋滞していた。
 当初は一日遅い帰宅の見込みだったが、この日午後の早い時間に帰宅できたので、荷物を自宅に置くやいなや、職場に顔を出した。数日休んだので、六日町で買ったお土産のクッキーを職場の人達に配る。

 以上、4日間に渡る充実した沢登りを終えることができた。天気に恵まれたし、ルートファインディングに代表されるようにリーダーH光さんの力量によるところはとても大きい。メンバーも足並みが揃っていて、どんどん歩いていけたので、雪渓くぐりという危険要素はもちろんあったけれど、順調に遡行することができた。皆さん、本当にお疲れさまでした。
 私個人としても、今回の利根川本谷はもちろん、ここひと月半の毎週の沢登りで相当に経験値を上げることができた。これからはこの経験をもっと活かしていきたい。

« 南紀 大塔川・黒蔵谷遡行~高山谷下降 | トップページ | 観光地巡り 木曽・奈良井宿~開田高原~飛騨高山~平湯 »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/52977860

この記事へのトラックバック一覧です: 奥利根・越後沢右俣大滝~利根川本谷:

« 南紀 大塔川・黒蔵谷遡行~高山谷下降 | トップページ | 観光地巡り 木曽・奈良井宿~開田高原~飛騨高山~平湯 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ