« 奥飛騨 高原川 沢上谷(そうれだに)遡行 | トップページ | 佐久湯川でクラッククライミング »

瑞牆山、雨に降られ撤退…。

2013.24(土)-25(日)
 H明さん、M上さんと、瑞牆のマルチピッチルートを登ることになった。この週末の天気予報は芳しくなかったが、金曜日時点のヤマテンでの瑞牆山の天気予報は、土曜日は悪いが、土曜日夜~日曜日朝は晴れてその後も雨は降らないとのこと。
ということで、土曜日は現地入りだけにして、日曜日に登る計画とした。結果としては、予報が思いっきり外れ、日曜日は未明から雨が降り出してきてしまい、何もせずに帰ることになった。むしろ土曜日は天気が良かったので、ヤマテンに振り回されてしまったこともあるが、金曜日夜から行っていれば良かったと、皆で残念がった。

 土曜日の午前中遅くに中央道の某所でH明さんと待ち合わせ、須玉ICへ。須玉の食品スーパーやまとでM上さんと合流し、買い出し後、瑞牆の植樹祭広場近くの某東屋へ。夕方までまだまだ時間がある中、持ち寄った食べ物やビール、ワインで宴会。冒頭書いたように、翌日のクライミングはできなかったが、この宴会でH明さんから有用な話を聞けたのは良かった。暗くなったところで東屋下で就寝。
 夜中に起き出した時は月に薄く雲がかかるくらいで、月明りでヘッドランプがいらないくらいだったのに、未明の3時に起き出すと、弱い雨が降り出してきた。そのうち雨も止むだろうということで、ゆっくり荷物をまとめて植樹祭広場に車を移動すると、雨足が強くなってきた。車の中でしばらく待機しても止む気配がないし、すでに岩がぐっしょり濡れてしまっていることだろう。結局、雨の中をルートの取付まで歩いても仕方がないので、帰ることにした。がっかり。
 じつは十一面岩のベルジュエールを登る計画でいたのだが、ベルジュエールの敗退どころか、駐車場から歩き出すこともなかったのでただの撤退だ。須玉のコンビニで富山に帰るM上さんと別れ、東京へ。帰宅しても日曜日の午後の時間が丸々空いてしまっているので、入間のクライミングジム・ベースキャンプに行くことにした。
 久しぶりに瑞牆で登れるチャンスだったのに、雨にやられたのは残念。秋雨の季節に入ってきたので仕方ないけれど。

« 奥飛騨 高原川 沢上谷(そうれだに)遡行 | トップページ | 佐久湯川でクラッククライミング »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/53042693

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞牆山、雨に降られ撤退…。:

« 奥飛騨 高原川 沢上谷(そうれだに)遡行 | トップページ | 佐久湯川でクラッククライミング »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ