« 佐久湯川でクラッククライミング | トップページ | 瑞牆山 十一面岩正面壁 ベルジュエール(7P目まで) »

クライミングジム通い(8月)

B-PUMP荻窪

2013.8.6()

 ひと月ぶりのオギパン。久しぶりにMぽりんさんに会った。

 ずっと沢登りに行っているので、すっかり外でのクライミングから遠ざかってしまっている。

 せめてこうしてジムには行くようにしているワケだが、二子に通っている頃に比べたらてき面に力が落ちているのが分かる。

 何とか白色3級をいくつか登れたものの身体は重い。

 少しずつ登り込んで、以前くらいの力まで頑張って戻さないと。

B-PUMP荻窪

2013.8.20()

 お盆の先週は利根川本谷に行っていたので、ジム通いはレスト。

 2週間ぶりにオギパンに行くと、1階の壁の一部がホールド替えしてあった。

 2階のどっかぶりBig-West壁にある白色3級課題を何とか落とせたものの、他にあれこれトライした3級はどれも完登できず。

 沢登りばかりしていて、すっかりクライミングの力が落ちてしまったようだ。筋トレもやって、また力をつけないと。

 来週、オギパンは店内改装のため休業するらしい。

B-PUMP秋葉原

2013.8.22()

 アキパンに行くのはちょうど3ヵ月ぶり。久しぶりに行くと、当然ホールドがあちこち変わっていた。白色3級ばかりをトライしてみた。あっさり登れてしまうのものあるけれど、歯が立たないものもあって力不足を感じたけれど、後半はそれなりに調子がノッてきて、結構な数の3級課題を登った。週に2回ジムに行くのも久しぶりだ。

■ベースキャンプ

2013.8.25()

 十一面岩で登るつもりで前日から瑞牆に行っていたのだが、天気予報が外れ未明から雨が降り出してきたため、クライミングは中止。午前中に帰宅したため、昼からベースキャンプへ。ボルダリングをやってヨレヨレになったころK寅さんがやってきた。ヨレヨレだったけれどルート壁もいくつか登った。

 そのボルダリングでは、茶色3級がいくつか登れたあと、緑色2級にもトライしたところ2つの課題が登れた。これは思っていたより上出来だ。沢登り続きで、落ちてしまった力を少しずつ取り戻しつつあるかな。

 二子山の面々もたくさん来ていて、聞くとこの夏の間も二子に行ってる人も。そういう話を聞くと、沢登りからフリークライミングのモードに切り替えたくなってきた。前傾した石灰岩の壁をまた登りたいなあ。

○夏風邪?悪寒がヒドい…。

2013.8.29()

 朝、目が覚めるとやたらと身体が重い。昨日の湯川での慣れないクラックで頑張り過ぎて身体中の筋肉が悲鳴をあげているのだろうか?トイレに行くとお腹を下していた。とりあえず正露丸を飲む。

身体がヒドくだるい感じで、なんとか出勤。悪寒を感じるので夏風邪ではないかと思い、市販の風邪薬を飲む(ベンザブロックIP)

夜帰宅すると、ほとんどそのままベッドに倒れ込む。扇風機の風が当るだけでヒドく悪寒を感じる。それなのに沢山イヤな汗をかく。正露丸が効いたのかどうか、お腹のほうは少しキリキリ痛むくらいだが、膨満感がある。日中あまり食事を取っていないのだけれど。

夜中にトイレに起き出し、ベッドに戻る際に立ち眩みでバランスを崩し、机にぶつかってベッドにもんどり打って倒れ込む。ああ、これはツラい…。

○ウイルス性胃腸炎?内科医院で診察、カイロプラクティックにも。

2013.8.30()

 前日の症状は、やはりクライミングによるものなどではなかったのだ。朝のうち、症状が少し治まった感じがしたので何とか出勤するが、午前中電話で話している途中で身体がガタガタと震えてきて悪寒が走ってきた。電話を終えると、椅子に座っているだけでもツラくなり横になることにした。

 症状がヒドいので、職場の近くの内科医院に行くことに。点滴を打ってもらえば少しは回復するかもしれない。診察してもらうと、貧血を起こしているワケではないので点滴はせず、おそらくウイルス性胃腸炎ということで薬を渡された。これで治ってくれればよいのだが。

 一方、先週クライミングジムに行った際に尻からマットに落ちてムチウチのように首を痛めてしまっていた。昨年末に初めて行って以来これまで3回行ったのだが、夕方、仕事を終えてから職場の最寄駅前のカイロプラクティックに行くことにした。

過去3回とも、ジムでマットにどか落ちして頸椎を違えてしまったためだ。なんだかクセになりつつあるのかも。

 しかし、このカイロのおやじの腕は信頼できるので、いつもここに通っている。首以外にも骨盤が歪んでいるということで、いつも腰骨周りもゴキゴキと矯正してもらうのだが、今回は大腿骨の外側付け根あたりを思い切りゴリゴリやられ、その痛みで思わず悲鳴をあげてしまった。まったく遠慮がない。

首のズレた骨を治す際も、頭部をグリンと回転させてパキパキパキと見事に治してしまうのだが、どこのカイロでもこれができる技術があるかというとそうでもないらしい。

というわけで、お腹は最悪なのだが、首や腰、背中などはすっきりして、身体が妙な感じだ。どうしよう、今夜から瑞牆に発つことになっているのだが、こんな状態で明日クライミングできるのだろうか…。

« 佐久湯川でクラッククライミング | トップページ | 瑞牆山 十一面岩正面壁 ベルジュエール(7P目まで) »

クライミングジム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/53122784

この記事へのトラックバック一覧です: クライミングジム通い(8月):

« 佐久湯川でクラッククライミング | トップページ | 瑞牆山 十一面岩正面壁 ベルジュエール(7P目まで) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ