« 北関東クライミングジム巡り (栃木県小山市「ボルダリングスペースH」、群馬県前橋市「ウォールストリート」) | トップページ | 山形県 山寺 フリークライミング ◆東北クライミングツアー② »

宮城県 作並・鎌倉山 ドライツーリング ◆東北クライミングツアー①

2013.921()23()  東北クライミングツアー

 秋分の日の3連休は、宮城県と山形県の岩場を巡ってきた。

 初日は、宮城県は作並・鎌倉山でドライツーリングをやった。

 2日目は、山形県は山寺でフリークライミング。

 3日目は、やはり山形県にある黒伏山南壁の中央ルンゼでマルチピッチクライミング。

 

 私は3ヵ所の岩場とも行くのは初めてだ。

人工壁で少しだけマネ事をやったことはあるものの、岩場でドライツーリングするのは初めての体験でとても新鮮だった。

 また、山寺も黒伏山南壁もどちらも行ってみたかった場所なので、今回どちらも行けたのは本当に良かった。

 東北のクライマーの人達に会うこともできたし、充実した3日間だった。

9/21() 宮城県 作並・鎌倉山 ドライツーリング

 クラックとアイスがめっぽう強いO前さんに、東北の人に誘われてるということで、山寺や黒伏山に行こうとお誘いをもらった。

 山寺は前から行ってみたいと思っていたフリーの岩場だし、黒伏山南壁のマルチも一度は行ってみたくてネットで山行記録などを調べたこともあった。O前さんからの電話でこの2ヵ所の地名を聞いた瞬間、この話に飛びついた。

 おまけにドライツーリングもやるかもしれないとのこと。アックスとアイゼンを使って、岩場を登るという未知の体験もとても楽しみだ。

 それに、東北のクライマーの人達も合流して一緒に登るとのこと。

 彼らはアイスクライミングをやり込んでいるそうで、宮城県の二口渓谷などにはアイスができる氷瀑がたくさんあるそうだ。彼らに会うと、そんなアイスの話もたくさんでてきて、アイスはかじる程度にしかやったことのない私にはこれまたワクワクする話だった。

○宮城県へ

 土曜日の未明に埼玉県内でO前さんと待ち合わせ、O前さんのトヨタ・アクアで東北を目指す。このアクアはご存知ハイブリッドカーなので燃費がとても良い。遠方に行く今回は特に、ガソリン代の安さの恩恵を感じた。

 東北道を走り、福島県に入って福島飯坂ICでいったん下りる。今回東北ツアーに声をかけくれたT村さんをピックアップする。再び東北道に乗り、仙台宮城ICで下りる。

 作並街道(国道48号線)を走ると、右手に鎌倉山という岩山が現れる。この作並・鎌倉山は別名ゴリラ山というらしい。仙台方面から来て眺めると、山肌にある岩場の形がゴリラの横顔に見えるらしい。言われれば、そう見えなくもない。

 道路脇に駐車スペースに車を停め、ザックにアックス、アイゼンなどを入れ岩場へ。麓の民家の手前を横切る農道を左に入ると、単線(JR仙山線)の小さな踏切を渡る。渡ってすぐの踏切脇の草むらに入ると、山道が続いている。

 山道を20分ほど歩くと、樹林の中に岩場が現れる。ゴツゴツと凹凸が顕著な岩でハングしたところもある。思っていたより気温が高く、ここまで歩いてくるだけで汗でシャツがビショビショだ。

P9210001

(↑鎌倉山)

P9210003

○ドライツーリング

 ペツルのボルトが打たれたルートがいくつか見て取れる。T村さんによると、Ⅳ級くらいのマルチピッチルートもあるそうだ。

 我々がドライツーリングをやった場所は、山道から岩場取付に出て、少し右に歩いたエリア。T村さんによると、ドライツーリングの難易グレードで、M6からM10くらいのルートがあるらしい。この日我々が登ったのは、M6、M8、M9くらいのグレードの3本で、エリアの左から順に並んでいる。グレードが上がるほど、ハングの張り出しが大きい。さらに右手のほうにはM10くらいのルートが3つほどあるそうだ。

 Mはミックスの頭文字らしく、要は、氷の部分と岩の部分があるところをアックスを使って登るスタイルのグレード付けのようだ。

 ところで東北行から帰宅後、ネットで鎌倉山の記録を調べたら某ブログにトポ図が載っていた。そこには、ルート名やDのグレードも載っていたので、ここではそれも使わせてもらう。Dはドライツーリングの頭文字だろう。

 それによると、我々が登った3本は左から順に、

 ①小ハングルート D6

 ②つばさ D6

 ③こまち D7

 さらに、右手のほうにあるM10くらいのルート3本というのは、

 ④はやて D10

 ⑤やまびこ D9 (出だしは、はやてと一緒。中間で右上し、はやてからMaxやまびこにリンク。終盤ではやてと合流らしい)

 ⑥Maxやまびこ D9+ (終盤は、はやてと合流)

 アイスクライミングをやるために数年前に買ったものの、高いお金を払った割にはほとんど使う機会のない私の得物は、アックスはペツルのクォーク(旧型)と、アイゼンはやはりペツルのM10。ブーツは、カモシカスポーツのガラクタ市で半額で買ったボリエールのアイスマスター。グローブはブラックダイヤモンドで掌側が皮製のもの。

 人工壁でドラツーを少しやったと前述したが、一時期あった群馬県六合村(くにむら)の人工アイス施設アイスエクストリーム六合ができたシーズンに2回行っただけに過ぎない。

①小ハングルート D6

 まずはT村さんがリードして、小ハングルートにトップロープをかけてくれる。O前さんは何でもないようにこれを登る。

 続いて私。凹凸の大きい岩の隙間や割れ目などにアックスの先をひっかけて取付く。下部を何とかこなし、小ハングの抜け口へ。ハング先のホールドというかアックスをひっかけるポイントを探りながらハングを乗っ越し、なんとかノーテンで抜けられた。

 しかし、ずっとアックスを握っていたので前腕がパンプ気味だし、必死になって登ったので汗だくだ。普段やっている素手とフラットソールで登るフリークライミングとはまた異なる登り方だ。ドラツー特有の技術が必要らしい。

 アックスを反対の手に持ち帰る際に、いったん一方のアックスを肩に掛けたり、口にくわえたりと、O前さんはスムーズにこなしていた。

P9210011

(↑小ハングルートを登る私)

P9210009
(↑小ハングルートを登るO前さん)

②つばさ D6

 このルートにはT村さんがフラットソールでヌンチャクを掛けながら登りトップロープをかけてくれた。このルートは先ほどの小ハングルートよりもハングが顕著で、O前さんも大変みたい。私はハング部分でテンションしまくり。トップロープでなかったら、激しくフォールしまくっていることだろう。ロープに半分ぶらさがりながら、何とかトップアウト。小さな溝に両方のアックスをかけてマッチしたり、片腕チンニング状態から、もう一方のアックスを伸ばしたりと、腕力を使いまくる。

P9210019

(↑つばさを登る私)

P9210021m8
(↑つばさを登るT村さん)

③こまち D7

 このルートには私がフラットソールを履いてリードし、トップロープをかける。出だしのカチの垂壁は悪すぎてチョンボしたものの、ハングの部分はガバガバなので難なく抜けられた。出だしを除けば5.10台半ばのグレードか。

 しかし、ドラツーで登るとなると、まるで勝手が違う。出だしの垂壁は、アックスの先をわずかにひっかけ、じりじりと上がりながら上のポイントにひっかけるという登り方で、フリーで越えられなかったところを登れた。ハング下まではノーテンでいけた。

 ハング越えはつばさよりもさらに長く難しい。ぐいぐいと身体をあげていけるところもあるのだが、あとはテンションしまくりながら身体を引き上げる感じ。

 O前さんは、2度目のトライでこのはやてをノーテンで抜ける。さすが。

P9210027

(↑こまちを登る私)

 私はあとは、こまちとはやてをもう一度ずつ登って、計5便出した。二度目のトライもハング部分はテンションだらけで、腕はヨレヨレだ。それでも、ドライツーリング体験はとても新鮮で楽しかった。

 今夜は、山形県東根市のU松さん宅に泊めていただくことになっているので、お隣り山形県へ移動する。山形県に入り、天童市郊外にある湯ピアという立ち寄り温泉施設で汗を流してから、U松さん宅へ。

 先月、北ア錫杖岳の「注文の多い料理店」を登りに行った際に、やはり注文を登りに来ていた東北から来たという4人組パーティーに会った。U松さんはその一人だったのだ。その時、同行のH明さんと東北の人達はアイスの話をずいぶんとしていたが、今回別の伝手で私は東北に来たのだが、錫杖で会った人とこうしてまた会うというのは、クライミングの世間は改めて狭いものだと思った。翌日、山寺で会うH野さんとK沢さんもやはり錫杖に来ていたメンバー。

 U松さん宅で座卓を囲み、アイスクライミング談義をする。O前さんは東北のアイスクライマーと話して、来たる冬の東北アイスツアーを考えていることだろう。アイスは初心者だけれど私も行ってみたいものだ。

 

 ビールから始まって日本酒「出羽桜」も出てきて、ついつい飲み過ぎてしまう。明日はこれまた楽しみにしていた山寺で登るというのに、二日酔いになってしまうのはマズい。

« 北関東クライミングジム巡り (栃木県小山市「ボルダリングスペースH」、群馬県前橋市「ウォールストリート」) | トップページ | 山形県 山寺 フリークライミング ◆東北クライミングツアー② »

アイスクライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/53387635

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城県 作並・鎌倉山 ドライツーリング ◆東北クライミングツアー①:

« 北関東クライミングジム巡り (栃木県小山市「ボルダリングスペースH」、群馬県前橋市「ウォールストリート」) | トップページ | 山形県 山寺 フリークライミング ◆東北クライミングツアー② »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ