« 「ア・ラ・ポテト」5.13a RP 甲府幕岩 | トップページ | 中国 桂林・陽朔クライミングツアー 1 »

クライミングジム通い(11月)

B-PUMP荻窪

2013.11.6()

 2階の床が一段高いところの壁の塗装工事をしていた。オギパンは、壁を迷彩柄に塗り替えつつあるようだ。

 さて、こつこつとジムに通っているものの、前にも書いた左腕の痺れなどもあってか、ここのところいまいち調子が上がらない。白色3級ができたりできなかったりで、トライのメインが紺色4級という始末。以前にはトライしていた水色2級には触りもしなかった。

 それでも最後には懸垂などをひとしきりやって、腕力トレーニングはしておいた。

 

 

○鍼灸院

2013.11.8()

 左腕の痺れが治まる気配がないので、初めて鍼灸院へ行ってみた。

 ジムでボルダリングしていてマットに落ちた際に首を痛め、何度か行ったカイロプラクティックで矯正してもらったのは9月のこと。首の骨のズレそのものは治ったのだが、その直後から左肩周辺が痛みだした。その肩の痛みが治まったと思ったら、左腕が上腕から指先にかけてわずかに痺れるようになってしまった。力も入りにくくなり、ウエイトを上に持ち上げる際に著しく力が入らなくなってしまった。カイロで首を矯正した際に、神経を痛めてしまっているようだ。

 今日行った鍼灸院は、数年前に右肩の腱板を痛めた際に電気治療で通ったところだ。今回初めて鍼(はり)治療を経験した。

治療台の上にうつぶせになり、身体にチクチクと鍼を刺される。指先、首、腕とたくさんの鍼を刺されたはずだが、うつぶせになっているので見ることはできない。続いて、その鍼に電極をつなぎ、20分ほどビリビリと電気を流す。

本日の治療はとりあえずここまで。一度行っただけでは完全に痺れがなくなりはしなかった。ウエイトを持ち上げるのは、前日はまるで上がらなかったのが、治療後はほんの少しだけ持ち上げられたけれど、右腕と比べるとまるでダメだ。あまり間を開けずにまた行くことにするか。お金がかかるけれど。

 

 

○鍼灸院(2回目)& スポーツクラブ

2013.11.12()

 先週初めて体験した鍼治療にこの日も行った。治療台の上にうつぶせになって、指先や首筋、左腕に鍼が刺される。さらに、力が入らない上腕三頭筋に電極パッドを当てて、20分ほどビリビリと電気を流す。この左腕の痺れについてネットで調べてみた限りでは、橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)というものなのかも。うーむ、鍼を打っているだけで完治するのだろうか。

 鍼灸院のあと、スポーツクラブに行ってみた。年に一度行くかどうかの頻度で、思い出したように行く近くのスポーツクラブ。上腕三頭筋を使うマシントレをやってみたけれど、やっぱり左腕は右腕に比べてまるで力が入らない。それでも有酸素運動をやってみたりして、ひとしきり汗をかいたのは良かった。

 

 

B-PUMP荻窪

2013.11.13()

 鍼灸院での左腕の鍼治療の効果があるのかどうか、いまいちよく分からないまま、ジムには行く。調子は先週行った時と変わらない感じ。まあ、身体を動かせたのは良かった。

 

 

○「初版 金枝篇 上」 JG・フレイザー著/吉川信訳 (ちくま学芸文庫)

 金枝篇という本の上巻を読み終えた。裏表紙の解説にあるが、「人類学の基本的な概念に関する世界中のじれいが満載されている」。上巻を読み通すだけでも結構大変だ。そのうち下巻も読んでみようかな。

 

 

○スタッドレスタイヤに履き替える

2013.11.18()

 週末の甲府幕岩では凍結した路面に備えて、すでにスタッドレスタイヤに履き替えたT沢さんの車で岩場に向かったのだが、私の車も冬支度することにした。

 近くのイエローハットに行って、夏タイヤから冬タイヤに替えてもらった。

昨年の甲府幕岩に向かう林道では、スタッドレスタイヤにも関らず凍結した路面にハンドルを取られ、側溝にハマるという事故を起こしたので、スタッドレスに履き替えたとはいっても凍った路面には注意しないと。

 

 

■ベースキャンプ

2013.11.19()

 3週間ぶりのベーキャンでルート壁を登るはずだったのだが、一緒に登るはずだった面々が電車の人身事故や仕事の残業のため誰も来られず。

 仕方ないので一人でボルダリングをした。緑色2級課題は2つほどトライして、ゴールまで1手や2手まで迫ったものの登れなかったけれど、茶色3級はいくつか登れた。

 左腕の痺れ(というか軽度の麻痺)は治ったとは言えない状態だけれど、まずまず登れたのは良かったかな。粉チョークと液体チョークを買って帰る。

 

 

■ベースキャンプ

2013.11.26()

 先週は一人でボルダリングしたベーキャンへ。

今日はバイクでジムに来るつもりだったと言うN野さんのバイクのバッテリーがアガってしまったとのことで、電車を使って来たのが21時前。私はそれまでずっとボルダリングしていたので、ルート壁を登るころには腕がヨレヨレになってしまっていた。

 ルートをいくつか登ったあとに、クラックをやってみた。ハンドサイズならずいぶん慣れてきたけれど、フットジャムが効かせづらくなってくると、とたんに動きが悪くなる。クラックのムーブもそうだけど、シューズにも原因があるのかな。

« 「ア・ラ・ポテト」5.13a RP 甲府幕岩 | トップページ | 中国 桂林・陽朔クライミングツアー 1 »

クライミングジム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/54090890

この記事へのトラックバック一覧です: クライミングジム通い(11月):

« 「ア・ラ・ポテト」5.13a RP 甲府幕岩 | トップページ | 中国 桂林・陽朔クライミングツアー 1 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ