« 7か月ぶりの二子山 | トップページ | 晩秋の甲府幕岩 »

2年ぶりの御岳ボルダー

2013.11.10(日)
 前日二子山で登ってから移動してきた御岳ボルダー。夜のうちに少し雨に降られて路面は濡れてしまっている。朝6時過ぎ、まずは空身で忍者返しの岩を見に行く。トンネルを抜けて岩場に下りる遊歩道入口に着くと、あたりの樹木がさっぱりと伐採されていた。
 忍者返しの岩に着くと、朝早いし雨後だし、この日の天気予報も午後から雨らしいので誰もいなかった。岩は湿気っぽいけれど、それなりに乾いているので、登ってみることにした。駐車場に戻ってマットやシューズを運ぶ。

Pb100008
(↑忍者返しの岩。背後の樹林が伐採され、さっぱり)

 御岳ボルダーに来るのは2年ぶりだ。
 2008年の秋から翌年春ごろまでの約半年間、毎週のように御岳に通っていた時期があり、そのおかげで少しだけボルダリングの力がついて、フィロソフィー (初段、小川山・哲学岩)が登れたりした。
 その後、2009年6月末の小川山でのボルダリング中の左足首骨折を経て、その年の秋以降から現在至るまで、ずっとルート主体のクライミングをしているので、ボルダリングからはすっかり足が遠のいてしまった。

 ということで、「子供返し」初段に触ってみる。スタート体勢から遠い右上をキャッチするのが核心の実質一手の課題で、以前はアップ替わりに取り付いて、その一手がほぼ取れたものだが、この日久しぶりにやってみるとこれが取れない。何度かやってみるが、ホールドに指先が振れるのがせいぜい。マズい、ボルダリングの力は落ちているらしい。
 気分を変えるために、となりの「忍者返し」1級に触ってみることに。スタートホールドから左手、さらに右手を一手甘いホールドに中継しながらさらに遠いホールドに出すのだが、これができない。甘い中継ホールドからの一手が出せない。これも何度かやってみたものの結局ダメだった。
 沈んだ気分のまま、マミ岩に逃げる。左側のガタガタした4級を登れたくらい。ホールドの乏しい右側の3級は立ち込めず。落ちてつまらないケガをしたくないという心理的なものもあろうが、要は力が足りないのだ。

Pb100011_2
(↑マミ岩)

 わずか1時間ほどしか滞在しなかったけれど、8時前には帰ることにする。この日は午後から所属山岳会の年1回の総会があり、それに出席するためだ。
 総会では、今年一年の反省や来年の活動方針のほか、いろいろな役職決めなどを行った。とにかくクライミングや登山だけをやっていたい私としては、組織のこういう事務的な仕事にはまるで関心はないのだけれど、まるきり何もしないのも何なので、下山連絡を受ける担当に名前を連ねておいた。

« 7か月ぶりの二子山 | トップページ | 晩秋の甲府幕岩 »

ボルダリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/53904085

この記事へのトラックバック一覧です: 2年ぶりの御岳ボルダー:

« 7か月ぶりの二子山 | トップページ | 晩秋の甲府幕岩 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ