« 2年ぶりの御岳ボルダー | トップページ | 「ア・ラ・ポテト」5.13a RP 甲府幕岩 »

晩秋の甲府幕岩

2013.11.16(土)~17(日)
 今秋3回目の甲府幕岩。
 ずっとトライしている「ア・ラ・ポテト」5.13a。結果を先に言うと、今回も登れず…。
 2日間で6便出して、全て1テン。ヨレてくると5ピン目上方のカチを取るのが限りなく遠いなあ…。

■11/16(土)
 金曜日の夜のうちに東京を発ち、山梨県内にある某山荘でT沢さんに合流。先々週、山荘に到着した夜は夜更かししてしまい、翌日は眠くて仕方なかったので、この日は遅くならないうちに横になる。

 土曜日朝、外を見ると八ヶ岳も甲斐駒もきれいに眺められる。

Pb160001

(↑11/16朝の八ヶ岳)
Pb160002
(↑11/16朝の甲斐駒)

 Tっちーさん、K田さんと合流してから甲府幕岩へ向かう。前夜に塩川ダムに泊まったというTっちーさんの話で、林道の路面が凍結している可能性があるので、私の車でなく、すでにスタッドレスタイヤに履き替えたT沢さんの車で行った。途中、日陰のところではやはり凍ったところがあり、ノーマルタイヤでは相当慎重に運転しないといけなさそう。スタッドレスでも滑る時は滑ることは、昨秋私が経験済み。
 さて、9時過ぎに岩場の駐車スペースに着くと、すでに多くの車で埋まっていた。K野さんとも合流。
 この日も翌日も快晴に恵まれ、先々週よりも暖かいくらいだった。先々週は紅葉していた葉っぱも多くが散っていて、岩に陽がよく当たるようになり、その蓄熱もあるのかもしれない。
 K野さんと一緒に、動物がイッパイ5.10bでアップ。カチ持ちでいきなり指がヨレてしまった。

○「ア・ラ・ポテト」5.13a(通算44~46便目) ×
 昨秋もトライしていたKータローさんもこの日来ていて、すでにヌンチャクがかかっている。
 冒頭にも書いたように、この日出した3便はいずれも1テン。
 1便目は、4ピン目付近のスローパーへの立ち込みで身体が上げられないという有り様でテンション。
 2便目は、左上ガバを取り、頭上四角ホールドのアンダー取りができたものの、5ピン目のクリップでバランスを崩し、まさかの手繰り落ち。
 3便目は、5ピン目クリップ後、右足キョンから遠いカチに伸び上がる際に、ヨレて身体をぐいっと上げられずフォール。
 ということで、1便ごとに到達高度は少しずつ上がったのだが、結局RPに至らず。
 ムーブそのものは前回までに修正したりしてほぼ固まったいるものの、途中レストできるところが乏しく、下から繋げてくると、5ピン目付近でいよいよヨレてきてしまい、右足キョンから遠いカチを取りに行くムーブで身体を引き上げられなくなってしまうのがパターンになりつつある。

 K野さんは山椒王国エリアの「風になれ」5.13aをトライしていて、私もそのビレイのためにアラポテと山椒王国の間を3回往復した。
 先々週も混雑していたけれど、この日も混んでいて、途中あちこちのルートに人が取り付いていた。山椒王国は特に人が多く、「レラ」5.12dとか「スモーキーマウンテン」5.12c、「鉄の爪」5.12b/cとかに軒並みヌンチャクがかかっていた。
 風になれをトライしているK野さんは、1テンまで持ち込んでいるそうで、ハング部分のリップを左にたどる際に、両足ブラになる豪快なムーブだった。同じ5.13aでもアラポテトはまるで違う感じのルートだ。私も以前少しだけ触ったことがあるけれど、ハングの入口から先は何もできなかった記憶がある。

 最後にコジマン5.11aを登る。4回目の今回も落ちずに登れた。
 MねさんもH野さんとともに来ていた。先々週、フォールした際に足を痛めたと言ってみたのだが、診察したところ踵の骨にヒビが入っていたそうだ。しばらくギプスで固定していたそうだが、それにもかかわらずこうして岩場に来たとのこと。
 K田さんとTっちーさんが暗くなるまで登っているのを待って撤収。某スーパーで鍋料理の材料やお酒を買い出ししてから山荘に帰る。今夜は5人でテーブルを囲んで鍋をつつく。K野さんが持ってきた日本酒が美味しくて、つい飲み過ぎてしまう。ほどほどにしないと明日にひびく。が、お酒が入るとトロトロと眠くなってしまう私は睡魔に勝てず先に横になる。

■11/17(日)
 この日も快晴だ。山々がくっきりと眺められる。この日は小川山で登るというTっちーさんは早めに山荘を出て行った。

Pb170004_4
(↑11/17朝の八ヶ岳)
Pb170005
(↑11/17朝の甲斐駒)

 甲府幕岩の駐車場は前日よりは空いていた。まずは「木の実がイッパイ」5.10cと「わささび」5.10bでアップ。

○「ア・ラ・ポテト」5.13a(通算47~49便目) ×
 この日トライした3便もいずれも1テン。前日からさらにムーブは自動化されつつあり、5ピン目のクリップまではこなせた。
 この日1便目では、右足キョンから遠いカチに手を出す以前に中継の右カチでもたつき力尽きてしまった。
 2便目、3便目では、前日の3便目と全く同じで、右足キョンから遠いカチに身体を踏み出せない。こうも同じところで落ちてばかりいると、そのセクションにさしかかった時すでに「また落ちるのでは?」と思ってしまい、精神的に落ち癖が付いているのではないかという疑問が首をもたげてきた。
 気が付けば通算49便も出している。昨春登った二子山の「任侠道」5.12dも苦労してけれど、48便だったので、すでにその便数を超えてしまった。今春登った自身初5.13aであるやはり二子山の「振り返るな」にしても37便だったので、同じ5.13aでもアラポテのほうが難しいかも?? うーむ。

 そんな私の有り様だけれど、前日もアラポテをトライしていたMYG野さん(名前違っていたらごめんなさい)がこの日の1便目で見事レッドポイント。おめでとうございます~。
 前日は山椒王国にいたGIDさんもこの日はアラポテをトライ。T沢さんも2便出していた。
 風になれをやっているK野さんは気迫のトライだったのが、ハングのリップから右手を2手出すところでその2手目が取れず惜しくもフォール。渾身のトライを見せてもらった私だけれど、このルートをいつかやるとなると相当に厳しそうだ。私が所属している山岳会の人達も土日で来ていて、銘々のルートにがんばっていたらしい。
 最後に「ワイルドトットちゃん」5.10b/cを登って、この日は終了。
1テンまで持ち込んでから随分とトライしているけれど、こうもRPに至らないとさすがに気持ちがヘコんできそうだ。力が足りないと言えばそれまでだけれど。うーむ、またガンバらないと。

 K野さん、K田さんと解散し、T沢さんと山荘に帰る。中央道は渋滞がヒドいだろうからと、しばらく山荘で過ごすことにしたのだが、T沢さんとあれこれ話すうちに22時半になってしまった。やば、早く帰らないと。中央道から東京を目指すも、夜遅いので談合坂SAで車中泊し、翌月曜日の早朝に帰宅。私の車も冬タイヤに履き替えることにしよう。

« 2年ぶりの御岳ボルダー | トップページ | 「ア・ラ・ポテト」5.13a RP 甲府幕岩 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/53979781

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の甲府幕岩:

« 2年ぶりの御岳ボルダー | トップページ | 「ア・ラ・ポテト」5.13a RP 甲府幕岩 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ