« 南アルプス 甲斐駒ケ岳 坊主ノ沢 アイスクライミング | トップページ | 甥っ子・姪っ子と高尾山~城山ハイキング »

城ヶ崎でクラッククライミング オーシャン、日蓮崎、漁り火

2013.12.21(土)~22(日)
 1年ぶりに伊豆・城ヶ崎に行った。
 城ヶ崎は、シーサイドに何度か訪れて「アイロンヘッド」5.12aを登ったほかは、クラックルートではファミリーに数回とあかねの浜に一度行ったことがあるだけだ。
 今回のメンバーは、所属山岳会のK田さん、S藤さん夫妻、私の4人。初日はオーシャンと日蓮崎、2日目は漁り火ロックエリアで登った。

■12/21(土)
 早朝、K田さんとS藤D介さんと待ち合わせ、私の車で一路城ヶ崎海岸を目指す。S藤M美さんは所用のためこの日の夜から合流する予定。
 私は城ヶ崎でのクラックはファミリーとあかねの浜にしか行ったことがないので、今回は他のエリアの場所を知ることも目的だ。
○オーシャン
 この日はオーシャンでアップしてから日蓮崎に行くことにした。駐車場から海に出たところは、いがいがねという場所で海が見渡せて伊豆大島も眺められる。
 そこから北に少し歩くとオーシャンがある。ほとんどのルートの取付きが海面上らしく、アップで「カラス」5.9+と「ボクサー」5.10aを登った。
 カラスは、私がカムをセットしながらリードして登った。そのままトップロープを張る。右側にあるボクサーはフィストサイズのクラックで、トップロープTrで登る。ぴったりフィストジャムをきめながら登るのがなかなか面白い。

Pc21041359
(↑カラス5.9+を登るK田さん)

○日蓮崎
 荷物をまとめて、さらに北に歩いたところにある日蓮崎に移動する。先客の2パーティー4人が登っていた。ここには左から「イブ」5.10d、「インディアンドール」5.10d、「スーパーシリアスジャム」5.10cの3つの短いルートがある。
 まずは、私がイブをテンションしながらリードしてトップロープを張る。トップロープを張る際は、支点からだけでなく、左上のクラックにでぃれくしょんを取ったほうが良いだろう。
 そうしてイブをトップロープでトライし、Trの2便目で何とかノーテンで登れた。でもカムをきめながらリードするのは難しそう。
 続いて、インディアンドールをTrでトライ。出だしの左上クラックの中が湿気っているせいもあるが、前半がちょっと難しい。
 スーパーシリアスジャムもTrでやってみた。これは1回目でノーテンで登れた。ほかの5.10dよりもこのルートのほうが難しいと言う人もいたけれど、3つとも触ってみた感じでは、やはりこれを5.10cとすると隣りのルートは5.10dだけあってもう少し難しく感じる。
 インディアンドールはTrであと2回触ってみたけれど、結局ノーテンでは登れず。
 この日は都合9便も出して疲れたけれど、滅多にやらないクラックをトライできて、良いトレーニングになった。天気は陽が当っていると暑いくらいで、先週行った寒い甲斐駒と比べると別世界だ。トップロープを貸していただいた他パーティーの方、ありがとうございました。

Pc210421510
(↑日蓮崎のようす)

 今夜は伊東市内にあるK’s House伊東温泉というゲストハウスに宿泊した。重要文化財に指定されている大きな和風の建物を改装したような施設で、古い作りを活かしながらも、共同のキッチンやトイレ、浴場を新しく改修したらしくなかなか良い感じだ。外国人観光客の利用も多いよう。お風呂は柚子湯だった。
 宿は街中にあるので、歩いて食べに行ける。仕事を終えて電車でやって来たS藤M美さんと合流して4人で夕食へ。K田さん達がおススメする鑫源(しんげん)という台湾料理屋へ。鑫の字は、金が3つ重なった漢字。一皿ごとにそれなりにボリュームがある。ちょっと値段が高めのアオキという食品スーパーで買い物をしてから宿に戻る。

Pc210425
(↑台湾料理店・鑫源(しんげん))

Pc220431
(↑K’s House伊東温泉)



■12/22(日)
 冬至。共同キッチンで朝食を作ったり、朝市を覗いたりしながらゆっくり出発。この日は漁り火ロックに向かう。富戸(ふと)というところにあるらしい。私はここも行くのが初めてだ。
 道路沿いの駐車スペースに車を停め、海沿いの住宅地の中を歩いて岩場へ。K島さんやH原さんが来ていた。有笠山で登る際に寄った岩櫃城温泉で会った以来数年ぶりに会った。K島さん達に限らず、この年末年始、クラッククライマーはある岩場に大勢集まるようだ。
 まずは「ジャムウェーブ」5.9を私がリードしてTrを張る。
 このルートのカムを回収する際に、下部で0.75番のキャメががっちりハマってしまって回収できなくなってしまった。K田さんもナッツキーとハンマーを使って試みるも外れない。あとでK田さんの知り合いのAni○さんという人がやって来て、回収をお願いしたら、ナッツキーをあてがってハンマーでコンコンと叩いたらあっさり外れた。あれだけ皆でやってみても外れなかったものを簡単に外してしまうとはすごい。無暗にハンマーで叩くのではなく、まずは手を差し込んでカム周辺のクラックの最も幅の広いを確かめて、予めカムをたたいて動かす方向を決めておくそうだ。ハマったカムの改修にもムーブがあるのだなあ。
 そんなこともあったけれど、「フットアップ・ルーフ」5.10aもリードしてTrを張る。あとはK島さんのTrを借りて、「イサリビクラック・ライト」5.10cは1回で、「イサリビクラック・レフト」5.10dは序盤でテンションした2回目で、「ヒマラヤ帰り」5.8は1回で登れた。
 前日ほどは便数は出さなかったけれど、いろいろなクラックルートに触れて良かった。

Pc220434
(↑漁り火ロック)

Pc220438
(↑伊豆大島)

 帰り道に伊東にある回転寿司屋「はま寿司」で夕食。厚木で少し渋滞したけれどメンバーを送って順調に帰宅できた。

 さて、早いもので2013年も年の瀬。今年はあちこちたくさん出かけた。海外ツアーはスペイン、韓国、中国と3回行った。残雪期の山も行ったし、沢登りも結構行った。東北に2回、南紀にも1回と遠乗りしたし。フリークライミングでは、グレード更新となる5.13aのルートを2つ登った。

« 南アルプス 甲斐駒ケ岳 坊主ノ沢 アイスクライミング | トップページ | 甥っ子・姪っ子と高尾山~城山ハイキング »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/54374060

この記事へのトラックバック一覧です: 城ヶ崎でクラッククライミング オーシャン、日蓮崎、漁り火:

« 南アルプス 甲斐駒ケ岳 坊主ノ沢 アイスクライミング | トップページ | 甥っ子・姪っ子と高尾山~城山ハイキング »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ