« 城ヶ崎でクラッククライミング オーシャン、日蓮崎、漁り火 | トップページ | 四国・大堂海岸 クライミングツアー1 (1・2日目)モンキーエリア »

甥っ子・姪っ子と高尾山~城山ハイキング

2013.12.23(月)
 天皇誕生日。甥っ子、姪っ子を連れて高尾山へ行ってきた。
 一昨年に高尾山、奥武蔵の物見山・日和田山、信州・霧ヶ峰と2人を山に連れて行ったものだが、その後すっかりごぶさたして、今年2月に奥武蔵・伊豆ヶ岳に連れて行った。それ以来なので10か月ぶりだ。
 計画したコースは、京王高尾山口駅~薬王院~高尾山~城山~相模湖~JR相模湖駅。甥っ子達は高尾山山頂から先を歩くのは初めてだ。
 甥っ子は小学6年生、姪っ子は4年生。2人は特に何か登山装備を持っているわけではないので、少なくとも帽子や手袋を含む防寒着を用意させた。あとは、お弁当に飲み物、おやつ。私は、お湯を沸かせるようにガスやコッヘルを持って行く。

 朝、甥っ子達の家に行き、車で中央線の駅まで送ってもらう。京王線に乗り換えて京王高尾山口駅へ。我々のほかにも高尾山を登るらしい登山客がたくさんいる。以前にも甥っ子達と歩いたコースを選ぶ。琵琶滝から急登の山道になり、途中小休憩を挟みながらロープウェイ山頂駅側の広場に到着。ベンチでお湯を沸かして、カップワンタンなどを食べる。この日の天気は曇りで陽射しが無かったけれど、遠く都心が望め、スカイツリーも眺められた。

Pc230452

Pc230456

 薬王院でお参りしたり、おみくじを引いたりしながらのんびりと歩いて行く。高尾山の山頂には、最近の山ブームで登山を始めたような派手めな服装の人達も大勢いた。積雪の丹沢山塊北面も見える。お湯を沸かして抹茶オレを飲んだり、ビジターセンターを見学してみたりと、ここでものんびりと過ごす。ここからは一丁平を経て城山を目指すのだが、数日前の東京での雨がここでは雪だったようで、それが融けたせいか道がヌカるんでいて靴もズボンも泥だらけになる。

Pc230462

 高尾山山頂からいくらも歩かないもみじ平の茶屋で姪っ子がおでんを食べたいというので、ここでもゆっくり休憩。一丁平を経て城山に着くと、ここでもおでんを食べたいというので再び休憩。持ってきたお弁当のおにぎりよりもおでんのほうが気に入ったようだ。

Pc230468

 城山からは陣馬山方面へと続くメインの縦走路から別れて、相模湖に向かう南西へのコースを下りる。ここからずっと人が少なくなる。ススキの穂を拾ったり、わずかに残った雪で雪玉を作ったりと、急ぐこともないのでゆっくりと歩いて行く。
 下り道が続くので、足の裏が痛くなってきたのか姪っ子の歩くペースが落ちる。比較的元気な甥っ子に姪っ子の荷物を持ってもらったりしながら歩いて行く。樹幹越しに下のほうに民家が見えてきた。中央自動車道も見える。

Pc230495

Pc230497

Pc230503

 国道を渡り、案内表示に従って相模川に架かる弁天橋を渡る手前で、ひっそりとした場所に老人と猫数匹がいた。クルミやキクラゲを売っていたので姪っ子がクルミを買った。焼いてあるようだ。疲れてきていた姪っ子も猫と遊んで少し元気を取り戻したかな。弁天橋を渡って坂道を登って再び住宅地に出る。途中、棒状に凍った氷を見つけてそれで遊ぶ。相模ダムに架かる橋を渡ると相模湖駅は近い。2人とも疲れてきていたので相模湖には寄らずそのまま駅へ。5分後に発車するという電車に乗った。

Pc230508

Pc230514

Pc230515

 曇り空でいささか寒い一日ではあったけれど、甥っ子も姪っ子も道中いろいろなモノを見つけたりしながら、それなりにほどよく疲れるハイキングができたようで良かった。

« 城ヶ崎でクラッククライミング オーシャン、日蓮崎、漁り火 | トップページ | 四国・大堂海岸 クライミングツアー1 (1・2日目)モンキーエリア »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/54374125

この記事へのトラックバック一覧です: 甥っ子・姪っ子と高尾山~城山ハイキング:

« 城ヶ崎でクラッククライミング オーシャン、日蓮崎、漁り火 | トップページ | 四国・大堂海岸 クライミングツアー1 (1・2日目)モンキーエリア »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ