« アメリカ ヨセミテ クライミングツアー06 ●06.24コネス山Mt.Conness 3,837m登山、06.25アフターシックスほか、06.26パットアンドジャック、06.27~29サンフランシスコ~帰国 | トップページ | 奥鬼怒 黒沢赤岩沢~魚沢(敗退) »

山形蔵王 馬見ヶ崎川・八方沢

2014.07.05(土)~06(日)
 蔵王にある八方(はっぽう)沢を遡行してきた。同行者が釜の渦に巻かれたり、至近距離で熊の親子に遭遇したり、私の装備が全て濡れてしまい濡れた服のままで眠れぬ寒い夜を耐えたりと、なかなかに大変な沢登りだった。
 同行者は所属山岳会のK寅さん。先月にも下越にある五頭山塊の沢へ一緒に行っている。
 当初行き先として計画していた東海地方の天気予報が芳しくないので、K寅さんの提案で東北のこの沢を選んだワケだが、晴れると期待していた土曜日は終日小雨模様。日曜日になってようやく晴れ間が出る天候だった。

 金曜日夜、ヨセミテツアーの疲れがいまだ身体にじっとりと残る私だが、K寅さんと待ち合わせ後、久しぶりの自車を運転して東北道経由で一路、山形蔵王ICを目指す。後半はK寅さんに運転を交替してもらい、日付が回った深夜1時半頃、蔵王ダムの脇の駐車スペースに到着。小雨が降る中、テントを張って寝る。

■07.05(土)
 7時起床。8時半頃に出発。柵を越えて草ぼうぼうの林道を歩いていく。翌日下山してくる尾根上にある登山道の入口を通り過ぎ、いつしか道が細くなると八方沢へと入渓する。

P7040002
(↑蔵王ダム)
P7040004
(↑林道入口のゲート)
P7040007
(↑翌日下山してくる登山道の入口)
P7040008
(↑入渓点にいるK寅さん)
P7050010
(↑入渓点に架かる吊り橋跡)
P7050012
(↑遡行するK寅さん。写真5枚)
P7050016

P7050017

P7050020

P7050022

★F1-5m通過
 腰上まで水に浸かったり、ほんの少し泳いだりして進んでいくと渦が巻いている釜のあるF1-5mが現れる。ここでは空身になってロープを結び私が行く。釜の右からへつって行く。右壁のホールドを伝いながら進むが水流に押し流されないように慎重に手を出していく。滝身近くになってハイステップで水中から脱出。そのまま流れ落ちる水の際を進んでいく。落ち口近くでは水の中に足を入れると意外とフリクションが効いたのでそのまま滝を突破。
続いて、私のザックを背負ってもらいK寅さんがフォローで釜に入る。が、釜の渦に飲まれて壁から離れてしまい、壁に戻れなくなってしまった。ロープを引っ張ってしまっては余計に渦の中に入ってしまうので、ロープは出し切る。何とか壁に戻ったK寅さんだが再び渦に巻かれてしまい、水面に長時間浮いたままとなる。かなり切羽詰った状態だ。私よりもずっと寒さに強いK寅さんだが、この水温にずっと浸かっているのは危険だし、とにかく渦から脱出しなければならない。
 そんな状態が15分かそれ以上続いていたかもしれないが、K寅さんが何とか釜の下流側に戻ることができた。滝上から見ていると、さすがのK寅さんも疲労が激しいようだ。相当身体が冷えたに違いない。あとで聞くと、背負ったザックが浮き輪替わりになったけれど、手指が冷えてしまい岩のホールドをつかむことができなくなっていたそうだ。
 K寅さんが釜から脱出したので、ザック2つを引き上げることにした。しかし、傾斜が寝ている滝なので、ロープでザックを引き寄せようにも流れ落ちる水の圧力のため、ロープがものすごく重い。そのまま引っ張ってしまっては力を弛めた隙に再びザックを流されてしまう。私はハーケンを2枚打ってセルフビレイを取ってから、頭上に見つけたクラックに手持ちのカムを皆突っ込んでロープを通した。さらにロープにマッシャーでスリングを結び引き寄せて弛んだロープが再び引っ張られないようにした。そうしておいてザックを一つずつ引き寄せたが、なかなかの重労働だ。なお、持参したロープは50m1本。
 K寅さんには声が何とか届いたので聞いてみると、滝を登れそうになく高巻きするというのでロープを解いてK寅さんに渡す。F1の先もちょっとしたトラバースがあるので、K寅さんが右岸から高巻いて懸垂下降2回で降りてくる間に2つのザックを上流側に運んでおく。K寅さんと合流して無事を労う。

P7050024f15m_2
(↑F1-5m)
P7050025f15m
(↑F1-5mを越える私。写真6枚。横向き写真あり)
P7050026

P7050027

P7050028

P7050030

P7050031

 このF1の突破で時間も労力も使ってしまったので、F2-8mはさっさと右から巻く。この沢の巻きでは大抵最後は懸垂下降をして沢床に戻った。F3-8mだったと思うが、滝の右側からへつって壁に取り付き越える。へつって行く際は、水中は岩がえぐれており足が届かないのでえぐれた岩にトゥフックして支えながら手をホールドに伸ばしていったりした。

P7050036

P7050038

P7050040f28m

P7050046
(↑先に荷物を引き上げる)
P7050047
(↑側壁をへつるK寅さん)
P7050048

P7050050f38
(↑F3-8m)

★熊との遭遇!
 沢筋がぐねぐねと結構左右に曲がって行くのだが、右に回ったところだったか、前を歩くK寅さんが突然ばたばたしだしたので、何?と聞くと、「クマックマッ」と言う。え?と思って左を向くと10mほど先の斜面を動く黒いものがいる。しかも2つ。熊だ。それも親子。こちらがあたふたしてる間に、熊は斜面をかけ登って見えなくなった。ちょっとドキドキものだ。ふう。襲ってこなくて良かった。K寅さんは熊と目が合い、「死んだ」と思ったと言う。こわ。先日、ヨセミテで熊を見かけたけれど、逃げ場のない沢の中でこれほどの至近距離で遭遇したのは初めてだ。
 なおも歩いていき、そろそろ今夜のビバーク地探しを始める。ところどころ寝られそうな場所がある。ある左岸の草むらの中に場所を見つけ、そこを今夜のビバーク地とした。翌朝、もう少し上流側に快適な場所を見つけたけれど仕方ない。
 ぼうぼうに生えた草を毟って、板状の石がたくさんあったので、床板のように敷き並べる。近くの立ち木にロープを渡して、タープを架けて今夜の寝床の出来上がり。

P7050051
(↑タープを張り終えた)

★装備が水没…
 さて、このあと私の悲劇が判明することになる。F1通過後、やたらと荷物が重くなったなと思っていたのだが、ザックから装備を出してみると、ダウンジャケットを含めすべての装備がビショビショに濡れており、愕然となった。買ったばかりのモンベルの防水袋に入れて、きっちり閉じたはずなのに。あの激流の突破時に水が入ったのは明白だが、それにしても防水を謳っているモンベル製品のあまりの頼りなさにさんざん悪態をつく。K寅さんが、カヌー用のこの防水バッグはいいですよ~とのこと。チェコのメーカーらしい。
 たっぷり水を吸ったダウンジャケットは脱水する前の洗濯物同様に重い固まりだ。寒さが苦手の私はダウンパンツも持ってきたのだが、これも同様。シュラフカバー、その他シャツやズボンといった着替えて寝るつもりだった服が全てビショビショ。その他の装備もとにかくすべてが水に浸かっている。
 小雨が降り続けていて、焚き火も熾せる状態ではなかった。これでは今来ている全身濡れた服を乾かすこともかなわない。今夜一晩、濡れた服のままで過ごせるだろうか。低体温症が心配になってきた。歩くのを終えると少しずつ体温が落ち着いて、寒さを感じてくる。ガタガタと身体が震えてくる。
 ガスバーナーを点けて夕食の調理を始める。夕食は私の担当。K寅さんに沢で水汲みとお米とぎをお願いしている間にナスやピーマンを切っておく。ご飯を炊いて、麻婆茄子を作る。ご飯を食べると少し落ち着いたけれど、濡れた服のままなので寒いことには変わりはない。
 うす暗くなってきて寝ることにしたのだが、やはり寝付けるものではなかった。K寅さんは寝息を立てているので結構快適に寝ているようだが、最初の1時間ほどは寝られた私は寒さから頻繁にトイレに立つことになる。夜中に濡れた服のままシュラフカバーに入って、出ることを何度繰り返したことだろうか。深夜になると気温がさらに下がってくる。風が吹いていないのがせめてもの救いだ。
 深夜2時頃、いよいよ寒さに耐えられなくなり、起き出してガスバーナーに火を点け暖を取る。重ね着した濡れた服を小さく灯した炎を上にかざして少しずつ乾かしていく。そんなこと1時間半くらいやっていた。薄手のシャツはそれなりに乾いてくれたが、厚手のシャツやタイツはそうそう乾いてくれない。明るくなるまで再びシュラフカバーに入って、明るくなってくれるのを待つ。ああ、ツラい…。

P7050053
(↑今夜の食事は麻婆茄子とご飯)

■07.06(日)
 明るくなった4時過ぎに私だけ先に起き出す。装備が全部濡れてしまったことが判明した昨夕は、無事に夜を越せるのかとも思ったが、何とか朝を迎えることができた。枝豆を茹でて食べる。それからK寅さんが用意してきたうどんを食べる。

P7060057
(↑朝食はうどん)

 本日の遡行開始。8m滝が現れたので右岸から高巻くと、滝の上流側に雪渓が残っているのを見下ろせた。そのままヤブ漕ぎを続けルンゼに出たところで懸垂下降し、さらにルンゼを下って雪渓の側面へ。雪渓はスノーブリッジになっている。10mほど下をくぐる。
 その後、大釜のある8m滝では、釜の左側から水に浸かって滝の左壁に取り付こうと試みたが、足が届かないほど深くなるし、壁の取付もキビしそうなので諦めて、これも高巻く。右俣出合に4m滝がかかる二俣では左俣へ。倒木が多い感じ。それにしても眠くて仕方がない。ヤブ漕ぎしていると頭がクラクラしてくる。昨夜はほとんど徹夜みたいなものなのだから当然だ。身体に堪える。

P70600638
(↑8m滝)
P70600648
(↑下を見ると雪渓が)
P7060066
(↑ルンゼから雪渓へ)
P7060071
(↑スノーブリッジをくぐるK寅さん)
P7060072

P7060083
(↑大釜を左側から行く私。でもここまで)
P7060085
(↑K寅さんもチャレンジするが)

 左に見える20m滝のすぐ先、15m滝は左岸から高巻いて登山道に出た記録があるが、我々は右岸に取り付いた。高巻きは出だしがちょっと悪くロープを出す。3ピッチ分私がリードしてヤブの中を上に登って行く。ヤブの中を登って行く最中、15m滝の上流にも2つほど大きな滝が見えた。参考にした遡行図には載っていない滝だ。遠目で見た限りだがキビしい直瀑のようだったので、沢床に戻らずにこのまま全て巻いてしまったよいだろう。ここまで結構時間もかかっているし。巻くというより、沢から離れ登山道を目指して登って行く。
3P目で岩場が現れ、その基部が平たんになっていたのでそれを滝と反対側の左へと回り込んでいくと、傾斜の緩んでいたのでここでロープを解く。あとは木が密になっていて手掛かりが豊富なので、大変ではあるがどんどん登って行くとひょっこりと登山道に出た。ここで私はアプローチシューズに履き替える。こうして無事遡行を終えられた。あとは下山だ。

P7060090
(↑奥の二俣。右奥が15m滝)
P7060091
(↑水流左側を登ろうと試みる私。しかし断念して手前から巻く)
P706010014
(↑登山道に出た)

 途中に鍋倉不動というお社がある登山道なのだが、今は整備の手が施されていないようで、倒木は多いし崩落しているところも多い。これでは訪れる登山者も限られるだろう。下り始めてしばらくは道が山をトラバースして行くので、次々に枝沢を横切って行く。やがて緩やかな下り坂を延々と下って行く。雨量計や鍋倉不動尊を過ぎて、昨日の朝通った林道に出て、車を停めたダムに至る。下山は2時間ほど。ああ、疲れた。

P7060105
(↑アオモリトドマツかな?)
P7060107
(↑鍋倉不動尊)
P7060111
(↑駐車場に帰着)

 車の前で荷物を解いていると、男性が話しかけてきた。熊に遭わなかったかと言う。昨日、沢の中で遭ったと言うと、その人は先ほど林道の橋のところで1頭の熊に遭ったという。東北は熊が多いのだな。
 車で街に降りる。東京に帰る前にまずは温泉に寄りたい。臥龍温泉保養センターへ。350円。それから、高速道路に乗る前に、源龍というラーメン屋に寄って、私はみそラーメン760円を食す。

P7060112
(↑臥龍温泉。写真横向き)
P7060113
(↑ラーメン玄龍。写真横向き)

 あとは山形道~東北道をひたすら走って東京を目指すだけだ。運転を交替しながら都内へ。日付が回ってからK寅さんの家へ。それから私の駐車場に着いたのは深夜1時半頃。家と駐車場が少し離れていていつも自転車で行き来しているのだが、こんな夜中に荷物を部屋に運ぶのも面倒なので朝まで車中泊することにした。
 月曜日の朝、ビショビショに濡れた荷物を部屋に運び込み、シャワーを浴びてから職場に出勤。3泊2日の山旅が終わった。ああ、眠い。K寅さん、お疲れさまでした。

« アメリカ ヨセミテ クライミングツアー06 ●06.24コネス山Mt.Conness 3,837m登山、06.25アフターシックスほか、06.26パットアンドジャック、06.27~29サンフランシスコ~帰国 | トップページ | 奥鬼怒 黒沢赤岩沢~魚沢(敗退) »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/56783003

この記事へのトラックバック一覧です: 山形蔵王 馬見ヶ崎川・八方沢:

« アメリカ ヨセミテ クライミングツアー06 ●06.24コネス山Mt.Conness 3,837m登山、06.25アフターシックスほか、06.26パットアンドジャック、06.27~29サンフランシスコ~帰国 | トップページ | 奥鬼怒 黒沢赤岩沢~魚沢(敗退) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ