« 奥鬼怒 黒沢赤岩沢~魚沢(敗退) | トップページ | 奥美濃 板取川・川浦谷 西ヶ洞~箱洞 »

西丹沢 東沢本棚沢

2014.07.21(月)
 西丹沢の東沢本棚沢に行ってきた。2年前にも遡行を試みた場所だが、その際はカル沢と思われる枝沢に誤って入ってしまい、本棚沢を登れなかった。

 海の日の3連休。当初は3日間かけて長い沢を遡行する計画だったのだが、天気予報が芳しくないため予定を変更して、月曜日に丹沢に行くことにした。同行者は所属山岳会のK寅さん。日曜日夜にK寅さんの車で出発し、西丹沢にある道の駅山北という小さな道の駅で車中泊。

 月曜日朝、西丹沢自然教室の駐車場に車を停め、身支度を整え出発。キャンプ場のある車道をしばらく先に進み、ツツジ新道に入る。ツツジ新道からゴーラ沢出合付近で入渓できるのだが、その先は堰堤が10個くらい続くので、そこをショートカットするため、新道を離れ地形図上の855m地点に向けて緩斜面を登って行く。855m地点を通過すると林道に出るので、それをしばらく歩いていくと、棚沢橋に至る。ここから入渓。

P7210002_2
(↑西丹沢自然教室)
P7210003_2
(↑キャンプ場)
P7210004_2
(↑ツツジ新道入口)
P7210005_2
(↑855m地点への緩斜面の登り)
P7210008_2
(↑タマゴタケ)
P7210016rs_2
(↑モンベル・サワートレッカーRS)
P7210017_2

 前回間違えたカル沢らしきところは気づかないうちに通過したようだ。もしかしたらその先のユイバシ沢に入ってしまったのかも。よく分らない。ユイバシ沢出合で水量がさらに減る。ユイバシ沢のほうが水量が多い。その先でF3-25m本棚が現れる。
 本棚では私がリード。水流の左側の壁を登るのだが、出だしの段状の乗り上がりも結構悪い。錆びたハーケンがランナウト気味に残っている。上に行くにつれて傾斜が少しずつ緩くはなるのだが、落ちたらハーケンが抜けてグラウンドフォールしかねず、まったく気が抜けない。今回新調した沢靴、モンベルのサワートレッカーRSのグリップ性能もよくまだ分らないし。ハーケンを摘まんだり踏んだりしながらも、あとはフリーで登って行く。落ち口付近では左岸側から垂れ下がっていた木の枝を掴んで越えた。滝上の岩でビレイを取る。フォローでK寅さんが続く。

P7210018f210m_2
(↑F2-10m滝は右岸から巻く)
P7210020f325m_2
(↑F3-25m本棚)
P7210021f325m_2
(↑F3-25m本棚をリードする私。写真横向き)
P7210026_2

P7210027_2

P7210030f410m_2
(↑F4-10m滝)

 小滝を越えて行くと、大岩のあるF6-20m滝が現れた。ここでは最初、乾いた大岩そのものを登ろうとしたけれど、残置ピンが遠いし、上に行くにつれてホールドがなくなり、やむなくクライムダウン。本当はこの大岩と左の垂壁の間のワルそうなルンゼを登れば良かったみたいだが、我々は大岩のずっと左の方にある斜面から巻くことにした。しかし、左に行き過ぎたようでルンゼをトラバースして沢筋に戻るのが相当に大変そうなことが分かり、このまま樹林帯を登って行くことにした。

P7210034f620_2
(↑F6-20m滝大岩)
P7210039_2
(↑F6-20m滝大岩の登攀を試みる私)

 傾斜の緩いところを選んでヤブ漕ぎしていくと踏み跡が現れてきた。当初は獣道かと思ったが、だんだんと明瞭になり、明らかに人が歩いている感じになってきた。ヤブの薄くなり、はっきり言ってとても歩きやすい。やがて登山道に出た。檜洞丸の北西側、標高1,500m付近だ。檜洞丸の山頂はすぐそこ。山頂がガスって視界はゼロ。登山者が数人いた。
 休憩後、ツツジ新道を下山。ゴーラ沢出合いを通過し、西丹沢自然教室に帰着。途中、ぶなの湯に寄って疲れた身体を癒す。東名道は大渋滞。厚木から先月開通したばかりの圏央道に入り中央道経由で帰宅。

P7210041_2
(↑登山道への登り)
P7210046_2
(↑檜洞丸山頂)
P7210047_2
(↑ぶなの湯)
P7210048pa770_2
(↑中央道・石川PA「東村山黒焼きそば定食」)

 今回、F3の本棚は登れたものの、大岩のあるF6以降はすべて巻いてしまったため、F7-45m涸棚も見ることができなかったのはちょっと残念。ということで、いささか中途半端な遡行となってしまった。

« 奥鬼怒 黒沢赤岩沢~魚沢(敗退) | トップページ | 奥美濃 板取川・川浦谷 西ヶ洞~箱洞 »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219264/56887350

この記事へのトラックバック一覧です: 西丹沢 東沢本棚沢:

« 奥鬼怒 黒沢赤岩沢~魚沢(敗退) | トップページ | 奥美濃 板取川・川浦谷 西ヶ洞~箱洞 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ