クライミングジム

クライミングジム通い(10~11月)

B-PUMP荻窪

2014.10.06()

 ジムに行くのはひと月ぶり。すっかりご無沙汰してしまった。

 久しぶりにオギパンに行くとG藤さんに会った。ブランクがあるそうだが、元々めちゃ強い人だからすぐに戻すだろう。かくいう私は、相変わらず万年3級ボルダラー。

 1階の道路に面する側がホールド替えされていて、少ないホールドでさっぱりしていた。

 

 

B-PUMP荻窪

2014.10.14()

 先週に続き、台風一過にオギパンへ。2階の前傾壁がホールド替えの最中だった。23級あたりをあれこれトライした。ここのところ外岩ではクラックを登る機会が多いので、フェイスの力を落とさないようにせめてこうしてジムに通わねば。

 

 

B-PUMP秋葉原

2014.10.28()

 ジムは2週間ぶり。アキパンは約1月半ぶり。そしてN川に会ったのは約3か月ぶり。

 どっかぶり壁の水色2級が10便近く出して登れた。バルジ状壁の2級は終了点ホールドに触れるまでは行けたけれど完登はできず。どちらも2級にしては易しめなんだろうけれど、出来としてはまずまずといったところ。

 

 

エナジー高田馬場

2014.10.30()

 馬場エナに行くのは2か月ぶり。緑色4級をいくつか登ったあと、紺色3級にトライ。

 馬場エナの3級は、パンプの3級よりはグレーディングがカラく感じる。パンプの2級と3級の間くらいかも。

 1撃できたものもあれば何便も出して落とせたものもあって、結局4つの課題を登ることができて、まずまずの成果。

 

 

エナジー高田馬場

2014.11.05()

 先週に続き馬場エナへ。130度壁にある紺色3級を3つ登ったあと、茶色2級にトライ。何度もトライして完登できた。成果としては先週よりも上出来だった。

 

 

アックス「X-DREAMCASSIN

2014.11.06()

四谷のデナリで、アイスクライミングで使うアックス・カシンのXドリームを買った。クォークは持っていたのだが、バーティカルなアイスとなるとキビしかったので。ノミックなどとも比較して、お店の人がいろいろとアドバイスしてくれた結果、このモデルを選んだ。

所属山岳会のH明さんもお店に来ていて、H明さんもいろいろなギアを注文していた。

X
(↑カシンXドリーム)

買い物を済ませたあと、近くにある定食屋バンビ四谷店で夕食。「昔ながらのドカン鉄板焼」730円を注文。名前からボリュームたっぷりなのかと想像したけれど、量は並み。

730
(↑昔ながらのドカン鉄板焼。写真横向き)

 

○キャメロット交換用ワイヤーキット

2014.11.10()

 キャメロット0.3番のワイヤーが切れてしまった。

 ロストアローのHPを見たら、キャメロット交換用ワイヤーキットというのがあると知り、自分で交換作業してみることにした。

登山用品店に注文してそのキットを取り寄せてもらい、この日作業した。といっても作業はごく簡単。ペンチは必要。

Img_0767
(↑このようにワイヤーが切れてしまった)
Img_0768
(↑交換用ワイヤーキット)
Img_0769
(↑キャメロットのサイズごとにワイヤーの長さも異なる。これは0.3番用)
Img_0770
(↑交換用ワイヤーは2本組。今回使用するのは1本のみ。)
Img_0771
(↑まず古いワイヤーを引き抜くため、切れていない側の歯につながるワイヤーを切る)
Img_0772
(↑ワイヤーがトリガーの裏側の爪にかけてある部分を外して、古いワイヤーを取り除く。カムの穴に残る針金状も取り除く)
Img_0773
(↑新しいワイヤーをこのようにトリガーの穴に通す)
Img_0774
(↑トリガーの裏にある爪にかける)
Img_0776
(↑針金状の先っぽは予め鉤形になっているので、カムの穴に通す)
Img_0777
(↑穴に通した針金の先端を折り曲げる。これで作業完了)

さらに、クライミングシューズのベルクロを通す金具部分を補修した。クラックで使っているスポルティバのカタナが、ここのところの瑞牆通いでどんどん傷んでいく。

バーチでも修理してくれるのだがお金もかかるし、これくらいは自分で直さないと。

ということで、針と糸で金具を留めている部分をグルグルと縫い付けて補強した。

さて、ここからは先日瑞牆に一緒に行った静岡県のS木さんのアドバイスなのだが、縫ったところを接着剤で固めておくと良いとのこと。

Img_0778
(↑こんなふうに糸で縫って接着剤で固めてみた)

クライミングジム通い(8~9月)

■エナジー高田馬場
2014.08.13(水)
 約4か月ぶりに馬場エナへ。緑色4級はだいたい1撃か、あるいは2便目で登れた。紺色3級は130°壁の2課題を含め3本登れたので、まずまずの出来かな。一昨日クエールでも登ったので今週は平日2回ジムに行ったし、少しずつフリーの力を戻しているところ。

■B-PUMP荻窪
2014.08.21(木)
 半月ぶりのオギパン。いつ替わったのか知らないが、1階奥の壁の一部がホールド替えされてた。一昨日、所属山岳会メンバーの捜索関連で北ア太郎平に行ったこともあり、ここ数日は寝不足気味で疲れているのだが、そこそこ登った。とはいえ白色3級がいくつか登れたくらいだけど。

○献血
2014.08.22(金)
 今年1月以来の献血。職場に赤十字の献血が巡回に来たので400㎖献血をしてきた。これまで献血は40回超やっていると思う。こうしてたまに血を抜くのも良いもの。

■クライミングジム・ドラセナ
2014.08.26(火)
 板橋区にあるジム・ドラセナに行ってきた。板橋区立小豆沢(あずさわ)体育館の向かいにあるこじんまりとしたジムだ。
 会員登録を済ませさっそく登る。ごく易しい課題でアップをしてから、緑色4級をやってみるとこれが結構難しい。1撃できるのもあるけれど、これが4級かと思うほどキビしいのも。
 その後、茶色3級をやってみると、もちろんさらに難しい。それでもしつこくトライしていると、登れるようになって3級も3つほど登ることができた。バスの時刻の関係でヨレヨレになるほどまでは登っていられなかったけれど、ウィークリー課題もあるし、課題の内容もひとひねりしたものもあって、それなりに良かったと思う。

■エナジー高田馬場
2014.08.28(木)
 カモシカスポーツへの買い物ついでに、半月前にも行った馬場エナへ。紺色3級がいくつか登れたあと、茶色2級にもトライ。130°壁にある茶色課題は結局落とせなかったけれど、R壁にある茶色課題が登れた。出だしで斜めランジでガバに飛びつく課題なので、これさえできればよいのだが、ずいぶん久しぶりに2級課題が登れたのは良かった。

■ベースキャンプ
2014.09.07(日)
 雨で岩場に行く予定が中止になり、代わりに所属山岳会のF田さん・I田さんとベースキャンプへ。ベーキャンに行くのは3ヶ月ぶり。前日に北海道から帰って来たのだが、その疲れがまだ残っている感じだったが、どっかぶりのルートなどあれこれ登った。この1年で増えてしまった体重を頑張って落とさないと、前のようなグレードは登れないなあ。

■B-PUMP秋葉原
2014.09.09(火)
 7月下旬以来のアキパンに行くと、ずいぶんとホールド替えされていた。白色3級をいくつか登ったあと、水色2級にトライするも格段に難しくなって歯が立たず。再び3級を登りまくって、2階にある3級課題は2つを残して他は皆登った。
 ここのところ、少しずつ登る量は増えてきているものの、グレードは落ちはしないものの上がりもしないという、いつもの感じかな。

○映画「クライマー パタゴニアの彼方へ」
2104.09.16(火)
 連休に行った水無川真沢でヒドく疲れたのでさっさと帰宅して寝たかったけれど、映画を観に新宿ピカデリーへ。
 デビッド・ラマがセロトーレをフリーで登るというドキュメンタリー。
 ヘリからの空撮がすごい高度感。ヘリが旋回しながら撮る映像で、背後の景色がぐるぐる回るものだからちょっと酔った。

Photo

クライミングジム通い(7~8月)

■B-PUMP秋葉原
2014.07.08(火)
 ヨセミテツアーとその前後はジムに行かなかったので、先月3日以来ひと月ぶりのジムとなった。ここのところフェイスのクライミングもすっかり遠ざかってしまったので力は落ちるばかりだ。
 いまだヨセミテの余韻に浸っていたのに加え、先の週末の蔵王での沢登りでくたくたに疲れたのとで、すっかりサボっているジムもさらにサボろうかと思っていた。
 ところが昨日、クライミングツアーのお誘いがあり、即行くと返事。
 返事をしたものの、こうなったらジムに行って鍛え直さねば。

 3か月ぶりのアキパンはホールド替えが結構進んでいた。白色3級ばかりトライして、1撃できたものもあるが、何度やってもダメなものもあり、グレーディングが以前よりカラくなったというより単に自分の力が落ちただけなのだろう。手のひらが痛くなるのも早いし。2時間ほど登っただけで引き上げたけれど、まあ今回はこんなものでいいか。これからはまたコンスタントにジムに通いたいけれど、今週は台風が来るからつぎは来週かな。

■B-PUMP荻窪
2014.07.14(月)
 約2か月ぶりのオギパンに行くと、当然ながら結構ホールドが替わっていた。すっかりクライミングの力が落ちてしまったので、当面は力を戻すのが目的だ。白色3級を中心に登ったけれど、紺色4級でもかなりてこずったりして、これはまたこつこつとジムに通わなければと痛感した次第。

■B-PUMP荻窪
2014.07.16(水)
 一昨日、力の落ちぶりを痛感し、中一日で今日もオギパンへ。白色3級ばかりトライしたけれど、一昨日よりはずっと身体が動いてくれたので、先日登れなかった課題も登れた。しばらくは3級にトライしつつ、そのうち水色2級にも手を出そうかな。

■B-PUMP荻窪
2014.07.18(金)
 月水金と今週は3回もジムへ。なんて勤勉なんだ。
 ずっとサボっていたジムを急に通いだしたものだからか、背中を少し痛めてしまったけれど、前々回、前回よりも登れるようになってきた。それでも白色3級が何とかイケる程度なんだけど。

■PUMP2
2014.07.19(土)
 月水金と3回もオギパンに行ったうえに、前日の疲れが残っている身体を押して土曜日のこの日はパン2へ。パン2の常連である所属山岳会のT塚さんと待ち合わせて数時間登った。ルート壁を登る前に一人でボルダリングをやっていたせいもあって、ルート壁ではとにかく易しいグレードしかまともに登れず。それだって何本も登っているうちにいよいよ前腕がヨレてきてテンションしまくる始末。
 ところで、私がパン2に来るのは2年ぶり2回目。前回初めて来たのは、西丹沢の中川川悪沢を遡行した帰りに寄った一昨年7月3日のことだ。
 まあ、今週は4回もジムに行ったので、行ってもせいぜい週1~2回だった私としては、ここのところサボってすっかり落ちてしまったクライミングの力を取り戻すきっかけにはなったかな。

○映画「ビヨンド・ザ・エッジ」
2014.07.22(火)
 映画「ビヨンド・ザ・エッジ」を観てきた。1953年のエベレスト初登頂のお話し。静止画の場面が多かったけれど、3Dの映像はきれいで迫力があった。

1


■B-PUMP秋葉原
2014.07.23(水)
 2週間ぶりにアキパンに行くと、3ヶ月ぶりくらいにN川に会った。なぜかあっさり1撃できた水色2級もあったけれど、今のところは白色3級が自分にはちょうどいいところ。力をつけてもっと2級を落とせるようにならないと。

■B-PUMP荻窪
2014.08.05(火)
 先週は北アの笠に出かけていたこともありジムをサボったので、2週間ぶりのジム行き。しかし、結果はボロボロ。
 この1週間ほどで川浦谷(カオレダニ)、北ア笠ヶ岳、北ア錫杖岳と3回も岐阜県まで通ったうえに、あとの2回は体力的にも非常に疲れたものだった。
 その疲れがいまだに残っているのだろうが、とにかく登れずせいぜい紺色4級を何とか登れるかといった始末。時間も短めで切り上げた。
 齢をとるにつれて疲労回復に時間がかかるのだなあと改めて感じる次第。

○ゴーヤチャンプルー
2014.08.07(木)
 普段まるで料理を作っていないヤツと勝手に思われている…かどうかは知らないけれど、久しぶりにゴーヤチャンプルーを作ったので写真を撮っておいた。我ながら美味しくできたかな。外食のと比べてそれほど遜色ない味では?
 切ったゴーヤを塩揉みするのもそうだけど、ポイントは木綿豆腐の水分をしっかり切っておくことかな。

Photo


■PUMP2
2014.08.09(土)
 3週間前にも行ったパン2へ。所属山岳会のT塚さんと待ち合わせて登った。今回もボルダリングをひとしきりやった後ルート壁をやったせいもあるけれど、あっという間に前腕がパンプしてしまって、ごく易しいのしかまともに登れない。まあ、筋トレにはなったから良いかな。

■クエールクライミングジム
2014.08.11(月)
 今春オープンしたジムに2か月半ぶり2回目の訪問。4級課題は1撃できたけれど、3級となるとぐんと難しくなる。先月ホールド替えしたという120°壁の3級課題は皆トライしてみて、橙・緑・水・黒色の4つの課題は登れたけれど、そのほかは落とせず。それでも、サボっていたジムでも少しは復調してきたかな。

クライミングジム通い(5~6月)

○冬夏タイヤ交換

2014.05.07()

 イエローハットに行って、冬タイヤから夏タイヤに履き替えてきた。GWの白馬岳の山行から帰ったら替えようと思っていたけれど、猿倉に至るまで雪の上を走るなんてことはなかった。でも、昨年のGWでは新穂高に行くまでに雪が降る中、すでに夏用に履き替えてしまったタイヤで怖々運転したこともあったことを考えると、用心にしておくに越したことはない。

 

 

○エンジンオイル交換

2014.05.09()

 日産ディーラーに行って、エンジンオイルとエレメントを交換してもらった。前回昨年10月の交換から結構な距離を走ったけれど、オイルってどのくらい劣化して、それがどのくらいエンジンや走行に影響を与えるものか、よく分からない。交換の目安として推奨されている走行距離5,000㎞程度では、けっこう頻繁に替える必要があり面倒なので、もっともっと乗ってから替えているのは確かだけれど。

 

 

ベースキャンプ

2014.05.12()

 3月上旬以来のベーキャン。この日は勤務先のY口さんを誘って行った。Y口さんは空手をやっているそうで、ずいぶん以前に2度ほどクライミングジムで登ったことがあるという。

 そこで、この日はボルダリングを少しやってから、ハーネスを付けてもらい、ロープの結び方から。トップロープでの登り方、ビレイの仕方、さらにリードでの登り方、ビレイの仕方とひと通りやってもらった。

 こうしたことを一から人に教えるなんて、振り返ってみれば一度もなかったことだけれど、こうして言葉にしながら教えてみると、普段何気なくやっていることを自分自身でも再認識させられる。

 そんなワケで、がんがん登るというワケにはいかなかったので、それほど疲れることはなかったけれど、週末の瑞牆でヨレた体にはちょうどよかったかも。

 

 

○シューズリソール

2014.05.13()

 ひと月前にバーチへリソールに出していたクライミングシューズが宅配便で戻ってきた。今回、ずいぶん古いものも含め3足をリソールした。

2足持っているスポルティバ・ソリューションのうち古いほう、スカルパのインスティンクト・レースアップ、本チャン用に履いてる緩めサイズの5.10のスパイヤー。

スパイヤーなんてリソールする必要あるのって感じなのだが、モノの値段が上がるばかりの昨今、リソールも高いけれど新調するよりは安いので。

 

 

B-PUMP荻窪

2014.05.20()

 先週のベーキャンではビレイの仕方などを人に教えたりしてあまり登らなかったので、ジムで撃ち込むように登ったのはひと月ぶりだ。すっかり力が落ちているのが分かる。身体が重い。それでも何とか白色3級をいくつか登った。またコンスタントにジムに通って、力を戻さないと。

 

 

■ベースキャンプ

2014.05.22()

 職場で定期健康診断を受けた。夜はベーキャンへ。リソールしたきつきつサイズのソリューションを履いたおかげか、身体が重い感じの割には、ボルダー壁の茶色3級課題が2つほど登れた。

 N野さんが来てからはルート壁を登る。5.11ⅾを続けて2本オンサイトできたりとまずまずの調子。クラックも何便か練習。最後はヨレヨレで5.11aも登れなくなったけれど、よいトレーニングになった。

 

 

■ベースキャンプ

2014.05.27()

 ボルダー壁をしばらく登って、YT川さんが来てからはルート壁を登る。この日はミニコンペが行われていて混雑気味。すると、以前一時期在籍していた山岳会のIS見くんという若者に会った。会うのは2年ぶり以上だろうか。彼が登っている姿を見ると、前よりもずっと強くなっている感じだ。若者は伸び方がすごい。

 私も負けじとあれこれ頑張ってトライ。コンペ課題の一つ、凹角の丸いハリボテなどを使うルートはなかなか面白かった。ハリボテに背中を預けたりと、ここのところ少しやっているワイドクラックに通じるムーブがあって、ノーテンで登れた。

 

 

■クエール・クライミングジム

2104.05.29()

 先月、練馬区内にオープンしたクエール・クライミングジムに行った。環8沿いにあるこじんまりしたジムだ。

会員登録を済ませ、さっそく登ってみる。ここはテープの色でグレード分けしているのではなく、テープに数字が書き込まれていて、その数字が段級を示していて、同色・同数字のテープを手足限定でたどっていく。

 4級は登れるけれど、3級となると1撃できるものもあれば何便出してもできないものもあり。

 

 

■ベースキャンプ

2014.06.03()

 都庁にある運転免許センターに行って、国際運転免許証を取ってきた。有効期限が1年しかないうえに手数料が2,400円もかかる。おまけに証明写真800円も。高い。

 夜はベースキャンプへ。N野さんと交互に、手のひらが痛くなるまであれこれ登った。週末の疲れがまだ残っていて、さらに疲れた。

クライミングジム通い(4月)

■B-PUMP荻窪

2014.04.01()

 エイプリルフール。今日から消費税率が上がった。オギパンの利用料も1,575円から1,620円に。2週間ぶりに行くと、1階の奥の壁がホールド替えされていた。白色3級が結構手強いけれど、何とか登れた。馬場エナに比べるとグレーディングが易しめに感じるけれど、ちょっとカラめに設定したのかな?

最近はフェイスの岩場で登ってないから、せめてジムには通って力をつけないと。

 

 

■B-PUMP秋葉原

2014.04.03()

 今日は終日雨降り。週2回ジムに行くのは久しぶり。2階で白色3級をいくつか登ってから、階段吹き抜け裏のどっかぶり壁にある右カンテ水色2マーク課題を散々トライしたけれどゴール手前でフォール。強い人のムーブを見て、これか!と分かった時にはヨレヨレ。また来てトライしようかなあ。登っていたら、所属山岳会のI田くんに会った。彼もガンバっているようだ。

 

 

■B-PUMP秋葉原

2014.04.08()

 花祭り。お釈迦さまの誕生日。新暦だけれど。

 アキパンに着いたらN川がいた。旧友だけれど、最近はすっかりごぶさたしていた。宿直明けですでにたくさん登ったそうで、すぐに帰って行った。

先週登れなかった階段吹き抜け裏のどっかぶり壁にある右カンテ水色2マーク課題に今日もトライ。散々トライしたけれど前回からほとんど進展なし。白色3級課題でも成果なし。筋トレにはなったけれど。

 

 

B-PUMP荻窪

2014.04.10()

 2週続けてジムに週2回行った。毎日のように行っている人からすれば何でもないことだけれど。

今日行ったオギパンでは、1階奥の壁に水色2級のウィークリー課題が登れたのだが、ちょっと易しめかなあ。

 今週は月曜日と水曜日に近所をジョギングしたので、上半身も下半身も適度に運動できたかな。

 

 

B-PUMP秋葉原

2014.04.15()

今月3回目のアキパンでずっとトライしていた階段吹き抜け裏のどっかぶり壁にある右カンテ水色2マーク課題が登れた。この日の3便目のトライで。

ここのところちょっと筋トレをした成果があったのか、土管ホールドのマッチも耐えられ、左上カチ取りからゴールホールドをデッドで取れた。1便目ではマッチするところで歯を食いしばった際にゴリッと音がして、ほんの少し歯が欠けた。

登れていなかった白色3級課題も2つ登れて、今日の成果はまずまず。最後にキャンパスボードでキャンパをして終了。

 

 

B-PUMP荻窪

2014.04.21()

 雨の月曜日のせいか、お客が少なかった。2階奥のどっかぶり壁に新しい課題がいくつも追加されていた。白色3級は12撃で登れた。右端にある水色2級も3便ほどで登れたけれど、これはかなり甘めでは。奥の壁に懸垂バーやぶら下がりボールが復活していた。しかも数が増えている。最後に筋トレするのに重宝するので、ずっと残しておいてほしい。

 

 

■エナジー高田馬場

2014.04.23()

 先月、名張に行った前後で車谷長吉の「赤目四十八瀧心中未遂」を読んだのに続き、「塩壷の匙(新潮文庫)を読み終えた。

 さて、カモシカスポーツに行って、クライミングギアをいくつか買った。

それから馬場エナへ。今月7回目のジム。紺色3級課題を6本ほど登って疲れた。1撃できたのも1つあったけど、そのほかはけっこう便数を出さないと完登できなかった。パンプの3級よりはカラいけれど、2級はないといった感じ。

課題のムーブの印象として、オギパンやアキパンよりひと工夫している感じで、ちょっと考えさせられて面白いと思う。カモシカの買い物ついでにしか馬場エナには来ないけれど、また来るかな。

514yz4qczfl__ss500_


クライミングジム通い(2~3月)

■B-PUMP荻窪

2014.02.18(火)

 トルコツアーから日本に帰ってくると、東京はイスタンブールより寒かった。寒いと動くのが億劫になるけれど、身体が訛らないように今日はオギパンへ。行くと、2階奥のどっかぶり壁がホールド替えされていた。

 まだ替えられたばかりのようで、ほかの人も新しい課題にあれこれトライしていた。白色3級は一つを除いて登れたけれど、水色2級となると俄然難しくなってほとんどスタートからできないような課題ばかり。  それまであった懸垂棒が撤去されてしまっていたのは残念。棒があった時には、ひとしきり登った後に懸垂で筋トレしていたので。

■ベースキャンプ

2014.02.20(木)

 ひと月ぶりのベーキャン。N野さんが来るまで、ボルダリングをしていたら腕がヨレヨレ。ボルダー壁の中央にあるどっかぶり壁の茶色3級が2つ登れて、3つ目はもう少し。N野さんが来てからは交代でルートを登るも、すでにヨレてて何時も登れる5.11cでも落ちる始末。感覚を忘れないように入間クラックも登っておく。

 

■ベースキャンプ

2014.02.25(火)

 先の週末の城ヶ崎での疲れがまだ残っているのと寝不足気味で体調がよいとは言いにくいけれど、N野さん、Sのさんとルート壁を登った。2人が来るまでは、前回完登できなかったどっかぶり壁にある茶色3級課題を1つ登っておいた。イルマクラックも例によって練習しておく。

 この日の夕方、急きょ翌日に日帰りでアイスクライミングに出かける話になったので、翌日の準備のため閉店間際まで登っているわけにもいかず、いつもより1時間早く帰ることにした。

■ベースキャンプ

2014.03.02(日)

 3/1(土)、河又から帰宅してあと翌日の山行の荷物をまとめる。所属山岳会のYT川さんとアイスクライミングに行く予定なのだが、天気予報は土曜日以上に悪そうだ。計画は、西上州荒船山の艫岩(ともいわ)にある焦点の氷柱というマルチピッチのアイスだが、先の大雪の名残に加え、この天気では新たに降雪が積もり、さらに登攀中の降雪に見舞われるかもしれない。

 ダメもとで行ってみるかということで、日曜日早朝、埼玉県内のYT川さん宅へ車で行く。そこでYT川さんと相談した結果、天気の悪い中行っても無駄足になるかもしれないし、行けたとしても雪の積もった氷を登るのもワルいので、この場で中止とすることにした。中止にした代わりに、ベースキャンプに行くことにしていったん解散。

 車で帰ってきた私は寝不足なので少し寝てからベーキャンへ。ごく弱い雨が降る中、ジムに着いたのは11時頃。寝坊して来るのが遅れたYT川さんが車での1時間半ほどボルダリングをして過ごす。ジムには二子の常連Mぽりん、☆野さん達も来ていた。

 ボルダー課題では中央のどっかぶり壁にある緑色2級が登れた。これで2級はちょっとアマいかなという感じだけれど、これからルート壁を登るというのにボルダリングだけでヨレてきてしまった。

 YT川さんが来てからはルート壁を登った。登れたのは最高で5.11dまで。2人で交互に登っているとペースが早過ぎる。滞在時間が短い平日夜ならそれでちょうど良いけれど、午後の間ずっとこんなペースでは身体がもたない。K野さんが来てからはK野さんのビレイがレストにもなってちょうど良かった。ベーキャンに来た時は、クラックも練習することにしている。この日も何便か登ったのだが、YT川さんに言われて上まで登った後はそのままクライムダウンもしてみた。これがエラく疲れる。上腕がパンパンだ。上部のサムロックはフットジャムをきちんときめておかないと手指への負荷が大きくて未だに落ちてしまうことがあるのだが、中盤までのハンドジャムはずいぶんと慣れてきた。

 疲れるにつれてルートのグレードを下げながらYT川さんと19時まで登り続けて本当にヨレヨレになった。

○スポーツクラブへ

2014.03.04(火)

 久しぶりにスポーツクラブに行った。年に1~2度、思いついたように行くだけなので、スポーツクラブに行くだけでは運動不足の解消にも筋トレにもならないけれど。 クライミングジムで登っていると腕や肩、背中など上半身は鍛えられるけれど、その他が疎かになってしまう。こうしてマシンで筋トレしたり、スタジオプログラムに参加して汗をかくと全身運動になって良いから、もう少し頻繁に行きたいところだ。

 

■エナジー高田馬場

2014.03.06(木)

 昨年10月末以来の馬場エナ。カモシカスポーツに買い物に来たついでに行くくらいだ。カモシカは年度末のセール中で、月曜日にもクライミングシューズなどを買いに来たばかりだが、今日はカムを買った。でっかいカム。これでワイドクラックにもトライできる?

 一昨日スポーツクラブに行ってスタジオプログラムで頑張りすぎたせいか、元々痛めていた右肩の腱の痛みが再発。キネシオテープを貼ってエナジーへ。

 エナジーでは緑色4級をあれこれトライしたが、オギパンやアキパンの紺色4級に比べると格段の厳しい。肩を痛めているとはいえ、パンプの3級相当か、課題によってはさらに難しく感じる。それでも4級は何本も登れた。

 それから紺色3級をトライ。当然もっと難しいけれど、トライを重ねて何とか2本登れた。  久しぶりにYUかりさんに会ったので、ひとしきり話をする。最後にキャンパシングをして終了。ここのキャンパスボードの角度やバーの太さが私にはちょうど良いようで、片手ずつ交互のキャンパはもちろん、一段ずつだけれど両手同時のキャンパもできる。登ってからそのままキャンパしながらのクライムダウンもできる。筋トレにはなった。

■B-PUMP荻窪

2014.03.17(月)

 右肩を痛めていたり錫杖の準備をしたりと、先週はジムに行かず仕舞い。まだ錫杖の疲れが残っている身体を押してひと月ぶりにオギパンへ。

 やっぱり疲れているのか、クライミングの頻度が減ったせいなのか、紺色4級が登れるくらいで白色3級となると歯が立たない課題も。でも、ジムの課題で大きなムーブで身体をぐいぐい動かしておいて良かった。

■B-PUMP秋葉原

2014.03.26(水)

 1月半ば以来のアキパン。白色3級はだいたい2便以内で登れた。水色2級でムーブを考えさせられる課題があって、何人もトライしていた。私も10回近くトライしてようやく登れた。調子は良くもなく特に悪くもないという感じ。

クライミングジム通い(12~1月)

■ベースキャンプ

2013.12.10()

 中国・桂林ツアーから帰って、今日はジムへ。ボルダー壁の一部を取り壊して工事していた。ホールド替えだけでなく、壁の形そのものを変えるようだ。

 ルート壁をひとしきり登ってから、ここのところベーキャンにいくたびにトライしている唯一のクラックルート・入間クラック5.11aをやってみた。

 上部に行くほどクラックが狭くなってきて、最初ハンドジャムだったのが、私の手のサイズだとやがてシンハンドとなり、最後はサムロックとなるルートだ。

これまでシンハンドとなる壁の中頃までしか登れなかったのが、今日はシンハンドからサムロックもできてトップアウトできた。やった。

しかし腰が落ちてしまったりと、手指の力に頼った登り方をしているので、足をきちんと決めてもっと力を抜いてスムーズに登れるようにならないと。

それでも、まずはトップアウトできたということで進展があったのは嬉しい。

 

 

■ベースキャンプ

2013.12.24()

 クリスマスイヴは2週間ぶりのジム。先週は甲斐駒に行った疲れが殊のほか残ってジムをさぼってしまった。久しぶりにジムで登ってみるとあまりの登れなさに愕然とした。11月までは甲府幕岩のアラポテという目標もあったので筋トレなどもしていたけれど、それもごぶさたしているし。

 でも、城ヶ崎に行ったおかげもあるかもしれないけれど、前回やっとトップアウトできたクラックルートが今日はもっとずっと楽に登れるようになった。これはこれで良かった。

 

 

B-PUMP荻窪

2014.01.07()

 新年になりジムの登り初めは約2か月ぶりのオギパン。2階の奥に懸垂棒などが増設されていた。木材を壁に張り付けて短いながらクラックルートも作られていた。Mぽりんさんにも久しぶりに会った。

 思っていたよりは身体のキレは悪くなかった。ここのところ岩場では結構登っていたから、年末年始で体重が増えてしまったけれど腕力もちょっと付いたのかも。増えた体重はなかなか落とせないけれど、新年はもっと力を付けようっと。

 

 

B-PUMP荻窪

2014.01.09()

 今週2回目のジムもオギパン。2階奥のどっかぶり壁を中心に登り、最後にひとしきり懸垂をやって終了。どっかぶりに耐えられる体幹の筋力をつけないと。

 

 

B-PUMP荻窪

2014.01.14()

 寒い毎日が続くけれど、今年3回目のオギパン。2階奥のどっかぶりBIG-WEST壁にある水色2級の矢印マーク課題が登れた。続けてジムで登ってちょっと調子が上がったのかも。今日も最後に懸垂をやってヨレヨレ。

 

 

B-PUMP秋葉原

2014.01.16()

 アキパンに行くのは昨年10月以来、3か月半ぶり。さらにその前は5月だから、ごくたまにしか行っていない。

 こうして、たまに来ると課題が作り替えられているので、新鮮にたくさんトライできる。

 2階の階段吹き抜け脇のどっかぶり壁の左カンテを登る水色2級課題を結構トライしたけれど、ゴールホールド一つ手前のホールドがなかなかキャッチできず、結局完登ならず。

 とても混雑してるので、行くのを避け気味のアキパンだけれど、たまに行って登るのは良さそうだ。

 

 

○献血

2014.01.17()

 都庁での用件が済んだ後に献血ルームに行って成分献血をしてきた。献血は昨年7月以来。これまでの献血回数は40回超。都庁の議会棟にある献血ルームは改装されてきれいになっていた。寒い季節に血を抜くのはちょっと気が退けるけれど、献血が不足する季節でもあるそうなので、そのうちまた行こう。

 

 

■ベースキャンプ

2014.01.21()

 今年初めてのベーキャン。皆が来るまでボルダリングを撃ち過ぎて腕がヨレヨレ。いつも登れていたルートもテンションしまくり。それでも繰り返しクラックも登って、良い練習になった。

 

 

B-PUMP荻窪

2014.01.27()

 18時過ぎに行くと2階の壁のホールド替え作業の真っ最中だった。2階のほとんどが登れず、他の壁でずっと登って、新しい課題が解放されたのは20時過ぎ。できたてホヤホヤの課題を白色3級を中心にあれこれやってみる。いくつか登れたものの、すでに手指がヨレヨレ。最後に懸垂をしつこくやって終了。新しい課題をやるためにまた来ないと。

 

 

B-PUMP荻窪

2014.01.29()

 一昨日ホールド替えされた2階のNew-Age壁の課題を登りたくて、またオギパンへ。一昨日ヨレて登れなかった白色3級課題が登れたので、水色2級棒テープ課題をやってみた。最後のリップを取るのが遠かったけれど、何度もトライして完登できた。ほかの2級課題ももう少し頑張れば登れそうだったので、またの機会にトライしたい。でもジム通いは今後少しだけ中断。

 最後に懸垂をやって上腕もヨレヨレ。さらに懸垂棒にぶら下がって、両足を前に持ち上げるやって腹筋もヨレヨレだ。

 

 

○クライミングシューズ購入

2014.01.30()

 目白のカラファテに行って、クライミングシューズを買った。買ったのは、スカルパのニューモデル・インスティンクトVS

私はシューズに特別なこだわりはあまりないので、これまであれこれ履いてきたけれど、今はソリューション。あと、スカルパのレースアップのインスティンクトも履いている。ソリューションは2足持っているのだが、1足はもうずいぶんヨレているので、またそのうちソリューションを買い足すこともあるかも。

いずれにしても、これまで結構キツキツに履いてきたので、最近は買い足すごとに少しずつサイズを大きいものにしている。

20130918_266033


クライミングジム通い(11月)

B-PUMP荻窪

2013.11.6()

 2階の床が一段高いところの壁の塗装工事をしていた。オギパンは、壁を迷彩柄に塗り替えつつあるようだ。

 さて、こつこつとジムに通っているものの、前にも書いた左腕の痺れなどもあってか、ここのところいまいち調子が上がらない。白色3級ができたりできなかったりで、トライのメインが紺色4級という始末。以前にはトライしていた水色2級には触りもしなかった。

 それでも最後には懸垂などをひとしきりやって、腕力トレーニングはしておいた。

 

 

○鍼灸院

2013.11.8()

 左腕の痺れが治まる気配がないので、初めて鍼灸院へ行ってみた。

 ジムでボルダリングしていてマットに落ちた際に首を痛め、何度か行ったカイロプラクティックで矯正してもらったのは9月のこと。首の骨のズレそのものは治ったのだが、その直後から左肩周辺が痛みだした。その肩の痛みが治まったと思ったら、左腕が上腕から指先にかけてわずかに痺れるようになってしまった。力も入りにくくなり、ウエイトを上に持ち上げる際に著しく力が入らなくなってしまった。カイロで首を矯正した際に、神経を痛めてしまっているようだ。

 今日行った鍼灸院は、数年前に右肩の腱板を痛めた際に電気治療で通ったところだ。今回初めて鍼(はり)治療を経験した。

治療台の上にうつぶせになり、身体にチクチクと鍼を刺される。指先、首、腕とたくさんの鍼を刺されたはずだが、うつぶせになっているので見ることはできない。続いて、その鍼に電極をつなぎ、20分ほどビリビリと電気を流す。

本日の治療はとりあえずここまで。一度行っただけでは完全に痺れがなくなりはしなかった。ウエイトを持ち上げるのは、前日はまるで上がらなかったのが、治療後はほんの少しだけ持ち上げられたけれど、右腕と比べるとまるでダメだ。あまり間を開けずにまた行くことにするか。お金がかかるけれど。

 

 

○鍼灸院(2回目)& スポーツクラブ

2013.11.12()

 先週初めて体験した鍼治療にこの日も行った。治療台の上にうつぶせになって、指先や首筋、左腕に鍼が刺される。さらに、力が入らない上腕三頭筋に電極パッドを当てて、20分ほどビリビリと電気を流す。この左腕の痺れについてネットで調べてみた限りでは、橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)というものなのかも。うーむ、鍼を打っているだけで完治するのだろうか。

 鍼灸院のあと、スポーツクラブに行ってみた。年に一度行くかどうかの頻度で、思い出したように行く近くのスポーツクラブ。上腕三頭筋を使うマシントレをやってみたけれど、やっぱり左腕は右腕に比べてまるで力が入らない。それでも有酸素運動をやってみたりして、ひとしきり汗をかいたのは良かった。

 

 

B-PUMP荻窪

2013.11.13()

 鍼灸院での左腕の鍼治療の効果があるのかどうか、いまいちよく分からないまま、ジムには行く。調子は先週行った時と変わらない感じ。まあ、身体を動かせたのは良かった。

 

 

○「初版 金枝篇 上」 JG・フレイザー著/吉川信訳 (ちくま学芸文庫)

 金枝篇という本の上巻を読み終えた。裏表紙の解説にあるが、「人類学の基本的な概念に関する世界中のじれいが満載されている」。上巻を読み通すだけでも結構大変だ。そのうち下巻も読んでみようかな。

 

 

○スタッドレスタイヤに履き替える

2013.11.18()

 週末の甲府幕岩では凍結した路面に備えて、すでにスタッドレスタイヤに履き替えたT沢さんの車で岩場に向かったのだが、私の車も冬支度することにした。

 近くのイエローハットに行って、夏タイヤから冬タイヤに替えてもらった。

昨年の甲府幕岩に向かう林道では、スタッドレスタイヤにも関らず凍結した路面にハンドルを取られ、側溝にハマるという事故を起こしたので、スタッドレスに履き替えたとはいっても凍った路面には注意しないと。

 

 

■ベースキャンプ

2013.11.19()

 3週間ぶりのベーキャンでルート壁を登るはずだったのだが、一緒に登るはずだった面々が電車の人身事故や仕事の残業のため誰も来られず。

 仕方ないので一人でボルダリングをした。緑色2級課題は2つほどトライして、ゴールまで1手や2手まで迫ったものの登れなかったけれど、茶色3級はいくつか登れた。

 左腕の痺れ(というか軽度の麻痺)は治ったとは言えない状態だけれど、まずまず登れたのは良かったかな。粉チョークと液体チョークを買って帰る。

 

 

■ベースキャンプ

2013.11.26()

 先週は一人でボルダリングしたベーキャンへ。

今日はバイクでジムに来るつもりだったと言うN野さんのバイクのバッテリーがアガってしまったとのことで、電車を使って来たのが21時前。私はそれまでずっとボルダリングしていたので、ルート壁を登るころには腕がヨレヨレになってしまっていた。

 ルートをいくつか登ったあとに、クラックをやってみた。ハンドサイズならずいぶん慣れてきたけれど、フットジャムが効かせづらくなってくると、とたんに動きが悪くなる。クラックのムーブもそうだけど、シューズにも原因があるのかな。

クライミングジム通い(10月)

■ベースキャンプ

2013.10.8()

 左肩周辺の痛みは治りきらないけれど、久しぶりにベースキャンプへ。

 皆が来るまでひとしきりボルダリングをやる。

 その後は、あれこれとルート壁を登った。頑張りすぎたせいかどうか、左肩と同じころに痛めていた右手の人差し指をさらに痛めてしまった。けっこうズキズキする。

 肩も指も痛むとは、寄る年波には勝てないのかな。それでも、ルート壁をいくつも登って、よいトレーニングにはなった。

 

 

■ベースキャンプ

2013.10.21()

 岩手~青森~秋田の岩場と沢を巡る東北ツアーから前日深夜に帰った週明けの月曜日はとにかく眠くて仕方なかった。

 それでも、疲れた体を押してベーキャンへ。

 前回登れなかった5.11dが登れたまでは良かったけれど、珍しくクラックもやったら、てき面に指がヨレてしまい、最後は5.10dのカチ系ルートでもテンションしまくる始末。

 でもまあ、良い運動になった。明日朝はぎりぎりまで寝て、少しでも寝不足を解消しないと。

 

 

○「日本山岳史」(雑誌「時空旅人」vol.14)

 しばらく前にジュンク堂で見かけたときに買った。登山関係の特集ということで、ようやく読み終えた。

Photo

 

○その他の登山・クライミング関係の雑誌

 登山・クライミングで、私がほかに購読している雑誌は以下のとおり

・「岳人」東京新聞

 職場まで配達してくれる本屋さんがいるので、2006年頃から毎月こつこつと読んでいる。

Photo_2

・「Rock & Snow」山と渓谷社

 季刊。誌面作りについてはいろいろ注文をつけたいところだけど、日本のクライミング誌というとこれくらしかないので購読している。

Rocksnow

・「Climbing JOY」山と渓谷社

 年2回発行。創刊されたのは5年前。クライミング入門者、特にジムにしか行かない人を対象にしているみたい。

半年ごとにしか発行されないので、毎号新規の読者を対象にしているのか、内容はいつもほぼ同じ。ムーブ、シューズ選び、外岩に行こう。

ほとんど読みたい記事はないのだが、創刊号から持っているので、だらだらと買い続けている。

Joy

 

BPUMP荻窪

2013.10.24()

 台風が近づいてきていて、今度の週末の天気がどうなるか分からない。つまり岩場に行けないかもしれないので、間を開けないようにここでジムに行っておきたいところ。ということで、ひと月ぶりにオギパンへ。

 ひと月前にトライしていて、フォールした際に首を痛めた2階迷彩柄前傾壁にある橙色1級課題に久しぶりにトライするも、以前はゴールまで迫っていたものが、この日は序盤のムーブさえこなせず。

 取り立てて調子が悪いはずはないのだが、前よりも登れなくなっている。仕方なく白色3級課題をあれこれ触ってみる。しかし、これだって登れないものがいくつもある始末。

 せめて、腕の筋肉は多少酷使しておこうと思い、最後に懸垂などを繰り返して終了。

 

 帰路のイトーヨーカドーで、半額になった豚タンに安いベルギービールも買って、空腹を癒す。

 

 

■エナジー高田馬場

2013.10.29()

 7月中旬以来の馬場エナ。

首筋や左肩周辺を痛めていたことは、しばらく前にも書いた。

最近はそれらの痛みは治まってきたものの、常時、左腕がしびれている感じがする。力も右腕に比べると入りにくい。

先月、カイロで首を矯正したのは良かったけれど、その影響が一連の左腕の異常の原因なのだろうか。放っておいて自然に治るものではないのかもしれない。どこか神経を圧迫しているのかも。う~む、またカイロに行ってみるか。もっとヒドくなったらどうしよう。

さて、馬場エナ。そんな調子だからか、グレーディングがパンぷよりカラめなのか、緑色4級がいくつも登れはしたものの、紺色3級となるとトライした課題はどれも完登できなかった。

 

 

○「旅をする木」星野道夫著(文春文庫)

 星野道夫の本を初めて読んだ。アラスカに住み、1996年にカムチャツカで逝った人物。

大自然やそこに暮らす人々のことを語るその言葉から、アラスカの情景が読んでいる者の目に浮かんでくるようだ。

Photo_3

 

■ベースキャンプ

2013.10.31()

 10日ぶりのベーキャンでYT川さんと登った。

決して調子が良いワケではないのに、5.11dのルートがオンサイトできたのは上出来だ。

YT川さんにアイスクライミングの話などをいろいろ聞けたのも勉強になった。

先日行った瑞牆では、結果エイドしまくりのクライミングになってしまい、本来フリーで完登すべきところを、アブミ持参のエイド前提ではないにしても、実質的に人工登攀となってしまったことは、YT川さんの話を聞いて反省。ワイドクラックを登れる力もつけて、瑞牆のルートももっと登れるようにならないとなあと思った今日この頃。

というワケでもないけれど、最後にクラックを登る練習。いまだにぎこちない登り方だけれど、先週登った時よりはよりスムーズに登れるようになってきたと思う。ベーキャンに来た時はこつこつとクラックにも触ろうっと。

クライミングジム通い(9月後半~10/6)

B-PUMP荻窪

2013.9.18()

 月曜日に台風18号が通過してから、秋の空気に入れ替わった感じだ。

で、今日はオギパンへ。登れない白色3級課題もあったけれど、1階と2階でそれぞれ1つ水色2級課題が登れた。

 2級が2つ登れたこともあり、珍しく橙色1級課題にトライしてみた。壁が迷彩柄に塗り替えられた2階の前傾壁にある課題だ。壁の中程までしか進めなかったけれど、そこまででも悪いピンチがあるので、指がヨレていなければもう少しイケそう。

 しばらくホールド替えはされないだろうけれど、この課題を落とすためにまた来よう。

 

 

○パソコン購入

2013.9.24()

 パソコンを買い替えた。これまでデスクトップ型を使っていたけれど、今回はノート型。

 Windows8、なかなか使い慣れない。

 でも新品のパソコンは良いものだ。

 

 

B-PUMP荻窪

2013.9.25()

 オギパン2階の迷彩柄の前掲壁にある橙色1級課題があるのだが、先週トライして登れなかったので、今日はこの課題をやるために行った。

 この課題のためにソリューションを持って行った。左足で掻き込み気味に乗るフットホールドがあるのだが、いつものシューズよりずっと乗り込みやすい。そのおかげか、2手伸ばすことができた。

 1時間ほどの間に5分間隔くらいで何度もトライしたのだけれど、終了点1つ手前のホールドがキャッチできず。

 あとは、どっかぶり壁で、先週登れなかった課題を2つほど登る。やはりシューズのおかげかな。

 最後に懸垂をひとしきりやって終了。

 

 この1級課題をトライしている最中、上のほうまで登ったところでフォール。マットの上にお尻からどすんと落ちた。この時にムチウチのように首を痛めてしまった。こうやって首を痛めるのはこれで何度目だろう。

 帰宅してベッドに横になる際、首が痛くて寝返りを打つのもツラい。ひと月ほど前にもやはり首を痛めて、カイロプラクティックで矯正してもらったばかりなのだが、また行かねば。

 

 

○カイロプラクティック

2013.9.27()

 一昨日ジムで痛めた首を矯正してもらうため、2日間痛みに耐えて、カイロへ。

 職場近くのこのカイロに初めて行ったのは昨年暮れ。それ以来、何度も首を痛め、今回で5回目だろうか。

グリンと回すとズレた首の骨がパキパキと音を立てて矯正されていく。

 施術をしてもらったあと、毎度ウソのようにすっきりと首の鈍痛が退いている。

 

 

BPUMP秋葉原

2013.10.2()

 先日首を痛めて、カイロで頸椎のズレを矯正してもらったのは良かったのだが、左首筋から背中にかけて筋肉が痛むようになってしまった。先の週末はその痛みをごまかしながら有笠山でクライミングしたのだが、週明けから今度は左肩がヒドく痛むようになってしまった。

 左肩から腋の下、上腕にかけて筋肉に痛みがあり、ボルタレンの湿布を貼ってみてもあまり改善せず。

 そんな状態なのに、せめて週イチはジムに行かねばということで久しぶりにアキパンへ。

 やはり左肩が痛むので、さらに痛めるのではと、思い切ったムーブが怖い。紺色4級から白色3級の課題を2時間くらい登った程度で、今日は早々に引き上げる。この痛み、早く治まってほしいもの。歳を重ねてきて、だんだんと身体にガタが目立つようになってきたのかも…。

 

 

■群馬県前橋市「ウォールストリート」 訪問2回目

2013.10.6()

 岩が結露してしまっていて登るのを諦めた有笠山のヘルケイブから下山して、T沢さん達と解散した私は、日曜日の午後の時間を使って、前橋市にあるクライミングジム・ウォールストリートでボルダリングすることにした。

 このジムには、先月の台風18号に見舞われた際に初めて訪れており、会員証を持っているのだ。

 その時は、赤色34級課題を中心に登った。どっかぶりの茶壁と隣りのつらいち壁を中心に、赤色課題をほとんど登っていた。

 今回は、痛む左肩を押して黄色23級をやってみることにした。

トライを重ねて、茶壁にある5番課題が登れた。前半はルーフなのだが、トウフックすれば遠いホールドも取りにいける。

続いて、やはり茶壁にある6番課題をトライする。5番課題と交差するようにルーフ部分をこなし、右側の壁にステミングもしながらルーフから抜け出るところまでできるのだが、その先の垂壁はヨレてできず仕舞い。

 つらいち壁の3番課題もトライするも、終了点に手を伸ばしかけるところまで迫るものの完登には至らず。

 ジムに備え付けの漫画を読みながら18時頃まで登り、東京へ帰る。

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ